2025
1826
HOME » 不動産一括査定サイト » 不動産売買査定会社一覧 » 不動産査定マンガ解説コーナー » ソニー不動産の評判、売却をする際の心得を宅建士が解説!
※この記事は約8分で読めます。

ソニー不動産の評判、売却をする際の心得を宅建士資格者が解説!

ソニー不動産の特徴や評判
あのソニーが不動産業界に進出してきました。ソニーと言えばテレビやウォークマン、プレーステーションでおなじみの企業です。「世界のソニー」と呼ばれるまでブランドとしても成長し、世界各国でソニー製品は見られます。
ソニーで取り扱っているのは電化製品だけではありません。ソニーでは生命保険や銀行など幅広い業務に進出しています。 また最近市注目されているのがソニー不動産です。
ソニーの技術を生かした不動産物件探索マップの導入など独自のテクノロジーや営業方針で活動しているようです。そこで、ソニー不動産の特徴や評判についてご紹介しましょう。どんな売却エージェント?

ソニー不動産公式サイト
https://sony-fudosan.com/

1.ソニー不動産の特徴

他の不動産業者と異なるメリットを見てみましょう


ソニー不動産では、経営スタイルや経営ツールとして、独自のスタイルを打ちだしています。他の不動産業者と異なるメリットを売りにしているのです。
不動産業者の差別化
独自のスタイルとは一体どういったものか気になるところです。ソニーらしい新たな発想で情報提供を行っています。まずはどういった特徴があるか知ることからスタートしましょう。 手数料や営業マンの質など気になるところですね。
・両手取引の禁止
ソニー不動産は、ひとつの取引で営業担当者が売主側と買主側との両方を担当することを禁止しています。つまり、両手取引はしないというスタンスです。なぜ、両手取引をしないのでしょうか?

両手仲介ではなく片手仲介になる事によって売主にどんなメリットがある?


その前に両手仲介について説明したいと思います。両手仲介とは売却したい人と購入したい人を示します。自宅不動産を売却したい人と不動産を購入したい人を示します。
当然ながらそこに仲介業者が入ります。仲介業者が双方の調整役となるわけですが、その際に片方に有利な条件、そして片方に不利な条件で商談をまとめるケースも少なくありません。
なぜなら仲介業者は話がまとまれば自分にマージン、手数料が入ってくるわけですから早めに商談が成立することを望んでいます。
また片方と知人だった場合、なるべく知人に有利なように話を持っていくケースもあります。
不動産については大きな売買であり人生でも1度か2度の経験といった人も少なくありません。その点を考えても本当に正しいか?は素人である買主や売主にはなかなか判断ができないものです。
ここで具体例を挙げてみましょう。

両手仲介は担当者にしかメリットがありません。ソニーはそれを排除


両手取引をすると、売主が不利益を受ける可能性があるのです。たとえば、営業担当者Aの担当している売主Bが、5,000万円での売却を希望していたとしましょう。しかし、Aは、たまたま、その物件を4,800万円であれば購入してもよいという買主Cも担当していたのです。
この場合、Aは、なんとかBとCの両者での取引の成立を目指すでしょう。なぜなら、両手取引の場合には、BとCの両方から仲介手数料を受け取ることができるからです。そこで、Aは、BとCの両方の希望額の間を取って4,900万円で契約をまとめようとするでしょう。
AはBに「この物件は、5,000万円での売却は難しいでしょう。しかし、4,900万円であればなんとかなるかもしれません」と説得します。Bもプロの意見であれば仕方ないと考え4,900万円でCへの売却を決めるのです。
Bは希望額よりも100万円の損をしているかもしれません。なぜなら、AがCを担当していなければ、Aは、5,000万円で購入してくれる買主を探したはずです。
Aは、5,000万円で売却をして、Bからのみ5,000万円の仲介手数料を受け取るよりも、4,900万円で売却して、BとCの両方から4,900万円の仲介手数料を受け取ることを選択したのです。

残念ながら裏でそんなことが行われていても私たちはなかなか知る機会はありません。なぜなら相手方との交渉は基本的に仲介業者がすべて行っているわけですし、多くの人は不動産に関する取引情報にあまり豊富ではないためです。

悪質な売却エージェントの場合はどんな事がある?


悪質な担当者であれば、他の営業マンが担当する買主が5,000万円で購入してもよいといっているにもかかわらず、現在「商談中」として相手にせず、自分の両手取引をまとめようとするケースもあります。また、両手取引のために売主の情報を隠す「囲い込み」と呼ばれる手法をとることもあるのです。
ソニー不動産では、売主だけを担当することで、徹底した高値売却を追及するとしています。エージェント制度を設けており、売却エージェントは売主だけを担当するスタイルになっているのです。売主は、安心して仲介を任せることができます。
不動産の売却を検討している方はぜひソニー不動産の利用を考えてみるといいでしょう。
実は当たり前のことですが、売買を同時並行している業者が多いことから売主だけ担当するといった営業スタンスは極めて斬新です。逆にこうした仕組みでないと正当な価格での販売は難しいのです。 非常に透明性の高い売却エージェントと言えるでしょう。

・物件探索マップの活用
物件を探す際に「売却物件の表示価格が妥当なのか?」はよくわからないものです。仮に同じマンションでほぼ同条件のものが3千万円台の物件が3件、2千万円台の物件が1件あったとします。すると3千万円台が相場で2千万円台のものは何かわけありでは?と思うのが一般です。
もし業者の価格つり上げが原因で本来2千万円台クラスの物件が3千万円台になっていたら、どちらが正当な価格か判断がつきますか?多くの消費者は不動産について素人です。またプロでも詳細を把握してしないと価格査定はできません。
その点から考えても「正当な売却価格は素人にはわからない」と判断するのが妥当です。
そうした状況についてもソニーでは自社の技術をフル活用しています。どういった活用をしているのか?というと例えば ソニーの持つテクノロジーを不動産取引にも取り入れています。

ソニー不動産の画期的サービス、物件探索マップとは?


「物件探索マップ」というツールにより、地図上で現在のマンション販売価格が割安なのか割高なのかをひと目で確認することができるのです。地図上に物件の割安、割高が色わけされて表示されるので、とても見やすくなっています。
この地図では、物件購入のときにポイントとなる学校や病院のような物件の所在もひと目で確認することができるのです。周辺施設の情報確認には便利なサービスといえます。
土地購入の際は周辺情報をリサーチしておくことが大事です。世代によってニーズも異なると思いますが、将来性も含めて検討したいところです。
地図上に表示しているエリアと各都道府県における販売価格の分布も、統計情報として確認することができます。販売価格・広さ・築年数・間取り・徒歩何分の統計情報を表示されている部分と都道府県とで比較ができるのです。

・仲介手料の割引
ソニー不動産では、仲介手数料を割引しています。割引額は最大5万円になるのです。仲介手数料とは、不動産業者に不動産取引の仲介を依頼し、その取引が成立したときに、不動産業者に対して支払う報酬になります。
仲介手数料は、宅地建物取引業法で上限が定められています。
複数筋からの情報確認作業は面倒ですがこれなら手軽に利用できます。統計情報内容としても優れていますし、最新のものが提供されています。

報酬についても法律で規制がなされています。ただし多くの人は仲介手数料についてよくわからないかと思います。
仲介手数料は当然にかかるだろうという認識しかない人も多いのではないでしょうか。そうした人は宅地建物取引業法で仲介手数料について一読してみましょう。
そんなに難しいものではないのではありません。わかりやすく下記にまとめてみましょう。

仲介手数料は、宅地建物取引業法で上限が定められています。


代金の額 仲介手数料の上限
200万円以下の場合 代金額×5%
200万円超400万円以下の場合 代金額×4%+2万円
400万円超の場合 代金額×3%+6万円

不動産業者は、代金額を上記の計算式にあてはめて算出した額に消費税を加算した額を仲介手数料の上限として受け取ることができるのです。一般的には、この上限を受け取ることになっています。
なお、この割引を使うためには条件があります。仲介契約は、法的には「媒介契約」と呼ばれるのですが、媒介契約を結ぶときに「専任媒介契約」か「専属専任媒介契約」を結ばなければなりません。これらの契約は、一般的な媒介契約と違って媒介契約を結んだ相手以外の不動産業者に媒介を依頼することができないのです。

ソニー不動産公式サイト
https://sony-fudosan.com/

普段、事などで相見積もりを取るといった人も多いことでしょう。複数社に見積もりを作成してもらうことで価格の競合を図り売却価格を最大化するものです。
3社にオーダーしたらその中から1番メリットがある業者を選択すると思います。上記についてはそうしたことができない規則となっています。不動産屋を掛け持ちしてはいけないということです。「どうせばれないだろう」とこの法律を甘く見ている人も中にはいますが、

依頼者にとっては、かなり拘束力の強い契約になるため、法律で「契約期間の上限」「業務処理状況の報告」「相手方を積極的に探す義務」について一般の媒介契約よりも厳しい規制を設けています。

不動産取引については仲介業者にも宅地建物取引業法によって法的規制が課せられています。
不動産関連の法律を全く知らない人でも不動産の売買を検討している人は多少なりとも法的内容を知っておくことが大事です。
トラブルに巻き込まれないようにするため、そして正当な価格で取引をするためにも大事なことです。

↓不動産一括査定で500万円高く売れたという事例も!↓
↓売却を検討しているなら一度チェック!↓

2.このような試みも…

不動産売却方法のスタートをご説明します


ソニー不動産とヤフーの提携で「おうちダイレクト」という不動産売却方法がスタートしています。おうちダイレクトとは、マンションの所有者が、売却したい物件の価格を自分で決めて売りにだすのです。所有者自身が購入希望者と直接交渉するスタイルの売却方法になります。

なんとも斬新なスタンスですね。
インターネットが普及し個人が気軽に情報収集をしたり売買できる時代でもあります。仲介業者経由だと手数料もかかりますし、損失もあります。メリットももちろんありますが成約価格で言ったら直接売買するのが1番メリットが高いわけです。

マンションの所有者は、価格を決定するために、ソニー不動産が開発した「不動産価格推定エンジン」を利用することができます。また、法律で定めた重要事項説明や契約の手続きについては、ソニー不動産がサポートするのです。

ソニー不動産のサポートで手厚いサポートを受けることができます。取引情報の公開も的確で最新のものが取り入れられているので大変参考になります。消費者としてはこうした提携の輪は非常にありがたく、どんどん広げてほしいものです。
セールスポイントは、所有者が自分でマンションを売買するため、売主の仲介手数料が無料になるところです。本来、不動産業者に仲介を依頼すれば、代金額が一定額以上であれば「代金額×3%+6万円」の手数料が必要になることを思うと画期的な試みだといえます。

こちらについても試しにチャレンジしてみてはどうでしょうか?人気の高い物件や立地が良いところは早々に買い手がつく可能性があります。
また今はオリンピック景気の流れもあります。東京都内のオリンピック開催場所周辺では不動産についても順調に右肩上がりとなっています。

3.ソニー不動産の評価は?口コミ(6件)

nozomizu(男性/埼玉県/36歳) 評価:4.5
新築で購入したマンションを売却し、それを元手に一戸建てを購入しました。売却価格、購入した一戸建て共に満足しています。
なまみしじゅん(男性/千葉県/45歳) 評価:4.2
今年4月に勝浦市にあるマンションを売却を考え、ソニー不動産に相談しました。査定と金額を相談し、丸泰商事のホームページに掲載しました。5月末に買い手希望者が見つかり、商談中です。相手の希望を確認して、こちらの希望を買い手に相談しています。
ciao(女性/神奈川県/51歳) 評価:4.3
紹介された営業の方がテキパキと進めてくれて、スムーズに希望していた期間で売却することが出来よかったです。
よっちゃんの(女性/東京都/33歳) 評価:4.0
きめ細やかな対応で、またスムーズに話が進み、売る側の負担があまり感じなかった。やはり大手なので安心感はあった。
うにゃ(女性/神奈川県/44歳) 評価:4.4
築10年、3LDKのマンションを売却しました。

セールスさん2名で来てくださり、その場で査定をして、

此方の希望額、希望条件を聞いてくださり、近所に知られたく無いのでっとお願いしましたら、各営業所に非公開物件として公開、売却まで2ヵ月かかりましたが、その間も週2回の電話連絡、週1回は訪問打ち合わせ、内覧の時は必ず居てくださり、全てお任せ、甘えぱなしの売却でした。
ミッピ(女性/千葉県/42歳) 評価:3.9
以前に、中古マンションを売却した時に利用したのですが、もし買い手が着かなくてもソニー不動産さんが買い取ってくれると言う安心感がありました。







価格に対する満足度が評価されています


多かったコメントは、「思っていたよりも高く売れた」「予定していた額で売却することができた」などの、価格に対する満足度を評価する内容でした。やはり、ソニー不動産の営業システムにあげている「両手取引の禁止」からくるメリットではないでしょうか?

両手取引の禁止については大きなメリットを実感できる制度です。まだ両手取引の禁止の制度を知らない人はこの機会にソニー不動産を利用してみるといいでしょう。
片手仲介は消費者、売主にとって大きな利点があります。

両手取引とは、売主の希望額を下げる要因になることは間違いないでしょう。営業担当者にすれば、片手取引よりも両手取引のほうがありがたいのはいうまでもありません。また、仲介手数料を二重に受け取れるだけではなく、買主を探す手間まで省けるのです。

買うのは比較的簡単ですが、問題は売却です。売却については立地が良かったり人気物件であればすんなり買い手が付きますが、日本の不動産市場上、中古物件の売買はなかなか厳しいものがあります。
安価でメリットも高いのですが、新築にこだわる人が多いためです。

企業のなかに両手取引を可能にするシステムがあれば、営業担当者が両手取引をしようと思うのは当然のことでしょう。両手取引の禁止を掲げたことが、売主に有利な高値での売却ができるポイントであるといえます。

当たり前のようで実は今までの仲介会社や売却エージェントでなかなかなかった不動産の売却のみの取り扱いですが、ソニー不動産が不動産の売却の流れを大きく変える第一人者であることは間違いありません。
システムを活用し、かつ売り手に不利な条件にならないよう最高の条件で売却ができる仕組みづくりとなっています。これはぜひ上手に活用したいところです。

ソニー不動産公式サイト
https://sony-fudosan.com/

4.売却の心得とは?

大切なお客さまを迎えるスタンスですね!


不動産を売却するときの心得として、もっとも重要なのは、買主が「お客さま」であることをしっかり意識することです。この心得は、ソニー不動産に仲介を依頼したときだけの話ではありません。

売却については直接携わったことがない人も多いことでしょう。自分で商売をしたり、営業や販売担当でないと顧客と触れ合う機会はほとんどないかと思います。
システムでの取引となるので買主の顔を直接見て接客するわけではありますが、少しでも高値で売却したいと思うなら売り手として見えない相手「お客様」を意識することが大事です。

常に買主の身になって考えることが、結果として売主に有利な条件を引き出すコツといえます。たとえば、内覧ひとつをとっても、大切なお客さまを迎えるスタンスで行うことでよいイメージを与え、成約に結びつくかもしれないのです。

マンション売却や不動産売却に限らずなんでもそうですが、努力していればいいご縁が巡ってきますし、努力していなければそれ相応のものしか返ってきません。不動産については非常に高額な取引です。ここは何がなんでも成功させるぞ!と強い気持ちを持ってチャレンジすることが大事です。

5.まとめ

営業方針の明確化が重要ですね!


営業方針の明確化
ソニー不動産は、両手取引の禁止や仲介手数料の割引のような営業方針を明確化しているのです。

こうしたサービスが実現できるのはソニーの実力と事業者としての実績でもあります。利益は誰でも追及したいものです。それゆえ顧客の権利が置き去りにされてしまうケースも実在しまう。
シンプルでわかりやすく、そして顧客側に立った仕組みがソニー不動産で実現されています。

売却サービスについてもソニー不動産を皮切りに変化しつつあります。インターネットを利用することで人件費削減にもつながりますし、情報提供も随時行うことが可能です。リアルタイムでの情報をうまく活用して不動産売却でも上手に利用したいところです。
仲介手数料などについても事前に調べておきましょう。不動産の場合、2000万円や3000万円など高額なケースも少なくありません。手数料もなるべく少ない方がメリットがあります。

ソニー不動産公式サイト
https://sony-fudosan.com/

まとめ

既存の不動産業者との差別化をはかる、ソニー不動産の今後が注目されます。

 

まとめ

ソニー不動産とヤフー不動産が資本提携した事で全国宅地建物取引業協会連合会がヤフー不動産への情報提供を渋るという事がありましたが、それだけソニー不動産のネットワークには力があるという事です。

↓不動産一括査定で500万円高く売れたという事例も!↓
↓売却を検討しているなら一度チェック!↓

このページでわからない点があれば教えて下さい、不動産一括査定牧場のFPが確認後回答致します。






2025
1826



人気記事
  • マンションのベランダでタバコの喫煙は苦情が多い?法律ではどうなっているのか? マンションのベランダでタバコの喫煙は苦情が多い?法律ではどうなっているのか?
    マンションのベランダでタバコの喫煙は苦情が多い?法律ではどう... 952 views
  • 東急リバブルの売却における評判、仲介手数料などを宅建士資格者が分析! 東急リバブルの売却における評判、仲介手数料などを宅建士資格者が分析!
    東急リバブルの売却における評判、仲介手数料などを宅建士資格者... 823 views
  • 住まいサーフィンの評判とは?人気や口コミを宅建士が解説 住まいサーフィンの評判とは?人気や口コミを宅建士が解説
    住まいサーフィンの評判とは?人気や口コミを宅建士資格者が解説 マンショ... 772 views
  • 路線価の実勢価格とは?土地の価値を知る上で重要な項目です! 路線価の実勢価格とは?土地の価値を知る上で重要な項目です!
    路線価の実勢価格とは?土地の価値を知る上で重要な項目です! ... 751 views
  • ピタットハウスの不動産売買の評判や仲介手数料を宅建士が分析! ピタットハウスの不動産売買の評判や仲介手数料を宅建士が分析!
    ピタットハウスの不動産売買の評判や仲介手数料を宅建士資格者が... 560 views
  • 築50年の古いマンションは売れるのか?FPが売却時の注意点を解説! 築50年の古いマンションは売れるのか?FPが売却時の注意点を解説!
    築50年の古いマンションは売れるのか?FPが売却時の注意点を... 558 views
  • 築30年マンションの資産価値を考える、寿命がくる前に売却すべき! 築30年マンションの資産価値を考える、寿命がくる前に売却すべき!
    築30年マンションの資産価値を考える、寿命がくる前に売却すべ... 517 views
  • 大京穴吹不動産の売却での評判、高く売るコツを宅建士と考える 大京穴吹不動産の売却での評判、高く売るコツを宅建士と考える
    大京穴吹不動産の売却での評判、高く売るコツを宅建士資格者と考... 488 views
  • ポラスの建売の評判とは?売却時の評価額はいかに?宅建士資格者が分析! ポラスの建売の評判とは?売却時の評価額はいかに?宅建士資格者が分析!
    ポラスの建売の評判とは?売却時の評価額はいかに?宅建士資格者... 417 views
  • 住友不動産販売の評判、中古戸建、マンションが高く売れる?宅建士資格者が分析! 住友不動産販売の評判、中古戸建、マンションが高く売れる?宅建士資格者が分析!
    住友不動産販売の評判、中古戸建、マンションが高く売れる?宅建... 378 views
  • オークラヤ住宅での売却、評判や評価を宅建士が解説! オークラヤ住宅での売却、評判や評価を宅建士が解説!
    オークラヤ住宅での売却、評判や評価を宅建士資格者が解説! ... 286 views
  • おうちダイレクトとは?評判や失敗例、成約までの流れを宅建士資格者が解説! おうちダイレクトとは?評判や失敗例、成約までの流れを宅建士資格者が解説!
    おうちダイレクトとは?評判や失敗例、成約までの流れを宅建士資... 262 views
  • 積和不動産の評判、中古物件を売却する際の注意点を宅建士資格者が紹介 積和不動産の評判、中古物件を売却する際の注意点を宅建士資格者が紹介
    積和不動産の評判、中古物件を売却する際の注意点を宅建士資格者... 244 views
  • コスモスイニシアの評判、売買での仲介実績は?宅建士資格者が分析! コスモスイニシアの評判、売買での仲介実績は?宅建士資格者が分析!
    コスモスイニシアの評判、売買での仲介実績は?宅建士資格者が分析! 株式... 226 views
  • エスリードでの不動産売買での評判を宅建士資格者が分析! エスリードでの不動産売買での評判を宅建士資格者が分析!
    エスリードでの不動産売買での評判を宅建士資格者が分析! 「日本エスリー... 166 views
  • 最新記事
  • ベストセレクトで不動産売却!仲介手数料や評判を宅建士が分析!
    ベストセレクトで不動産売却!仲介手数料や評判を宅建士が分析! 埼玉と東京を中心と 2017/8/18
  • 日本住宅流通株式会社で家を売る!評判や仲介手数料を宅建士資格者が分析!
    日本住宅流通株式会社で家を売る!評判や仲介手数料を宅建士資格者が分析! 大和ハウ 2017/8/7
  • 水戸大家さんで家を売る!評判や仲介手数料を宅建士が分析!
    水戸大家さんで家を売る!評判や仲介手数料を宅建士が分析! 水戸大家さんという不動 2017/7/28
  • イエカレ一括査定の評判を宅建士資格者が分析!土地活用も人気?
    イエカレ一括査定の評判を宅建士資格者が分析!土地活用も人気? 不動産を売却すると 2017/7/15
  • 三好不動産売買に不動産やマンションを売却!評判を宅建士が分析!
    三好不動産売買に不動産やマンションを売却!評判を宅建士が分析! 地元福岡の人達に 2017/7/2