167010
142870

HOME » ペット保険 » ガーデン小額短期保険とは?商品内容とメリット・デメリットを解説
※この記事は約3分で読めます。

ガーデン小額短期保険とは?商品内容とメリット・デメリットを解説

ガーデン小額短期保険とは?商品内容とメリット・デメリットを解説

1.増えている小額短期保険とペット保険

最近、家庭ではペットを飼っている方も非常に多いと思います。


犬や猫をはじめ、様々なペットを飼っているという方もいらっしゃると思います。ペットは家族と同様、病気を患ったり時にはけがを負ったりします。そのため、万が一のことが起きた場合には動物病院へ連れていき、場合によっては入院したり、手術をしたりすることがあります。
ペットを飼うというライフスタイルが定着してきた今、このようなペットが入院したり手術をしたりした場合の金銭的な負担を助けてくれるものとして、「ペット保険」というものが徐々に普及してきました。ペット保険とは、これまで広く知られていた生命保険会社や損害保険会社とは異なり、保障される金額が小額で、しかも保障される期間が一般的には1年ごとの更新といったような、「ミニ保険」とも呼ばれている種類の保険です。小額短期保険が日本で認められたのが約10年前ですので、まだまだ歴史の浅い保険ではありますが、ペット保険をはじめ、様々な商品を小額短期保険会社が徐々に販売してきています。
ペット保険は小額短期保険の中でも代名詞と呼ばれるくらい、取り扱っている保険会社の数や種類が増えてきています。それもそのはずで、ペットを飼ったのは良いが、人間よりも環境に敏感で病気になりやすく、またどこでどのような病原菌を感染してくるか予測がつかないため、飼い始めたらこんなに動物病院へ連れて行く機会が多く、また金銭的な負担が大きいということを後々になって知ったというケースが少なくないからです。
今回は、このようなペット保険を取り扱っている少額短期保険の1つ、ガーデン小額短期保険のペット保険について詳しく見ていきたいと思います。

PR

自分で保険選びをしてみると知らない事だらけ?
保険アンケート回答と無料相談で高級ギフトが貰えます★


無料保険相談サービス最大手、保険のビュッフェのアンケートキャンペーンの案内ページはこちら

知ってるようで知らない保険の事、アンケートに回答すると見えてくるかも?

2.ガーデン小額短期保険のペット保険の商品内容は?

では、まずはじめてペット保険の商品内容について見ていきましょう。


ガーデン小額短期保険のペット保険は、大きく分類して3種類、細かく設定して7つのプランから選ぶことができます。
イメージとしては、生命保険会社の医療保険に非常に似ており、保障される内容は「入院」「通院」「手術」となっており、どの範囲までを保障してくれるかによって3種類に分かれており、また保障される金額を実際に発生した費用の何%までを保障してくれるかによって細かく分けられています。
詳しくは下の図をご覧ください。
図1
ガーデン小額短期保険のペット保険は、大きく分けて「プラチナプラン」「ゴールドプラン」「パールプラン」の3種類に分かれています。プラチナプランでは、ペットの通院・入院・手術を保障範囲としているため、このいずれを受けた場合でも給付金を受け取ることができます。対してゴールドプランでは保障範囲は通院のみ、パールプランでは保障範囲は手術のみに限られています。当然ながら、保障の範囲がもっとも広いプラチナプランが保険料がもっとも高く、次いでゴールドプラン、パールプランといった順に保険料は安くなっていきます。
次に、プラチナプラン、ゴールドプランでは、保障される割合を設定することができます。通院・入院・手術にかかった費用のうち、何%までを給付金として受け取るかを設定することができるのです。保障割合は「90%」「70%」「50%」のうちから選択することができ、保障割合が高い方が保険料も高くなっています。パールプランの保障割合は1つのみで、70%を保障してくれます。
3つのプランとそれぞれの保障割合の選択により、全7パターンから選ぶことができるのがガーデン小額短期保険のペット保険となっています。 また、プラチナプラン、ゴールドプランでは、上記の保障以外にも特約として賠償責任特約を付けるかどうか選ぶことができます。例えば飼っているペットが人を傷つけてしまった、物を壊してしまったといった場合に発生する損害賠償金をこの特約を付けることで保障してくれます。保障額はいくらでもというわけではなく、span class=”back_yellow”>この特約で給付金が支払われる条件として、被保険者である飼い主と同居していない他人をケガさせてしまったり、被保険者である飼い主以外の物を壊してしまった場合に限られますので、例えば日常ペットを飼っていて自分の家の物が壊れた、飼い主がケガを負ったという場合は保障の対象外となりますので注意が必要です。

3.ペット保険のメリット・デメリットとは?

これまでご紹介してきましたガーデン小額短期保険のペット保険ですが、商品のメリット・デメリットは何なのでしょうか。次は、ペット保険のメリット・デメリットについて見てみましょう。
まずはじめに、ペット保険のメリットです。

ペット保険のメリット]
・ペットの不測の事態(病気・ケガによる入院、通院、手術)に
 発生する費用に備えることができる
・ペットが起こしてしまった他人への損害賠償に備えることができる

メリットとしては、上記2点が挙げられるかと思います。
ペットは人間でいう赤ちゃんと同じで、いつ何時に何を仕出かすか予想が付きません。成人の大人であれば、判断力を持っていますので、ケガを負いそうな場合には未然に回避することが出来たり、相手に損害を与えてしまいそうな時は正常な判断力で損害を与えない方法をとることができます。しかし、赤ちゃんやペットにはそのような判断力は持っておりません。目の前に映るものがどのようなものなのかを正しく理解せず、またどうなったら相手に迷惑をかけてしまうかを正しく理解していませんので、大人の予想のつかない所で病気を拾ってきたりケガを負ってきたり、また時には相手をケガさせてしまったり物を壊してしまったりするのです。
これらの不測の事態に都度お金がかかると思うと非常に不安で仕方ないですし、いざ高額な賠償金が請求されてしまっては対応もできなくなってしまいます。このような不測の事態に備えることができるというのがペット保険の大きなメリットなのではないでしょうか。
次に、ペット保険のデメリットについてです。

[ペット保険のデメリット]
・金銭的な負担がかかる

ペット保険の最大のデメリットとしては、毎月一定額の費用がかかるということではないでしょうか。
保険として備えている以上、不測の事態が起きた場合でも起きなかった場合でも、毎月一定額の保険料を支払う必要があります。
先ほどご紹介した3つのプランのいずれの場合でも、備えようとした場合には毎月数千円の保険料がかかります。これは生命保険会社でいう医療保険や、損害保険でいう火災保険や自動車保険と同様で、何も起きなければ一切お金が返ってこない、いわゆる掛け捨て型の保険となります。ペットを飼うには食事代や排泄物の処理にかかるお金、定期検診やワクチン接種など、人間の赤ちゃんを育てるのと同じくらい時間もお金もかかります。これらに加えてペット保険で保険料を支払うとなると、ペット1匹飼うのに月々数万円のお金がかかるということになります。


家計には非常に大きな負担となりますので、計画を持ったペット飼育が必要となります。

ペットは一部では家族と同様の扱いを受け、きちんとした食事や医療、また不不測の事態に備えた保障に加入している方もいらっしゃいますが、まだまだペット飼育に関してきちんとした理解やケアをしていないという方も少なくありません。これはペット自体にも不幸ですし、万が一の場合には飼っている飼い主にも不幸となってしまう場合がありますので、きちんとした環境を整えてあげることが今後ますます必要となってくると思います。

加入したい保険が決まっていてもFPサービス利用をオススメする3つのメリット

このページでわからない点があれば教えて下さい、保険牧場のFPが確認後回答致します。






相談方法を選択

来店型 (ショッピングモールや駅近くに店舗を構えているところが多いです。)

お住まいの都道府県を選択


相談したい保険の種類


条件を入力して検索ボタンを押して下さい。

PR

167010
142870


ファイナンシャルプランナーの記事をライター別に見る

HOME » ペット保険 » ガーデン小額短期保険とは?商品内容とメリット・デメリットを解説
※この記事は約3分で読めます。

    Sorry. No data so far.




人気記事

Sorry. No data so far.

相談方法を選択


来店型 (ショッピングモールや駅近くに店舗を構えているところが多いです。)

お住まいの都道府県を選択


相談したい保険の種類


条件を入力して検索ボタンを押して下さい。


最新記事

相談方法を選択


来店型 (ショッピングモールや駅近くに店舗を構えているところが多いです。)

お住まいの都道府県を選択


相談したい保険の種類


条件を入力して検索ボタンを押して下さい。