HOME » その他保険について » 保険会社の保険商品 » 保険用語and知識 » 痴漢冤罪保険への加入が急増、実際に保険を使う際にはどんな流れになる?FPが解説
※この記事は約7分で読めます。

痴漢冤罪保険への加入が急増、実際に保険を使う際にはどんな流れになる?FPが解説

 

痴漢冤罪保険への加入が急増、実際に保険を使う際にはどんな流れになる?FPが解説
「痴漢冤罪」という言葉が注目されています。以前、このテーマを取り上げた映画が公開され注目されましたが、最近は実際の出来事として報じられることが多くなりました。まず決して誤解してはいけないのは、電車など公共機関で行われる「痴漢」は悪質な犯罪です。満員電車の避けようがない状況での犯罪は決して許されるものではありません。ただ、当事者と目撃者に頼らざるを得ない状況、満員電車内(が多い)という立証の難しさから、どうしても被害を受けた女性の主張に基づいて駅員、警備員、そして警察による取り調べが行われます。そして、結果「冤罪」の人が疑われてしまう、そんな状況が多発しています。

■痴漢冤罪は「痴漢です」といわれた時点で有罪?
ところが加害者として取り調べを受ける人にとっては、真偽が明らかになる前に「捜査のために拘束されて会社に(操作を受けていることが)伝わる」状況や、「操作が長期化することを防ぐために和解を目指す」こと。また、インターネットによる写真や氏名の流出による社会的制裁により、大きな損害を受けるという歪んだ状況が発生してしまいます。本来、犯罪は「無罪推定原則」として裁判所による有罪宣告がなければ罪に問われないものですが、現行犯として疑われたとき、もしくは「痴漢です」と問われた段階で社会的制裁を受け、のちに無実が証明されるという、いわゆる「冤罪(えんざい)被害」として対策が急がれています。

繰り返しになりますが前提として、もちろん痴漢犯罪は悪質です。ただ、そのような状況から2017年に入り、痴漢を疑われた男性が逃亡する事案が次々と発生しています。2017年5月には、上野駅で痴漢を疑われた40代の男性が逃亡し、駅近くのビルから落下して死亡するという痛ましい事件も発生しました。これは、痴漢の容疑者となってしまうことで社会生活を継続できないリスクが報じられ、悲観してしまったことが理由でしょう。

■痴漢冤罪を仕立て上げる集団も
また、決してあってはならないことですが、集団で冤罪を「つくり」、和解を狙う悪質な集団もいます。被害者役の女性と目撃者役の男性複数名が犯罪グループを組むケースが多いようです。満員電車のなかで女性が痴漢被害を訴え、目撃者役の男性が「痴漢があった」と証言することによって、加害者を陥れます。駅員や警察は目撃証言がある以上、加害者を一定時間勾留して取り調べをしなければならないため、加害者とされる人には社会的制裁が与えられます。ここで裁判ではなく「和解」に持ち込むことで、和解金を不正に入手しようと考えるやり方です。これらは加害者だけではなく、実際に被害にあう人たちにも「冤罪じゃないの?」という目を向けさせてしまい、撲滅が急がれています。このような犯罪が発生してしまうことに、世の中の世知辛さを感じます。

このような状況を受け、民間企業が販売する「痴漢冤罪保険」が注目され、加入が急増しています。痴漢冤罪保険とはどのような保障内容なのでしょうか。また、実際に保険を使う際には、どのような流れになるのでしょうか。

1.痴漢冤罪保険とは?

痴漢冤罪保険は、正式名称を「痴漢冤罪ヘルプコール付き弁護士費用保険賠償責任保険」といい、ジャパン少額保険株式会社より販売されています。


同社は既存の損害保険会社としては取り掛かれないものの、社会的なニーズが叫ばれている市場に保険商品を提供する会社です。保険は大きく分けて生命保険と損害保険がありますが、この保険にはどちらにも属さない少額短期保険(ミニ保険)に該当します。

実際に痴漢冤罪被害が疑われると、当事者に発言権はほとんどありません。その時に加害者の主張を伝えるのは弁護士の役割となります。とはいっても満員電車に乗る会社員がすべて弁護士の知り合いがいるわけではないため、万が一のときに迅速に弁護士を呼ぶことが冤罪疑いを払う方法になります。この保険に加入していると、いざというときにスマートフォンのボタンを押すとヘルプコールが機能し、提携している弁護士にメールが一斉送信。対応可能な弁護士から返信が入り、指示を仰ぐことができるという仕組みです。インターネットを見ると、「事務所には絶対に行くな」「逃げた方が勝ちだ」というアドバイスが書かれていることもあり、実際には多くの方がどうしたらいいか迷っています。当人たちは興奮状態であることも含め、客観的に物事を見られる立場の人間はとても貴重です。

よく誤解をされているのは、弁護士が現場に急行してくれることが約束された保険ではありません。ただ、当事者が「自分はやっていない!」と感情的に応酬したり、駅の事務所に移動することを拒んだり(インターネットでは、事務所に行くとすぐに逮捕されるという体験談がいまだ散見されます)、ましてや逃亡するといった方法では決して解決に向かいません。合法的に対応するには、豊富な実績と弁護士という公的な免許を有した第三者の専門家による対応が合理的です。そのニーズをくみ取った保険といえるでしょう。

また、痴漢冤罪に限定した保険ではありません。弁護士に相談できる保険のなかで、痴漢冤罪に対するヘルプコールが付加された保険といえるでしょう。なお、ヘルプコールの利用は補償期間中「1回のみ」、かつ土日・年末年始を除く7時から10時、17時から24時です。

事件発生後48時間以内に発生した弁護士の相談料、交通費を含む接見費用は保険会社が負担。被疑者段階の弁護活動にかかる着手金は相談者負担となります。

PR

自分で保険選びをしてみると知らない事だらけ?
保険アンケート回答と無料相談で高級ギフトが貰えます★


無料保険相談サービス最大手、保険のビュッフェのアンケートキャンペーンの案内ページはこちら

知ってるようで知らない保険の事、アンケートに回答すると見えてくるかも?

2.痴漢冤罪保険の補償内容

ヘルプコールが付加されているとはいえ、本来は個人賠償保険です。


あまりに痴漢冤罪のニュースが多く、かつ「満員電車に乗らない」という現実性に欠けるアドバイスが目立つため、ヘルプコール付きとして改めて販売された、という背景があります。痴漢冤罪保険は、加入者自身が加害者になった場合も対象。一方で加入者が被害者になった場合も対象となります。

2-1.加入者が被害者になった場合
一方で加入者が被害者になった場合、加害者に対して損害賠償請求権が生じます。この損害賠償請求権を弁護士に委任することによって、適切や手続きで請求をすることができます。また、弁護士に依頼した時の依頼費用も保険金も補償内容に含まれます。また、弁護士に対して事件発生以後に法律相談を行い、発生した費用についても、法律相談費用保険金として補償の対象となります。

2-2.加入者が加害者となった場合
加入者が加害者となった場合には、個人賠償責任保険金の適用範囲となります。これは痴漢冤罪ではなく、総合的な補償が設定されています。

2-3.補償内容と保険料のまとめ
補償内容と保険料はとてもシンプルです。

<補償内容と保険料>
補償内容
弁護士費用等保険金 最大300万円
法律相談費用保険金 最高10万円
個人賠償責任保険金 最高1000万円

<保険料(保険期間は1年)>
補償内容
保険料(月額) 590円
保険料(年額) 6400円

契約の更新は、更新時2カ月前に更新のメールが届きます。更新意思を表明し、所定の手続きを行うことで補償内容を継続することができます。補償期間中に保険内容(被保険者の設定など)を変更することはできませんが、更新時に調整することができます。

<支払い方法(インターネット申込限定商品)>
月額 年額
クレジットカード
コンビニ払い ×
>銀行振込 ×

支払ではなく、加入本体に関しては、月単位の加入をすることはできません。途中で不要になった場合は、解約手続きを経ることになります。

<契約までの流れ>
重要事項説明
申込情報入力
申込内容確認
本人確認書類提出
(コンビニ決済・銀行振込のみ)
決済手続き
(クレジット・コンビニ決済のみ)
申込完了

3.実際に痴漢冤罪保険を活用するシミュレーション

それでは実際にどのようなシチュエーションにおいて痴漢冤罪保険を活用することが考えられるのでしょうか。


数か月前にリスク回避のため保険に加入したAさんが、保険によって疑いを回避できた事例を見てみましょう。

3-1.Aさんがヘルプコールを利用するまで
Aさんはある平日の午後9時、信号トラブルの影響で遅れた満員電車に乗っていました。電車のなかはぎゅうぎゅう詰めで余裕なかったのですが、ある女性と周囲の男性2人がAさんの方を見て何かを離しているように見えました。

ある駅を出ると、女性はAさんの手を取り、「この人痴漢です!」と叫びます。あまりにとっさのことAさんは驚くも、そもそも密接すらしていなかったため、「違う」ということをしっかりと伝えます。ところが近くにいた男性が「自分も見ていた」「この人は痴漢だ」と声を揃えます。Aさんは、目撃者のいうことがあまりにタイミングの良さを疑うものの、感情的になっている当事者たちとはどうも話が通じないため、駅の事務所で話し合うことにしました。

ただ、家族から何かあったらと、痴漢冤罪保険に加入していることを知らされていたため、ヘルプコールを利用し、弁護士に連絡のうえ、駅内事務所に移動する現在の状況を伝えました。

3-2.弁護士による効果的な代理応対
「きちんと説明すれば大丈夫だろう」と考えていたAさんの目論見は崩れます。駅員はAさんの話をきかず、当事者の女性と目撃者として同行した男性2人の意見を聞くのみ。遅れてやってきた交番の担当者も駅員にのみ意見を聞いたうえで、Aさんに現行犯逮捕の意思を伝え手錠をかけようとします。そのとき、Aさんは先ほどのヘルプコールで状況を伝えた弁護士から着信が入っていることに気がつきます。警察や交番に了解をとったうえで、電話を公開音声にして弁護士を話し合いに参加させることに成功します。なお、Aさんはそのとき、当事者と目撃者とされる男性が目を合わせ、「これはまずいんじゃない」と小さな声で話していることを見逃しませんでした。

3-3.対応のプロフェッショナルとしての弁護士
弁護士が入ると、対応は10分弱で終わることとなります。駅員にいくつかの質問をした弁護士はAさんが容疑者となることの不自然さを伝え、駅員が当事者に問い直すと一転、自分たちの勘違いかもしれない、という展開になりました。Aさんは公然のなかで「痴漢だ」と騒がれたことに対しての気持ちがありましたが、その場の対応を終了しました。

後日談となりますが、当事者と目撃者の3人一組は痴漢冤罪を訴えて和解を取りに行く「冤罪集団」でした。同じ線で半月後に別の男性を目標にするも、今度は男性自身が弁護士だったことが裏目となり、論破されたうえで詐欺行為として立件されることになりました。

最近は痴漢冤罪も注目されているため、駅員も警察も慎重になっている…という話は聞きます。ただ、少なくともAさんの事例に関しては、そのようなことはありませんでした。駅員や警察は痴漢冤罪を扱っても詐欺や名誉棄損で訴えられることはないため、粛々と業務を行う傾向が未だ残っているといわれます。つまり、Aさんが身を守るためには、自分で自分の潔白さを訴えたうえで、照明するしか方法はありません。ヘルプコールは、そのような立場の弱いAさんを守ってくれる心強い保険です。

4.そのほかの痴漢冤罪保険の特徴

そのほか、痴漢冤罪保険には様々な特徴があります。


4-1.家族以外も被保険者に
家族以外も被保険者にすることができます。満員電車でもし冤罪に巻き込まれた場合はリスクが高く、とはいっても社用車の通勤にする余裕はない会社の役員を加入させることができます。なお、加入者本人の補償のほか、加害者補償の場合は本人および同居の方。被害者補償の場合は本人、本人の配偶者、配偶者同居の親族、別居の未婚の子です。なお、痴漢冤罪のヘルプコールに関しては加入者本人にのみ適用することができます。

4-2.契約内容の確認
契約内容に関しては、加入後に「Myページ」にて確認することができます。入金完了時点(クレジットカードは支払完了時点、コンビニ払いと銀行振込の場合は入金完了時点)となります。

5.痴漢冤罪保険ですべてのリスクをカバーできる?

残念ながらそれはありません。いくつかの注意するポイントがあります。


ここまで痴漢冤罪保険の補償内容を抑えてきましたが、これで(主に満員電車において)痴漢冤罪の疑いを受けるリスクをゼロにすることができるのでしょうか。

5-1.満員電車に乗らない
最大の対策は満員電車に乗らないことです。「それができれば苦労はない」という声が聞こえてきこうですが、満員電車のなかでも最も混雑する時間と、ピーク時と比べて少し緩和される時間があります。ピーク時間内で「時差通勤」をすることによって、リスクを軽減することができます。東京都も今後、時差Bizという取組をする発表がありました。

もちろん、そのために特に会社員の方は勤務先の理解を得る必要があります。会社にとって社員が痴漢冤罪に巻き込まれることは大きなリスクでもあるため、勤務先・労働者合わせた対策が必要です。実際に筆者は経営者として、避けられない用事がない限り満員電車での通勤は避けています。

5-2.両手に「疑われない理由」をつくる
片方でつり革を掴んでいても、もう片方の手が空いていたら、いざというときに疑われてしまいます。カバンの持ち手を握るのはもちろん、「両手でつり革を掴む」ということも賢い方法です。

5-3.お酒を飲んだときはタクシー帰りを検討する
痴漢冤罪に気をつけるのは朝の通勤ラッシュだけではありません。朝よりも危険なのは帰宅時の混雑です。そしてお酒を飲んでいるときは、周囲に関する身長差はなくなります。加え朝とは異なり、夜は18時から夜遅くにかけて長い時間混雑ラッシュが続きます。

満員電車に乗ることをリスクと考えると、お酒をある程度飲んだ時は用心してタクシー帰りをすることをお勧めします。毎日数千円の出費は財布にとってとても痛いものですが、ここまでお伝えしたように冤罪に疑われるリスクを考えれば安いものです。万が一の場合には社会的制裁が強い方は、タクシー帰りを徹底するようにしましょう。

6.根本的な解決は痴漢冤罪を無くすこと

根本的な解決は、以下の対策が進む必要があります。


ただ、この保険や痴漢冤罪に巻き込まれないようにするには一時的な対策でしかありません。

6-1.男性専用車両の導入
痴漢冤罪を無くすために最も有効なのは男性専用車両の導入です。ただし鉄道会社としても多額のコストがかかるうえ、混雑を増進するため積極的な導入は期待できないでしょう。また、多様な価値観が望まれるなか、鉄道会社が女性・男性と二者択一で分けることによって問題になる部分もあります。

6-2.防犯カメラの導入
男性専用車両まで導入コストは高くなくても、防犯カメラを導入することも効果的です。実際に山手線では、新型車両を対象に2018年春から全車両に防犯カメラが導入される運びとなりました。

参考:http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG06H5U_W7A600C1CC1000/

防犯カメラを導入しても必ず痴漢(とされる)現場を撮影しているとは限らないため、証拠映像としての効力は100%ではありません。ただ、防犯カメラが設置していることに対する安心性や痴漢、および痴漢冤罪に対しての抑止力としては、大きな効果が期待できます。山手線が先陣を切ったことが評価されれば、更に混雑度が指摘されている地下鉄や私鉄にも導入の動きが広がってくることでしょう。

6-3.1人1「弁護士」という時代の到来
痴漢冤罪に限らず、日常生活に様々なリスクが増えてきた、と言っても過言ではないでしょう。近い将来には、1人1「弁護士」という時代が到来するかもしれません。弁護士から見ても顧問契約など大きな関係ではなくても、何かあったときに「法的な」相談をしてくれる顧客はニーズの高いもの。今後は更に拡大していくことになるでしょう。

6-4.FPとして考える痴漢冤罪保険の必要性
ここまで特徴や社会的会計をまとめましたが、FPとして考えてみましょう。この保険は少額短期保険のため、それほど広い需要を見越したものではありません。年6000円強の保険料として考えるならば、優れたコストパフォーマンスとしてお勧めすることができます。

今後、この保険が社会的な必要性を認められたため、加入者が増加することで競合も増えてくるでしょう。FPとしては、保険料が許容範囲であるならば、ぜひ加入をお勧めする保険です。会社への行き帰りが通勤ラッシュを避けられない、お酒を飲んで公共機関を利用する頻度が高いという場合は、ぜひ早めに加入するようにしましょう。当然ながら、加入していないと補償という形で恩恵を受けることはできません。何かあったからでは遅いのがこの保険の特徴です。加入を考えているのであれば、早め早めに検討するようにしましょう。

7.最後に

痴漢冤罪保険についてまとめました。現在は少額短期保険(ミニ保険)として1社のみが提供している保険ですが、今後も大都市圏を中心に需要が伸びてくるものと考えられます。また、当該保険もそうであるように、個人賠償保険に付加(特約)として痴漢冤罪対策をつける、そのような商品販売も増えてくるのではないでしょうか。


三度繰り返しになりますが、痴漢犯罪はとても悪質です。

その一方で冤罪に巻き込まれる人は、保険という方法でも防止しなければなりません。保険加入を活用しながら、痴漢冤罪をはじめとした日常生活のリスクを回避していきたいものです。

加入したい保険が決まっていてもFPサービス利用をオススメする3つのメリット

このページでわからない点があれば教えて下さい、保険牧場のFPが確認後回答致します。
1. ハンドルネームを入力してください。
2. メールアドレスを入力してください。
3. お住まいのエリアを選択してください。
4. このページ内容でわからない点、
質問などを入力して下さい。

相談方法を選択

来店型 (ショッピングモールや駅近くに店舗を構えているところが多いです。)

お住まいの都道府県を選択


相談したい保険の種類


条件を入力して検索ボタンを押して下さい。

PR


ファイナンシャルプランナーの記事をライター別に見る

あわせて読みたい人気記事
保険のビュッフェの無料相談が口コミで人気?FPが分析!

保険のビュッフェの無料相談が口コミで人気?FPが分析!

医療保険や生命保険、がん保険、学資保険、個人年金などなどあらゆるジャンルの保険の相談ができる保険のビュッフェが...

第一生命の個人年金保険の内容と他社との貯蓄率比較について

第一生命の個人年金保険の内容と他社との貯蓄率比較について

第一生命の個人年金保険の内容と他社との貯蓄率比較について 第一生命の個人年金を含め、複数の保険会社から一番お得な保険...
77,118 views

第一生命保険の評判をFPが分析!ブライトWay、メディカルエール、しあわせ物語、どれが人気?

第一生命保険の評判をFPが分析!ブライトWay、メディカルエール、しあわせ物語、どれが人気?

第一生命の保険商品に詳しく、第一生命と他者を緻密に比較するなら保険マンモスがオススメ。 保険マンモス相談予約...
46,199 views

チューリッヒのがん保険、終身ガン治療保険プレミアムの評判

チューリッヒのがん保険、終身ガン治療保険プレミアムの評判

チューリッヒのがん保険、終身ガン治療保険プレミアムの評判 がん保険の中でも人気なのがチューリッヒの「終身ガン治療保険プレミア...
18,245 views

太陽生命が取り扱う保険商品、どんなものが人気?口コミと評判

太陽生命が取り扱う保険商品、どんなものが人気?口コミと評判

太陽生命が取り扱う保険商品、どんなものが人気?口コミと評判 今回は太陽生命の商品について紹介していきます。どんな商品が皆さん...
7,021 views

第一生命学資保険をシミュレーション、評判のポイント、メリットデメリット

第一生命学資保険をシミュレーション、評判のポイント、メリットデメリット

第一生命学資保険をシミュレーション、評判のポイント、メリットデメリット なぜ、学資保険が必要? 最初に、学資保険がなぜ...
6,498 views

順風ライフの特約内容や解約返戻金をFPが解説!口コミでは人気?

順風ライフの特約内容や解約返戻金をFPが解説!口コミでは人気?

順風ライフの特約内容や解約返戻金をFPが解説!口コミでは人気? 第一生命保険株式会社の「順風ライフ」。発売当初に、ゴルフプレイヤーの石川遼選...
5,967 views

第一生命は解約時にしつこい?タイミングや相談窓口など紹介

第一生命は解約時にしつこい?タイミングや相談窓口など紹介

第一生命は解約時にしつこい?タイミングや相談窓口など紹介 1902年に日本初めての相互保険会社として創立した第一生命。2010年4月に株式会...
5,505 views

第一生命終身保険の解約返戻金、解約タイミングなどをFPが解説

第一生命終身保険の解約返戻金、解約タイミングなどをFPが解説

第一生命終身保険の解約返戻金、解約タイミングなどをFPが解説 国内大手の第一生命が手掛ける終身保険について。第一生命の終身保険は、4つの商品...
4,219 views

東京海上あんしん生命のがん保険、がん治療支援NEOとがん診断保険R

東京海上あんしん生命のがん保険、がん治療支援NEOとがん診断保険R

東京海上あんしん生命のがん保険、がん治療支援NEOとがん診断保険R 東京海上日動あんしん生命には2つのがん保険があります。がん治療支援NEO...
3,088 views

第一フロンティア生命のプレミアレシーブは円建?豪ドル?評判や口コミをFPが分析!

第一フロンティア生命のプレミアレシーブは円建?豪ドル?評判や口コミをFPが分析!

第一フロンティア生命のプレミアレシーブは円建?豪ドル?評判や口コミをFPが分析! 資産運用をしたいけど、株や投資信託は不安、でも馴染みのある...
2,871 views


人気記事 人気記事
新着記事 新着記事

相談方法を選択


来店型 (ショッピングモールや駅近くに店舗を構えているところが多いです。)

お住まいの都道府県を選択


相談したい保険の種類


条件を入力して検索ボタンを押して下さい。


あなたにピッタリの保険相談窓口を探そう!