HOME » 学資保険 » 学資保険を比較するポイントとは?
※この記事は約3分で読めます。

学資保険を比較するポイントとは?

子どもが生まれたら様々な保険の見直しが必要になりますが、その中でも重要なのが学資保険への加入を検討することです。学資保険は子どもの教育資金を貯蓄することができる保険です。昔は学資保険といえばかんぽの保険しかありませんでしたが、最近では多くの保険会社が取り扱うようになり、保険の内容も多様化してきています。そこで今回は、これから学資保険に加入するという人のために、学資保険を比較するポイントについて解説していきます。

子供が大きくなった時の学費。小さいうちに準備をしておかないと・・・


学資保険ってどういう保険?
学資保険は子どもの教育資金を準備するために加入する保険です。子どもの教育資金は幼稚園から大学までずっとかかるものですが、その中でもやはり中学入学から大学卒業までが一番お金がかかります。例えば中高生ならば昼食代、部活動費、通学費、塾の授業料、私立高校ならば入学金や授業料が必要になります。また大学の入学金や授業料は合計すると数百万円単位で必要になってきます。

例えば国立大学ならば、入学金が約28万円、毎年の授業料が約53万円で、合計240万円。また生活費が一人暮らしならば毎月10万円かかるとして4年間で480万円になります。合計で720万円です。また私立大学の文系ならば、入学金が約26万円、授業料が毎年約72万円で、さらに施設設備費などで約16万円かかり、4年間の合計は約378万円、これに生活費を足すと約860万円にもなります。理系になればさらに高額になります。
実際には奨学金を利用したり、子どもが自分で生活費をバイトで稼ぐケースも多いですが、いずれにしても300万円〜500万円程度は準備しておきたいものです。これほどのお金を全て貯蓄でまかなおうとするのはなかなか難しいですね。そこで貯蓄と合わせて
学資保険を利用していく必要があるのです。

学資保険の特徴~メリットデメリット

ただ銀行で貯蓄するのと学資保険を利用することには、どのようなちがいがあるのでしょうか。学資保険を利用するメリットは主に3つあります。まず銀行で預金するよりも利率がいいという点が一番大きいでしょう。銀行で預金しても、利率は現在0.2%程度です。10年複利で貯蓄しても増えるのは2%程度です。しかし学資保険ならば戻り率が5%〜10%あるものが多く、それだけ有利に貯蓄することができます。
また強制的に貯蓄できるという効果も期待できます。学資保険は途中解約すると解約返戻金が支払った保険料の総額よりも少なくなることが多いです。そのため簡単には解約できたいという意識が働いて、確実に貯蓄できるといわれています。
さらに保険料を支払っている親が死亡してしまった場合、それ以降の保険料が免除される保障があります。学資保険に加入していれば、子どもの教育資金に関しては心配する必要はなくなるのです。そのような学資保険ですが、選ぶ際のポイントは3つあります。

学資保険の選び方のポイントを解説します。損をしないために。


子供の教育費用の不安を解消する保険のプロのFP。
学資保険アンケート回答と無料相談で高級ギフトが貰えます★


無料保険相談サービス最大手、保険のビュッフェのアンケートキャンペーンの案内ページはこちら

知ってるようで知らない学資保険の事、アンケートに回答すると見えてくるかも?

学資保険を選び方、ポイントは3つ

①貯蓄型?保障型?
学資保険には貯蓄型と保障型があります。貯蓄型は一般的な学資保険で、保険料を満期まで支払うと元本は保証されます。保障型とは、親の生命保険がついているものです。親が死亡したときに保険金を受けとることができたり、育英年金が支払われたりします。貯蓄型と保障型の特徴をまとめると以下のようになります。

保障型の保険料には保障部分が上乗せされるため、保険料が割高になるというデメリットがあります。支払った保険料の総額よりも受けとれる学資金の額の方が少なくなるため、保障型よりも貯蓄型の方が人気があります。別に生命保険に加入しているならば、保障型に加入する必要はないでしょう。

②満期金の支払い時期は?
学資保険の学資金は18歳満期に支払われるものが多いです。しかしこれでは大学の入学金の納付に間に合わないケースがあります。子どもが18歳の誕生日を迎えなければ学資金が受けとれないため、子どもが早生まれ(1月〜3月)だった場合は学資金が間に合わず、その分の資金を別に準備しなければならなくなります。そのような場合は、17歳満期のプランを選びましょう。
学資保険は5回学資金が受けとれるものが一般的です。17歳満期にしても21歳まで毎年受けとれるため、最後の1年間までもらうことができます。また17歳、18歳の他にも、満期を20歳、22歳に設定できるものもあり、選択肢が増えてきています。学資金の受け取り時期に不安のある方は、多くの選択肢が用意されている学資保険を選ぶようにしましょう。

③学資金の受け取りタイプは?
学資金は満期に一括で受けとるタイプと、毎年に分けて少しずつ受けとるタイプとがあります。毎年受けとるタイプは5年間あるのが一般的です。どちらのタイプでも、受けとれる学資金の総額には大差ありません。どのような目的で学資金を使いたいかによって、選び方が異なってきます。
具体的には「入学時の準備」としてお金を受け取るか「入学後の必要資金」としてお金を受け取るか、というちがいです。入学時は入学金だけでなく、他にも何かとお金が必要になります。引っ越し費用、住居の敷金・礼金・不動産手数料など、教科書の購入などです。これらのまとまったお金を準備するためならば、一時金としてまとめて受けとる方がいいでしょう。そうではなく入学後の授業料や生活資金の足しとして学資金を受けとりたいという場合は、毎年一定額を受けとるタイプを選ぶようにしましょう。

他に気をつけておきたいポイントについても解説します!


学資保険の加入でその他の気をつけたいポイント

その他にも気をつけるポイントがいくつかあります。まず学資保険の「契約者」を夫と妻どちらにするか、というものです。夫を契約者にしていれば夫が死亡した場合、貯蓄型ならば保険料が免除されますし、保障型ならば保険金や育英年金が支払われます。そのため契約者は一家を支える大黒柱の方にしておくのが無難です。
また毎月の保険料が計画的に払い込み続けることができる程度の額か、という点も重要です。学資保険に加入する時期は、妊娠中や子どもが生まれたとき一番が多いようです。しかし子どもが生まれて以降は、子どもの教育費や生活費、多くのライフイベントで出費が増えてしまいます。加入したときは充分に支払えると思っていても、子どもが大きくなるに連れて支払いが困難になっていくというケースも考えられます。そのため、学資金の設定および保険料のプランニングは、充分に余裕をもって検討するようにしましょう。

まずはライフプランを検討することが大切
学資保険を比較・選択する上でのポイントについて、理解を深めることはできたでしょうか。最後に学資保険に加入する上での検討すべきことを整理してみます。
①ライフプランを作成する
②保険加入の目的を明確にする
③3つのポイントを中心に保険を比較検討

まずは①ライフプランの作成が必須です。これは学資保険に限らずすべての保険に加入するときに必要な作業です。子どもが小学校、中学校、高校、大学に入学するときに親である契約者は何歳で、どのくらいの収入があるのか、どのくらいの支出があるのか。マイホームや自動車などの大きな買い物はいつごろか、ローンは何年で組むと考えるか。自分の親は何歳で、介護費用の準備は必要か。などなどあらゆる面からプランニングしていきます。
次に②保険加入の目的を明確にします。もしも収入に余裕があってすでにある程度貯蓄があり、またこれからも計画的に貯蓄していけるならば、そもそも学資保険への加入は必要ないかもしれません。なぜ保険への加入が必要なのか、自分に問いかけながら目的を明確にしていきましょう。
最後に今回紹介した3つのポイントを中心に、実際に保険プランを検討し、加入することになります。自分にあった保険を選択し、余裕をもった教育資金の貯蓄を行ないましょう。

一番簡単な学資保険解説マンガ!やさしいえらびかた

このページでわからない点があれば教えて下さい、保険牧場のFPが確認後回答致します。
1. ハンドルネームを入力してください。
2. メールアドレスを入力してください。
3. お住まいのエリアを選択してください。
4. このページ内容でわからない点、
質問などを入力して下さい。

相談方法を選択

来店型 (ショッピングモールや駅近くに店舗を構えているところが多いです。)

お住まいの都道府県を選択


相談したい保険の種類


条件を入力して検索ボタンを押して下さい。

PR


ファイナンシャルプランナーの記事をライター別に見る

あわせて読みたい人気記事
保険のビュッフェの無料相談が口コミで人気?FPが分析!

保険のビュッフェの無料相談が口コミで人気?FPが分析!

医療保険や生命保険、がん保険、学資保険、個人年金などなどあらゆるジャンルの保険の相談ができる保険のビュッフェが...

第一生命の個人年金保険の内容と他社との貯蓄率比較について

第一生命の個人年金保険の内容と他社との貯蓄率比較について

第一生命の個人年金保険の内容と他社との貯蓄率比較について 第一生命の個人年金を含め、複数の保険会社から一番お得な保険...
81,027 views

第一生命保険の評判をFPが分析!ブライトWay、メディカルエール、しあわせ物語、どれが人気?

第一生命保険の評判をFPが分析!ブライトWay、メディカルエール、しあわせ物語、どれが人気?

第一生命の保険商品に詳しく、第一生命と他者を緻密に比較するなら保険マンモスがオススメ。 保険マンモス相談予約...
49,344 views

チューリッヒのがん保険、終身ガン治療保険プレミアムの評判

チューリッヒのがん保険、終身ガン治療保険プレミアムの評判

チューリッヒのがん保険、終身ガン治療保険プレミアムの評判 がん保険の中でも人気なのがチューリッヒの「終身ガン治療保険プレミア...
19,598 views

順風ライフの特約内容や解約返戻金をFPが解説!口コミでは人気?

順風ライフの特約内容や解約返戻金をFPが解説!口コミでは人気?

順風ライフの特約内容や解約返戻金をFPが解説!口コミでは人気? 第一生命保険株式会社の「順風ライフ」。発売当初に、ゴルフプレイヤーの石川遼選...
8,221 views

第一生命は解約時にしつこい?タイミングや相談窓口など紹介

第一生命は解約時にしつこい?タイミングや相談窓口など紹介

第一生命は解約時にしつこい?タイミングや相談窓口など紹介 1902年に日本初めての相互保険会社として創立した第一生命。2010年4月に株式会...
7,947 views

太陽生命が取り扱う保険商品、どんなものが人気?口コミと評判

太陽生命が取り扱う保険商品、どんなものが人気?口コミと評判

太陽生命が取り扱う保険商品、どんなものが人気?口コミと評判 今回は太陽生命の商品について紹介していきます。どんな商品が皆さん...
7,936 views

第一生命学資保険をシミュレーション、評判のポイント、メリットデメリット

第一生命学資保険をシミュレーション、評判のポイント、メリットデメリット

第一生命学資保険をシミュレーション、評判のポイント、メリットデメリット なぜ、学資保険が必要? 最初に、学資保険がなぜ...
7,189 views

第一生命終身保険の解約返戻金、解約タイミングなどをFPが解説

第一生命終身保険の解約返戻金、解約タイミングなどをFPが解説

第一生命終身保険の解約返戻金、解約タイミングなどをFPが解説 国内大手の第一生命が手掛ける終身保険について。第一生命の終身保険は、4つの商品...
5,808 views

第一フロンティア生命のプレミアレシーブは円建?豪ドル?評判や口コミをFPが分析!

第一フロンティア生命のプレミアレシーブは円建?豪ドル?評判や口コミをFPが分析!

第一フロンティア生命のプレミアレシーブは円建?豪ドル?評判や口コミをFPが分析! 資産運用をしたいけど、株や投資信託は不安、でも馴染みのある...
5,638 views

東京海上あんしん生命のがん保険、がん治療支援NEOとがん診断保険R

東京海上あんしん生命のがん保険、がん治療支援NEOとがん診断保険R

東京海上あんしん生命のがん保険、がん治療支援NEOとがん診断保険R 東京海上日動あんしん生命には2つのがん保険があります。がん治療支援NEO...
3,265 views


人気記事 人気記事
新着記事 新着記事



相談方法を選択


来店型 (ショッピングモールや駅近くに店舗を構えているところが多いです。)

お住まいの都道府県を選択


相談したい保険の種類


条件を入力して検索ボタンを押して下さい。


あなたにピッタリの保険相談窓口を探そう!