HOME » 学資保険 » 2017年版学資保険の返戻率をFPが比較!加入すべき返戻率とは?
※この記事は約4分で読めます。

2017年版学資保険の返戻率をFPが比較!加入すべき返戻率とは?

子どもの大学進学資金を準備する学資保険


2017年版 学資保険の返戻率をFPが比較!加入すべき返戻率とは?
生命保険の商品には、大きく分けて「万が一の場合に備える保険」と「計画的に貯蓄するための保険」の2種類があります。
万が一の場合に備える保険とは、万が一亡くなった場合に遺されたご家族が生活に困らないように備えるため、死亡保険金というまとまったお金を受け取ることができる死亡保険(定期保険、終身保険、養老保険など)や、病気やケガで入院した時に入院給付金、手術をした時に手術給付金を受け取ることができる医療保険、がんを患った時にがん診断給付金やがん入院給付金を受け取ることができるがん保険などがあります。

計画的に起こることではなく、不測の事態となったときに金銭的に困ることがないように備えるための保険が「万が一の場合に備える保険」となります。
対して「計画的に貯蓄するための保険」とは、基本的に何年後にいくら受け取ることができるという事が決まっており、それが定年後の年金生活のために貯蓄するものとして「個人年金保険」、子どもの大学進学資金を積み立てるものとして「学資保険」などがあります。何年後にいくら受け取れるという事があらかじめ分かっているため、数年後の貯蓄計画が立てやすいという特徴があります。
今回はこの「計画的に貯蓄するための保険」の1つである学資保険について見ていきたいと思います。

1.学資保険とは?返戻率の考え方とは?

学資保険において返戻率が重要な理由とは?


学資保険保険は子どもの進学時期に合わせて貯蓄し、進学時期になったらこれまで積み立てた金額にプラスして増えたお金を受け取ることができます。一般的に銀行預金に預けておくよりも利率が良い(プラスとなる金額が大きい)ため、効率的に貯蓄できる手段として非常に高い人気があります。
このような特徴を持つ学資保険ですが、大きく分けて2種類あります。
以下の図をご覧頂ければと思います。

タイプ1は、冒頭に紹介したものと同じタイプで、加入してから積み立て続けたお金とプラスとなったお金を、子どもの大学進学時に一括して受け取ることができるというものです。
これに対し、タイプ2の学資保険は、大学進学時期だけでなく、小学校、中学校、高校とそれぞれの進学時期にもお金を受け取ることができます。もちろん、大学進学時にもお金を受け取ることができます。それぞれの時期に分割して受け取るため、受け取れるお金の総額は積み立てたお金の総額よりも多くなりますが、それぞれのタイミングで受け取れる金額は、それまでに積み立てた金額よりも少なくなりますので注意が必要です。

タイプ1とタイプ2を比べると、受け取れる金額(総額)を同じにした場合、利率が高くなるのはタイプ1です。例えば子どもが0歳の時に、タイプ1、タイプ2の両方に加入したとすると、タイプ1では0歳から大学進学までの約18年間かけて生命保険会社はお金の運用をすることができますが、タイプ2では小学校に進学する6年後、中学校に進学する12年後、高校に進学する15年後にそれぞれお金の一部を生命保険会社は加入者へ返さなければいけないため、その時点の運用成果に左右されてしまうリスクがあるのです。
もし、小学校や中学校、高校進学時にお金を受け取る必要がなく、大学進学時だけで良い、また出来る限り利率が良いほうが良いという事でしたら、タイプ1の学資保険を選ぶと良いでしょう。

子供の教育費用の不安を解消する保険のプロのFP。
学資保険アンケート回答と無料相談で高級ギフトが貰えます★


無料保険相談サービス最大手、保険のビュッフェのアンケートキャンペーンの案内ページはこちら

知ってるようで知らない学資保険の事、アンケートに回答すると見えてくるかも?

2.返戻率を知る上での相場を知る

続いて、学資保険は利率が高い方が良いとお伝えしましたが、学資保険における利率の考え方として、「返戻率」というものがあります。これは、銀行預金などにある「利率」とは考え方が異なりますので注意が必要です。
返戻率の考え方について見てみましょう。
まずはじめに、返戻率の計算式について見てみましょう。

(返戻率(%))=(受け取れるお金の総額)÷(積み立てたお金の総額)×100

返戻率の計算式はこのようになります。
例えば、100万円積み立て(=積み立てたお金の総額)て、130万円受け取れる(受け取れるお金の総額)学資保険に加入した場合、
130万円÷100万円×100=130(%)
返戻率は130%ということになります。積み立てたお金の総額と受け取れるお金の総額が同じ金額の場合の返戻率は100%となり、逆に、受け取れるお金の総額が積み立てたお金の総額よりも少なくなってしまう場合、返戻率は100%よりも下(90%、95%など)になります。
返戻率は高ければ高い方がプラスになるお金が大きいという事ですので、学資保険を選ぶ際は返戻率の高い商品を選ぶと良いでしょう。

3.2017年度の返戻率が高いおすすめの学資保険とは?

現在、最も返戻率が高い学資保険はどこでしょう


では、2017年現在の学資保険の返戻率はどうなっているのかを見てみましょう。実は学資保険の返戻率は定期的に生命保険会社側で見直しをされています。
最近で言いますと、見直しの度に学資保険の返戻率は悪くなっている傾向にあります。これは、長引く日本経済の不況による影響が原因しており、そのせいで生命保険会社の運用成果が悪くなっているのです。
では、学資保険の返戻率が高い生命保険会社の商品を見てみましょう。
第1位 フコク生命「みらいのつばさ」 返戻率:110.1%
第2位 ソニー生命「学資保険スクエア」 返戻率:110.3%
第3位 JPかんぽ生命「学資保険 はじめのかんぽ」 返戻率:111.4%

※ 楽天リサーチ「1年以内に学資保険に加入した主婦100人による人気の学資保険」調べ

この人気ランキングを見ますと、必ずしも返戻率が高い商品が上位にあるというわけではありませんでした。第1位のフコク生命「みらいのつばさ」の返戻率が110.1%であるのに対し、第3位のJPかんぽ生命「学資保険 はじめのかんぽ」では返戻率は111.4%でした。返戻率が高いに越したことはないのですが、なぜこのような結果となったのかは不明ではありますが、学資保険を検討する上で基準となる返戻率は「110%より上回っているかどうか」は1つの判断基準になると言えます。

4.加入している学資保険の返戻率を高くすることは可能?

既に加入している学資保険の返戻率を上げる事ができる?


もうすでに学資保険に加入している方もいらっしゃるかと思います。加入している学資保険の返戻率を改めて確認してみて、返戻率は110%以上あるでしょうか。もし返戻率が思ったよりも高くないとわかった場合、どのようにしたら良いのでしょうか。
すでに学資保険に加入している方が、返戻率を高くする方法について見ていきましょう。
大きく分けて、返戻率を高くする方法は以下の2通りあります。

1、 今加入している学資保険の支払いをストップ(払済)し、別の返戻率が高い学資保険に加入し直す
2、 今加入している学資保険の支払い方法が「月払」の場合、「半年払」「年払」に変更する

それぞれについて詳しく見てみましょう。
1の「今加入している学資保険の支払いをストップ(払済)し、別の返戻率が高い学資保険に加入し直す」ですが、学資保険を含む生命保険の商品は、これ以上保険料を払いたくないと思ったとき、解約する以外に「払済」という方法をとることができます。これは、その時点で支払っている保険料を元に保障を組み直すもので、学資保険で言えばそれまで支払った保険料だけで生命保険会社は運用を行い、それまで支払ったお金に対して所定の返戻率を掛けて進学時期にお金を返すというものです。

もちろん、最後まで積み立てた場合と比べて積み立てた金額が少なくなるため、受け取れる金額も少なくなりますが、今の学資保険の支払いをストップさせるタイミングでもっと返戻率が高い学資保険に新規加入すれば、進学時期には、元々加入していた学資保険のお金と新しく加入する学資保険のお金の両方を受け取ることができるため、返戻率を高くすることができます。
続いて2の「今加入している学資保険が「月払」の場合、「半年払」「年払」に変更する」ですが、一般的に生命保険の商品は、月払よりも半年払、半年払よりも年払の方が保険料の総額は安くなります。

学資保険もこれと同じで、受け取れるお金の総額が同じであった場合においても、月払よりも半年払、半年払よりも年払の方が、積み立てなければいけないお金の総額は少なくて済みます。そのため、返戻率を高くすることが出来るのです。

 

一番簡単な学資保険解説マンガ!やさしいえらびかた

このページでわからない点があれば教えて下さい、保険牧場のFPが確認後回答致します。
1. ハンドルネームを入力してください。
2. メールアドレスを入力してください。
3. お住まいのエリアを選択してください。
4. このページ内容でわからない点、
質問などを入力して下さい。

相談方法を選択

来店型 (ショッピングモールや駅近くに店舗を構えているところが多いです。)

お住まいの都道府県を選択


相談したい保険の種類


条件を入力して検索ボタンを押して下さい。

PR


ファイナンシャルプランナーの記事をライター別に見る

あわせて読みたい人気記事
保険のビュッフェの無料相談が口コミで人気?FPが分析!

保険のビュッフェの無料相談が口コミで人気?FPが分析!

医療保険や生命保険、がん保険、学資保険、個人年金などなどあらゆるジャンルの保険の相談ができる保険のビュッフェが...

第一生命の個人年金保険の内容と他社との貯蓄率比較について

第一生命の個人年金保険の内容と他社との貯蓄率比較について

第一生命の個人年金保険の内容と他社との貯蓄率比較について 第一生命の個人年金を含め、複数の保険会社から一番お得な保険...
84,174 views

第一生命保険の評判をFPが分析!ブライトWay、メディカルエール、しあわせ物語、どれが人気?

第一生命保険の評判をFPが分析!ブライトWay、メディカルエール、しあわせ物語、どれが人気?

第一生命の保険商品に詳しく、第一生命と他者を緻密に比較するなら保険マンモスがオススメ。 保険マンモス相談予約...
51,482 views

チューリッヒのがん保険、終身ガン治療保険プレミアムの評判

チューリッヒのがん保険、終身ガン治療保険プレミアムの評判

チューリッヒのがん保険、終身ガン治療保険プレミアムの評判 がん保険の中でも人気なのがチューリッヒの「終身ガン治療保険プレミア...
20,433 views

順風ライフの特約内容や解約返戻金をFPが解説!口コミでは人気?

順風ライフの特約内容や解約返戻金をFPが解説!口コミでは人気?

順風ライフの特約内容や解約返戻金をFPが解説!口コミでは人気? 第一生命保険株式会社の「順風ライフ」。発売当初に、ゴルフプレイヤーの石川遼選...
9,937 views

第一生命は解約時にしつこい?タイミングや相談窓口など紹介

第一生命は解約時にしつこい?タイミングや相談窓口など紹介

第一生命は解約時にしつこい?タイミングや相談窓口など紹介 1902年に日本初めての相互保険会社として創立した第一生命。2010年4月に株式会...
9,582 views

太陽生命が取り扱う保険商品、どんなものが人気?口コミと評判

太陽生命が取り扱う保険商品、どんなものが人気?口コミと評判

太陽生命が取り扱う保険商品、どんなものが人気?口コミと評判 今回は太陽生命の商品について紹介していきます。どんな商品が皆さん...
8,567 views

第一フロンティア生命のプレミアレシーブは円建?豪ドル?評判や口コミをFPが分析!

第一フロンティア生命のプレミアレシーブは円建?豪ドル?評判や口コミをFPが分析!

第一フロンティア生命のプレミアレシーブは円建?豪ドル?評判や口コミをFPが分析! 資産運用をしたいけど、株や投資信託は不安、でも馴染みのある...
7,769 views

第一生命学資保険をシミュレーション、評判のポイント、メリットデメリット

第一生命学資保険をシミュレーション、評判のポイント、メリットデメリット

第一生命学資保険をシミュレーション、評判のポイント、メリットデメリット なぜ、学資保険が必要? 最初に、学資保険がなぜ...
7,615 views

第一生命終身保険の解約返戻金、解約タイミングなどをFPが解説

第一生命終身保険の解約返戻金、解約タイミングなどをFPが解説

第一生命終身保険の解約返戻金、解約タイミングなどをFPが解説 国内大手の第一生命が手掛ける終身保険について。第一生命の終身保険は、4つの商品...
6,887 views

第一フロンティア生命の評判、個人年金をFPが解説!

第一フロンティア生命の評判、個人年金をFPが解説!

第一フロンティア生命の評判、個人年金をFPが解説! 第一生命フロンティアは第一生命の子会社です。 提供している保険商品は、変額終身保険、変額年...
4,095 views


人気記事 人気記事
新着記事 新着記事



相談方法を選択


来店型 (ショッピングモールや駅近くに店舗を構えているところが多いです。)

お住まいの都道府県を選択


相談したい保険の種類


条件を入力して検索ボタンを押して下さい。


あなたにピッタリの保険相談窓口を探そう!