HOME » 一番かんたん!マンガでわかる保険のこと » 個人年金 » 10年確定年金とは?メリットデメリット。ニッセイが人気?FPが分析!
※この記事は約4分で読めます。

10年確定年金とは?メリットデメリット。ニッセイが人気?
10年確定年金とは?メリットデメリット。ニッセイが人気?

10年確定年金とは?わかりやすく解説します。

個人年金保険の一種である10年確定年金
国の社会保障制度が不安視されるなる中、個人年金保険への需要は高まっています。個人年金保険とは、一定の期間保険料を支払い、将来保険金を年金形式で受け取る保険です。その中にもいくつかの種類があり、一生涯年金を受け取ることができる「終身年金」、契約時に決めた5年、10年といった一定期間年金を受け取ることができる「確定年金」、また受け取る年金が運用成果によって変動する「変額年金」などがあります。

終身型は一生涯保証が継続されるという安心感はありますが、その分保険料は割高になりますし、長生きしなければ損してしまうこともあります。また、変額年金は運用成果がよければ高い年金を受け取ることができてお得ですが、もしも運用がうまくいかなければ支給される年金は少なくなります。

この中でもっとも加入しやすく人気なのが「確定年金」です。その中でも、年金を受け取る期間が10年に設定されているのが「10年確定年金」です。10年確定年金にはどのような特徴があるのでしょうか。

人気があるのはニッセイのみらいのカタチなどでしょうか
rakutenpinpoint

10年確定年金はどういう人向き?メリットとデメリットを比較してみましょう。


10年確定年金のメリット

①確実に将来資金を準備することができる
確定年金の一番のメリットは、確実に年金を受け取ることができるということです。確定年金に加入する他にも、将来のための資金を準備する手段はいくつかあります。例えば自分で銀行で預金する方法があります。しかし自分で貯蓄するのは、実はなかなか難しいものです。毎月決めた金額を貯蓄しようと考えても、結婚し、子供が生まれ、子供が学校に入学し、自動車やマイホームを購入し、とライフイベントが重なっていくと、なかなか当初の予定通りには貯蓄を進めることができません。しかしその点、個人年金保険に加入していれば毎月自動的にお金が保険料として徴収されるため、計画的に貯蓄することができます。

また貯蓄の他には、自分で株や外国為替、投資信託などの金融商品に投資してお金を増やすことも考えられます。この方法ならば、うまくいけば貯蓄や保険への加入よりもずっと有利に将来資金を準備することができるかもしれません。実際、近年ではNISA(少額投資非課税制度)がはじまったり、企業年金に確定拠出年金が導入されたりと、これまで投資に縁のなかった人にも投資を行う機会が増えています。

しかし実際に投資でお金を増やすには、かなりの勉強や経験の蓄積、日常的な情報収集が必要です。それができずに安易に手を出して損してしまう人も少なくありません。そのような時間も手間もかけられないならば、確定年金によるお金の貯蓄がおすすめです。

②将来設計がしやすい
確定年金には、将来設計がしやすいというメリットもあります。確定年金は加入時から将来の年金の受給額や受給期間が分かっているため、将来設計が非常にやりやすいのです。

具体例で考えてみましょう。Aさんは30歳の男性で、60歳まで保険料を支払い、60歳から70歳まで年金を受けとる確定年金に加入したいと考えています。個人年金に加入するときには

《将来の必要な金額ー公的年金の受給額=個人年金の受給額》

という計算式を使います。現在公的年金の受給額は、自営業などの人が国民年金だけで月5万円前後、会社員の人は厚生年金と国民年金を合わせて20万円程度が平均となっています。しかし今後は徐々に減っていく可能性がありますので、Aさんの場合はトータルで15万円と考えてみましょう。

Aさんの奥さんも国民年金を受給できるため、二人で毎月20万円受給できると考えます。Aさんは退職後は70歳まで奥さんとあちこち旅行に行きたいと考えています。生活費だけならば公的年金で足りますが、旅行するための資金として確定年金を利用したいのです。生活費と旅行のための資金として毎月必要となるのを26万円とすると「必要な金額26万円ー公的年金20万円=個人年金6万円」となり、確定年金で準備するのは6万円となります。

ある保険会社の10年確定年金では、毎月2万円の保険料を30歳から60歳まで支払うと、60歳から10年間、毎年約78万円の年金を受給することができます。1ヶ月当たりに換算すると毎月約6万5000円受けとることができる計算です。これならば充分にAさんのプランに合った契約ができます。

kakutei

③自分で貯蓄するよりも有利?
Aさんのケースでは、払い込む保険料は
2万円×12ヶ月×30年間=720万円
となりますが、受けとることの出来る年金の総額は
78万円×10年=780万円
となります。戻り率を計算すると
780万円÷720万円×100=108.3
つまり支払った保険料の総額よりも8%も多くのお金を受け取ることができるということです。例えば金利が0.2%の銀行に預金した場合は、720万円を10年間預金しても約734万円程度と、2%しか増えません。自分で貯蓄するよりも、10年確定年金を利用した方がずっとお得になるのです。

こういう点に注意!10年確定年金はプラスだけじゃない


年金不安の現代、確実な備えはできていますか?
個人年金アンケート回答と無料相談で高級ギフトが貰えます★


無料保険相談サービス最大手、保険のビュッフェのアンケートキャンペーンの案内ページはこちら

知ってるようで知らない個人年金の事、アンケートに回答すると見えてくるかも?

10年確定年金のデメリット、知っておきたいポイント

①インフレリスクがある
いいことづくめのような10年確定年金ですが、デメリットもあります。それが「インフレリスク」と「倒産リスク」です。インフレリスクとは、物価が上昇するリスクのことです。例えば10年間で物価が2倍になれば、10年前に100万円で買えた車が200万円払わないと買えなくなります。つまりお金の価値が半分になってしまったということです。これは極端な例ですが、インフレ率が高くなると確定年金予定利率が下がってしまう可能性があります。

しかし今の日本はデフレからやっと抜け出すかどうかと言われているところですので、大きな物価の上昇の心配はあまり必要ないでしょう。経済成長の著しい新興国とちがって日本は成熟国ですので、今後も大きな物価上昇は起こらないと言われています。

②保険会社の倒産リスク
保険会社の倒産リスクはどの保険にもあり得ることです。銀行預金ならば1000万円までは利用者の資産が保護されていますが、保険会社ではそのような保護はありません。しかし、もしも保険会社が倒産した場合「責任準備金の90%」が補償されることになっています。責任準備金=保険金・年金ではありませんが、責任準備金はだいたい解約返戻金と同じくらいの額と言われています。

大きな保険会社が倒産する可能性は限りなく低いですし、契約の内容が不利になることはあっても、支払った保険料がすべて無駄になってしまうことはありません。倒産リスクを避けようとするとそもそも保険に加入することすらできなくなってしまいますので、この点もあまり心配する必要はありません。

では、10年確定年金はどうやって使う?プランと目的に注目

・安定的にお金を貯めたい
個人年金の中でも確定年金は、安定的にお金を貯めるのに向いている保険です。ローリスク・ローリターンですので、お金をどんどん増やしたいとか積極的に投資していくタイプの人には向いていません。10年確定年金は積極的な資産運用は不安だ、お金が大きく増えなくても老後資金がしっかり準備できればいい、という人におすすめです。

・計画的にお金を使いたい
貯蓄型の保険の中には、年金形式ではなく一時金形式でお金を受けとることが出来るものもあります。しかし一時金の形で受けとると一度に数百万円を受けとることになるため、自分で計画的に管理しなければなりません。それが難しい人にとっては、確定年金のように決まった期間決まった金額が振り込まれる保険は、計画的にお金を使うことができるとてもいい方法です。

・老後の趣味やレジャーのためのお金を貯めたい
10年確定年金は、年金を受給できる期間が10年しかありません。そのため公的年金では足りない生活費をカバーする目的で加入すると、10年の受給期間が過ぎた後が苦しくなってしまいます。10年確定年金のもっともいい使い方は、老後の趣味やレジャーのためのお金の準備として加入することです。他の貯蓄や公的年金で最低限の生活費はしっかり準備した上で、確定年金に加入すると余裕のある生活が可能になります。

最後に。
10年確定年金のまとめ


今回は10年確定年金とはどのようなものか、どのような特徴があるのか、解説してきましたが、いかがだったでしょうか。誰にとってもお得な保険というものは存在しません。日頃から自分のライフプランを考えて、必要な保障や将来資金の準備ことをよく意識しておくことで、自分にもっともあった保険を見つけることができるようになります。10年確定年金は人によっては非常にいい保険となり得ますので、まずは加入したときのプランをよく考えてみましょう。

このページでわからない点があれば教えて下さい、保険牧場のFPが確認後回答致します。
1. ハンドルネームを入力してください。
2. メールアドレスを入力してください。
3. お住まいのエリアを選択してください。
4. このページ内容でわからない点、
質問などを入力して下さい。

相談方法を選択

来店型 (ショッピングモールや駅近くに店舗を構えているところが多いです。)

お住まいの都道府県を選択


相談したい保険の種類


条件を入力して検索ボタンを押して下さい。

PR


ファイナンシャルプランナーの記事をライター別に見る

あわせて読みたい人気記事
保険のビュッフェの無料相談が口コミで人気?FPが分析!

保険のビュッフェの無料相談が口コミで人気?FPが分析!

医療保険や生命保険、がん保険、学資保険、個人年金などなどあらゆるジャンルの保険の相談ができる保険のビュッフェが...

第一生命の個人年金保険の内容と他社との貯蓄率比較について

第一生命の個人年金保険の内容と他社との貯蓄率比較について

第一生命の個人年金保険の内容と他社との貯蓄率比較について 第一生命の個人年金を含め、複数の保険会社から一番お得な保険...
81,020 views

第一生命保険の評判をFPが分析!ブライトWay、メディカルエール、しあわせ物語、どれが人気?

第一生命保険の評判をFPが分析!ブライトWay、メディカルエール、しあわせ物語、どれが人気?

第一生命の保険商品に詳しく、第一生命と他者を緻密に比較するなら保険マンモスがオススメ。 保険マンモス相談予約...
49,342 views

チューリッヒのがん保険、終身ガン治療保険プレミアムの評判

チューリッヒのがん保険、終身ガン治療保険プレミアムの評判

チューリッヒのがん保険、終身ガン治療保険プレミアムの評判 がん保険の中でも人気なのがチューリッヒの「終身ガン治療保険プレミア...
19,597 views

順風ライフの特約内容や解約返戻金をFPが解説!口コミでは人気?

順風ライフの特約内容や解約返戻金をFPが解説!口コミでは人気?

順風ライフの特約内容や解約返戻金をFPが解説!口コミでは人気? 第一生命保険株式会社の「順風ライフ」。発売当初に、ゴルフプレイヤーの石川遼選...
8,216 views

第一生命は解約時にしつこい?タイミングや相談窓口など紹介

第一生命は解約時にしつこい?タイミングや相談窓口など紹介

第一生命は解約時にしつこい?タイミングや相談窓口など紹介 1902年に日本初めての相互保険会社として創立した第一生命。2010年4月に株式会...
7,941 views

太陽生命が取り扱う保険商品、どんなものが人気?口コミと評判

太陽生命が取り扱う保険商品、どんなものが人気?口コミと評判

太陽生命が取り扱う保険商品、どんなものが人気?口コミと評判 今回は太陽生命の商品について紹介していきます。どんな商品が皆さん...
7,935 views

第一生命学資保険をシミュレーション、評判のポイント、メリットデメリット

第一生命学資保険をシミュレーション、評判のポイント、メリットデメリット

第一生命学資保険をシミュレーション、評判のポイント、メリットデメリット なぜ、学資保険が必要? 最初に、学資保険がなぜ...
7,189 views

第一生命終身保険の解約返戻金、解約タイミングなどをFPが解説

第一生命終身保険の解約返戻金、解約タイミングなどをFPが解説

第一生命終身保険の解約返戻金、解約タイミングなどをFPが解説 国内大手の第一生命が手掛ける終身保険について。第一生命の終身保険は、4つの商品...
5,800 views

第一フロンティア生命のプレミアレシーブは円建?豪ドル?評判や口コミをFPが分析!

第一フロンティア生命のプレミアレシーブは円建?豪ドル?評判や口コミをFPが分析!

第一フロンティア生命のプレミアレシーブは円建?豪ドル?評判や口コミをFPが分析! 資産運用をしたいけど、株や投資信託は不安、でも馴染みのある...
5,636 views

東京海上あんしん生命のがん保険、がん治療支援NEOとがん診断保険R

東京海上あんしん生命のがん保険、がん治療支援NEOとがん診断保険R

東京海上あんしん生命のがん保険、がん治療支援NEOとがん診断保険R 東京海上日動あんしん生命には2つのがん保険があります。がん治療支援NEO...
3,264 views


人気記事 人気記事
新着記事 新着記事



相談方法を選択


来店型 (ショッピングモールや駅近くに店舗を構えているところが多いです。)

お住まいの都道府県を選択


相談したい保険の種類


条件を入力して検索ボタンを押して下さい。


あなたにピッタリの保険相談窓口を探そう!