HOME » 保険会社一覧~や行 » 学資保険 » はじめのかんぽの返戻率、評判は上々?ゆうちょ銀行
※この記事は約3分で読めます。

はじめのかんぽの返戻率、評判は上々?


郵便局の販売する学資保険「はじめのかんぽ」は、根強い人気を持っています。どのような特徴があるのでしょうか。なぜ人気なのでしょうか。今回ははじめのかんぽは本当に魅力的な商品なのか、解説していきます。

はじめのかんぽの4つの特徴

2014年から、郵便局の発売する学資保険である「はじめのかんぽ」が新しくなりました。新しくなったことで、保障内容などがより充実したものになりました。
郵便局の発売する保険は、種類は少なくてもその手軽さや安心感から根強い人気があります。

はじめのかんぽの保障内容、一体どんな内容なの??


はじめのかんぽの保障内容を見てみましょう。はじめのかんぽは、は出産の140日前から12歳までの間のお子様を加入することができます。保険料の支払い方法は通常の「18歳払い込み満了」と、早めに支払いを終わらせる「12歳払い込み満了」の2つのタイプがあります。
12歳払い込み満了の方が、返戻率を高くすることが可能になっています。契約できるのは、学資金50万円〜700万円となっています。学資保険の受け取り方については3つのコースがあり、教育資金をどのような用途で使用するのかによって、自分に合ったコースを選択することができます。

それでは、はじめのかんぽの魅力的な特徴について、それぞれ具体的に見ていきましょう。

はじめのかんぽの特徴①3つのコースから受け取り時期が選択可能

はじめのかんぽでは、学資金の受け取り時期に関して3つのコースが設定されおり、子供の教育資金をどのように準備するのかによって、最適なコースを選択することができます。コースは以下のようになっています。

【大学入学時の学資金準備コース】

1つめは大学入学時の教育資金の準備に特化したコースです。このコースでは、大学受験にかかる諸費用、入学金や授業料など大学の初年度納付金、一人暮らしの準備費用などに備えることができます。
加入後積み立てた学資金は、満期である17歳もしくは18歳時にまとめて受け取ることができます。学資金300万円のプランならば、17歳もしくは18歳時にその300万円が一括で支払われるということです。

かんぽと言えども返戻率も重要。考えてゆきましょう。


このコースでは途中で祝い金をもらわないため、その分返戻率は高くなります。もっともお金のかかる入学時の学資金を学資保険でカバーしたいという方におすすめのプランです。0歳〜12歳のお子様が加入することができます。

【小・中・高・大学入学時の学資金準備コース】
2つめのコースは1つめのものとはまったく逆で、お金のかかる小学校、中学校、高校、大学の入学時のすべてに学資金・祝い金が支払われるものです。
義務教育には基本的にお金がかからず、高校も公立は授業料が無償化されました。しかしだからといってお金がまったくかからないわけではありません。小学校では学習用の様々な備品や体育着、上履き、運動靴、ランドセルなどにお金がかかりますし、中学校ではそれに加えて制服を購入する必要があります。
また塾に通うならばそれにもお金がかかります。高校も公立ならば授業料はかかりませんが、中学同様に制服などの備品や塾の費用がかかるだけでなく、通学費用や食費もかかるでしょう。お金がかかるのは大学だけではないのです。

このコースでは満期学資金を300万円に設定すると、小学校入学時には15万円、中学校入学時には30万円、高校入学時には45万円の学資金を受け取ることができます。大学入学時は300万円が受け取れますので、トータルでは390万円になります。すべての教育費用をカバーすることができるため、このコースも人気です。

しかし家庭によっては小学校〜高校の費用は自分で貯蓄するというところも多いと思います。このコースは他の2つのコースに比べると、大学入学前に学資金が支払われてしまうため返戻率が低くなります。必ずしも学資保険ですべての教育資金を準備する必要はありませんので、どのコースが最適なのかよく検討してから加入しましょう。

大学に入学した後もかかる費用は続きます。入学後の学資金も重要


【大学入学時・在学中の学資金準備コース】
3つめは大学入学時と大学在学中に必要となる学資金を準備するコースです。学資金は入学時から4年生のときまで分割して支払われ、トータルの学資金を300万円に設定すると、1年目から4年目まで4回にわたって75万円の学資金が支払われます。もっともお金がかかるのは大学入学時であることは間違いありませんが、その後も卒業するまで継続してお金がかかります。毎年かかるは授業料や教科書購入費、生活費、交際費などで、これはお子様のアルバイトや仕送りだけでやりくりするのは難しいこともあります。大学生活で必要となるお金を総合的にカバーできるのが、このコースの特徴なのです。

子供の教育費用の不安を解消する保険のプロのFP。
学資保険アンケート回答と無料相談で高級ギフトが貰えます★


無料保険相談サービス最大手、保険のビュッフェのアンケートキャンペーンの案内ページはこちら

知ってるようで知らない学資保険の事、アンケートに回答すると見えてくるかも?

はじめのかんぽの特徴②出産前から加入可能


多くの他の学資保険でも同様ですが、はじめのかんぽでは出産の140日前から加入することができます。子こどもが生まれるとどうしてもいろいろな手続きが必要になり忙しくなります。
しかし学資保険に加入するのは早ければ早いほど、返戻率が高くなります。そのため生まれる前に学資保険加入の手続きを済ませておき、生まれてからバタバタしなくていいようにしておくことができるのです。ただし、加入できるのは主契約(学資保険)の部分のみで、特約は加入できません。

はじめのかんぽの特徴③18歳満期、17歳満期から選択できる

誕生日が早生まれの人は気をつけた方が良いポイントです


多くの種類のある学資保険ですが、学資保険の中には18歳満期でしか学資金が支払われないものも多く存在します。学資金の支払いが18歳しかないものと17歳もあるものとでは、実は大きな違いがあるのです。たとえば1月〜3月の早生まれのお子様は、18歳になるのが大学入学の直前になります。しかし入学金や授業料の支払いも3月までになっています。
そのため18歳になるのが遅いお子様は、18歳満期では入学金・授業料の振り込みに学資金の支払いが間に合わないケースがあるのです。そのようなお子様には、17歳満期が向いています。また受験にかかる費用も学資金でカバーしたいという方にも17歳満期での支払いが向いているでしょう。

はじめのかんぽの特徴④入院特約を付与できる

はじめのかんぽの特徴の4つめは、学資保険の貯蓄という主契約部分に、入院特約を付与することができるというものです。入院特約には以下のような保障があります。

・入院保障:日額4500円
・手術保障:入院中の手術に対して入院給付金の5〜40倍の保険金
・長期入院:120日以上の入院に対して一括で9万円

入院保障の特約は掛け捨てになりますので、付与すればその分返戻率は低くなります。保障されるのは入院と入院中の手術のみですので、本当に病気に対して備えたいという方は別に子供用の医療保険などに加入した方がいいでしょう。特約はこの保障のみほしいという方のみおすすめです。

はじめのかんぽ加入例をシミュレーション

はじめのかんぽの加入例を実際にシミュレーションしてみましょう


それでは最後にはじめのかんぽに実際に加入した場合、どのような契約になるか見てみましょう。

【被保険者】0歳
【契約者】35歳男性
【保険料払込期間】12歳払い済み
【学資金支払い年齢】18歳
【満期学資金】300万円
 

上記の条件で「小・中・高・大学入学コース」を選択した場合、支払われる学資金はトータルで390万円、毎月の保険料は「2万5290円」となります。返戻率は107%になります。この契約では12歳払い済みにすることで返戻率が高くなりました。学資保険として見れば一般的か高めの返戻率と言えるでしょう。

返戻率だけで見ればはじめのかんぽよりも有利な学資保険は存在します。しかしプランの多様さや満期金の支払い年齢、保険料払込期間の選択肢の多さなどをトータルで見ると、はじめのかんぽは非常に魅力的な商品と言えます。郵便局で手軽に加入することができますので、学資保険で悩んでいる方はぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

返戻率で学資保険を選ぶなら、↓で紹介している学資保険ランキングもおすすめ


一番簡単な学資保険解説マンガ!やさしいえらびかた

このページでわからない点があれば教えて下さい、保険牧場のFPが確認後回答致します。
1. ハンドルネームを入力してください。
2. メールアドレスを入力してください。
3. お住まいのエリアを選択してください。
4. このページ内容でわからない点、
質問などを入力して下さい。

相談方法を選択

来店型 (ショッピングモールや駅近くに店舗を構えているところが多いです。)

お住まいの都道府県を選択


相談したい保険の種類


条件を入力して検索ボタンを押して下さい。

PR


ファイナンシャルプランナーの記事をライター別に見る

あわせて読みたい人気記事
保険のビュッフェの無料相談が口コミで人気?FPが分析!

保険のビュッフェの無料相談が口コミで人気?FPが分析!

医療保険や生命保険、がん保険、学資保険、個人年金などなどあらゆるジャンルの保険の相談ができる保険のビュッフェが...

第一生命の個人年金保険の内容と他社との貯蓄率比較について

第一生命の個人年金保険の内容と他社との貯蓄率比較について

第一生命の個人年金保険の内容と他社との貯蓄率比較について 第一生命の個人年金を含め、複数の保険会社から一番お得な保険...
81,015 views

第一生命保険の評判をFPが分析!ブライトWay、メディカルエール、しあわせ物語、どれが人気?

第一生命保険の評判をFPが分析!ブライトWay、メディカルエール、しあわせ物語、どれが人気?

第一生命の保険商品に詳しく、第一生命と他者を緻密に比較するなら保険マンモスがオススメ。 保険マンモス相談予約...
49,339 views

チューリッヒのがん保険、終身ガン治療保険プレミアムの評判

チューリッヒのがん保険、終身ガン治療保険プレミアムの評判

チューリッヒのがん保険、終身ガン治療保険プレミアムの評判 がん保険の中でも人気なのがチューリッヒの「終身ガン治療保険プレミア...
19,597 views

順風ライフの特約内容や解約返戻金をFPが解説!口コミでは人気?

順風ライフの特約内容や解約返戻金をFPが解説!口コミでは人気?

順風ライフの特約内容や解約返戻金をFPが解説!口コミでは人気? 第一生命保険株式会社の「順風ライフ」。発売当初に、ゴルフプレイヤーの石川遼選...
8,215 views

第一生命は解約時にしつこい?タイミングや相談窓口など紹介

第一生命は解約時にしつこい?タイミングや相談窓口など紹介

第一生命は解約時にしつこい?タイミングや相談窓口など紹介 1902年に日本初めての相互保険会社として創立した第一生命。2010年4月に株式会...
7,939 views

太陽生命が取り扱う保険商品、どんなものが人気?口コミと評判

太陽生命が取り扱う保険商品、どんなものが人気?口コミと評判

太陽生命が取り扱う保険商品、どんなものが人気?口コミと評判 今回は太陽生命の商品について紹介していきます。どんな商品が皆さん...
7,932 views

第一生命学資保険をシミュレーション、評判のポイント、メリットデメリット

第一生命学資保険をシミュレーション、評判のポイント、メリットデメリット

第一生命学資保険をシミュレーション、評判のポイント、メリットデメリット なぜ、学資保険が必要? 最初に、学資保険がなぜ...
7,188 views

第一生命終身保険の解約返戻金、解約タイミングなどをFPが解説

第一生命終身保険の解約返戻金、解約タイミングなどをFPが解説

第一生命終身保険の解約返戻金、解約タイミングなどをFPが解説 国内大手の第一生命が手掛ける終身保険について。第一生命の終身保険は、4つの商品...
5,799 views

第一フロンティア生命のプレミアレシーブは円建?豪ドル?評判や口コミをFPが分析!

第一フロンティア生命のプレミアレシーブは円建?豪ドル?評判や口コミをFPが分析!

第一フロンティア生命のプレミアレシーブは円建?豪ドル?評判や口コミをFPが分析! 資産運用をしたいけど、株や投資信託は不安、でも馴染みのある...
5,635 views

東京海上あんしん生命のがん保険、がん治療支援NEOとがん診断保険R

東京海上あんしん生命のがん保険、がん治療支援NEOとがん診断保険R

東京海上あんしん生命のがん保険、がん治療支援NEOとがん診断保険R 東京海上日動あんしん生命には2つのがん保険があります。がん治療支援NEO...
3,264 views


人気記事 人気記事
新着記事 新着記事



相談方法を選択


来店型 (ショッピングモールや駅近くに店舗を構えているところが多いです。)

お住まいの都道府県を選択


相談したい保険の種類


条件を入力して検索ボタンを押して下さい。


あなたにピッタリの保険相談窓口を探そう!