HOME » 個人年金 » 変額個人年金保険とは?ランキングを見る前に概要を知ろう
※この記事は約3分で読めます。

変額個人年金保険とは?ランキングを見る前に概要を知ろう

変額個人年金保険とは一体どういったものだろう??


個人年金保険の種類と変額個人年金保険
個人年金保険とは、60歳や65歳など、自分が定年を迎える年齢に合わせてそれまで毎月・毎年、一定の金額を積み立て続け、契約時に設定した年金受取の開始時期を迎えると同時に積み立てが終了し、それから5年間や10年間の期間、毎年年金が受け取れるという内容の保険である。「保険」という名前は付いているものの、商品の内容としては、積み立てたお金を増やして戻すという単純な資産運用目的となっており、保険特有の「保障」といったものは一切付いていない。

積立期間中に亡くなった場合はそれまで積み立てたお金が返金されるだけであり、また積み立て期間中に病気やケガで入院しても何もお金を受け取れるというものはない。
この個人年金保険であるが、一括りに言っても実はいくつか種類がある。
個人年金保険の種類について、以下の図にまとめたので見て頂きたい

個人年金保険の種類

変額個人年金保険と定額個人年金保険の違い

まず初めに、個人年金保険は受け取れる年金の金額が決まっている「定額個人年金保険」と積み立て期間中の運用実績に応じて受け取れる年金の金額が変動する「変額個人年金保険」の2種類に大別できる。
その中でも、定額個人年金保険には「確定年金」「有期年金」「終身年金」に分かれ、内容の違いは年金を受け取れる期間が被保険者の生死によって変わり、被保険者が亡くなっても受け取れるタイプや被保険者が亡くなった時点で終了するタイプに別れる。

同様に変額個人年金においても「有期年金」「終身年金」に分かれ、被保険者の生死によって年金の受け取りが変わる。また、変額個人年金保険は、積立期間中、「日本株」や「日本債券」、「海外株」や「海外債券」などいくつかの運用先があり、その運用先・運用比率を自分自身で定め、その運用実績に応じて受け取れる年金額が変わるといった特徴を持っている。運用実績が悪い場合は元本割れ(積み立てた金額よりも受け取れる年金額が少ない状態)を起こすリスクはあるが、運用実績が良かった場合は大きな利益が上乗せされて年金を受け取ることが出来るというメリットもある。

変額個人年金では元本割れの可能性がある事を知っておくべき


定額個人年金保険と変額個人年金保険の違いは?
これまで、定額個人年金保険の種類と変額個人年金保険の種類、それぞれの内容について、商品としての違いという点で見てきたが、他に違う点は何なのかについて見ていこう。
定額個人年金保険と変額個人年金保険は、商品としての違いだけでなく、以下のような違いもあるので知っておいて頂きたい。

定額個人年金保険と変額個人年金保険の違い

年金不安の現代、確実な備えはできていますか?
個人年金アンケート回答と無料相談で高級ギフトが貰えます★


無料保険相談サービス最大手、保険のビュッフェのアンケートキャンペーンの案内ページはこちら

知ってるようで知らない個人年金の事、アンケートに回答すると見えてくるかも?

変額個人年金保険における年金受取金額の特徴

まず初めに、年金受取金額の違いである。これは前述でも説明した通り、変額個人年金保険は運用実績に応じて受け取れる年金額が変動するため、受け取れる年金額があらかじめ決まっている定額個人年金保険と異なる。
次に、年金を受取る時にかかる税金だが、それぞれ所得税の中でも「雑所得」という扱いになる。雑所得は、「(受け取れる年金額)−(積み立てた金額)×20%」という税率がかかる。つまり、利益分に対して20%は税金として引かれてしまうということである。

続いて、生命保険料控除についてだが、ここで定額個人年金保険と変額個人年金保険とで大きく異なる。
まず初めに、生命保険料控除について解説すると、生命保険料控除は「一般生命保険料控除」「介護医療保険料控除」「個人年金保険料控除」の3つの控除があり、それぞれにおいて所得税・住民税の優遇を受けることができる。

一般生命保険料控除とは、被保険者が亡くなった場合に受け取れる生命保険に加入した場合に支払う保険料に対して受けられる控除である。
介護医療保険料控除とは、被保険者が病気やケガで入院した場合に給付金が受け取れる医療保険や、がんになった時に一時金や入院給付金が受け取れるがん保険に加入した場合に支払う保険料に対して受けられる控除である。

変額個人年金保険のみならず、個人年金での生命保険料控除は望めないと思って良いです


個人年金保険料控除とはその名の通り、個人年金保険に加入した場合に支払う保険料に対して受けられる控除である。
この3つの控除をバランス良く利用する形で生命保険に加入すれば、所得税・住民税の優遇を最大限に活用することができるが、ここで定額個人年金保険と変額個人年金保険とでは生命保険料控除の中で分類される種類が異なるので注意が必要である。定額個人年金保険は個人年金保険料控除として生命保険料控除を利用できるが、変額個人年金保険は一般生命保険料控除として生命保険料控除が扱われるのである。つまり、変額個人年金保険以外に通常の生命保険にも加入していた場合、一般生命保険料控除の枠を最大限使いきっている場合が発生し、所得税・住民税の優遇を上手に活用できなくなるという事が発生するのである。

変額個人年金保険における積立方法の特徴

最後に積立方法の違いについて見てみると、定額個人年金保険は現在、月払・半年払・年払による積立方法による商品がほとんどであるが、変額個人年金保険は、月払・半年払・年払の他に一時払を扱っている商品もある。特に、銀行などで販売されている変額保険のほとんどは、一時払しかできないタイプとなっている事が多い。これは、定年退職金を活用して資産運用を勧めるために一時払に特化したものを扱っているとも言える。

このように、定額個人年金保険と変額個人年金保険とでは商品としての違いだけでなく、所得税や住民税の優遇を受けるための生命保険料控除の扱いが大きく違う点に注意する必要がある。生命保険料控除は、所得税では年間の保険料が8万円以上、住民税では年間の保険料が56,000円以上になると控除される金額が上限となってしまう。年間8万円という事は、毎月の保険料が6,666円なので、毎月6,666円以内で生命保険と変額個人年金保険の両方に加入しているという方はほとんどいないと思われる。そのため、実質、変額個人年金保険は生命保険料控除の優遇を受けられないと考えた方が良さそうである。

変額個人年金保険のメリットとは?

これまで、定額個人年金保険と変額個人年金保険との違いについて述べてきたが、とは言え筆者自身は変額個人年金保険は非常に良い商品であると思っている。その理由となる、変額個人年金保険のメリットについて最後述べたいと思う。
変額個人年金保険の最大のメリットは、「インフレに対応している」という点である。定額個人年金保険の場合、受け取れる年金額は決まっているが、そもそも個人年金保険の年金を受け取れるのが20年後、30年後とかなり先の将来である。20年後、30年後に約20万円ほどプラスになって受け取ることが出来るとしても、そもそも20年後、30年後の貨幣価値が今よりも下がっていれば、プラスとなっている約20万円の価値というのは現在の価値よりも下がってしまうという事になってしまう。例えば今よりも20年前、30年前を思い返して頂きたいが、飲料などジュースの値段、雑誌など本の値段、食べ物の値段が今よりも安かった記憶はないだろうか。筆者はタバコを吸うが、タバコに関しては吸い始めた当初と今とでは倍近いほど値段が上がっている。

インフレリスクに対応しているという事が変額個人年金保険における最大のメリットといえます


このように、これからの20年後、30年後においても今よりも物価が上がっている可能性が非常に高いのである。その時に、今と同じ感覚でプラス分の勘定を行ってしまうと、いざ年金を受け取る時の物価と見合っていない事が起きてしまうのである。
これに対して変額個人年金保険の場合、運用先を「日本株」「日本債券」「海外株」「海外債券」など指定する事ができ、この運用によってインフレに連動した資産運用が可能となる。例えば、物価と日経平均株価は連動している点が非常に多いため、物価が上昇傾向にある場合は日本株を集中的に資産配分し、また日経平均が下落傾向にある場合は逆に日本債券が上昇傾向となるため、日本債券を集中的に資産配分することで、インフレに応じて資産を増やすことが出来るというメリットがあるので変額個人年金保険のメリットなのである。

このページでわからない点があれば教えて下さい、保険牧場のFPが確認後回答致します。
1. ハンドルネームを入力してください。
2. メールアドレスを入力してください。
3. お住まいのエリアを選択してください。
4. このページ内容でわからない点、
質問などを入力して下さい。

相談方法を選択

来店型 (ショッピングモールや駅近くに店舗を構えているところが多いです。)

お住まいの都道府県を選択


相談したい保険の種類


条件を入力して検索ボタンを押して下さい。

PR


ファイナンシャルプランナーの記事をライター別に見る

あわせて読みたい人気記事
保険のビュッフェの無料相談が口コミで人気?FPが分析!

保険のビュッフェの無料相談が口コミで人気?FPが分析!

医療保険や生命保険、がん保険、学資保険、個人年金などなどあらゆるジャンルの保険の相談ができる保険のビュッフェが...

第一生命の個人年金保険の内容と他社との貯蓄率比較について

第一生命の個人年金保険の内容と他社との貯蓄率比較について

第一生命の個人年金保険の内容と他社との貯蓄率比較について 第一生命の個人年金を含め、複数の保険会社から一番お得な保険...
81,027 views

第一生命保険の評判をFPが分析!ブライトWay、メディカルエール、しあわせ物語、どれが人気?

第一生命保険の評判をFPが分析!ブライトWay、メディカルエール、しあわせ物語、どれが人気?

第一生命の保険商品に詳しく、第一生命と他者を緻密に比較するなら保険マンモスがオススメ。 保険マンモス相談予約...
49,344 views

チューリッヒのがん保険、終身ガン治療保険プレミアムの評判

チューリッヒのがん保険、終身ガン治療保険プレミアムの評判

チューリッヒのがん保険、終身ガン治療保険プレミアムの評判 がん保険の中でも人気なのがチューリッヒの「終身ガン治療保険プレミア...
19,598 views

順風ライフの特約内容や解約返戻金をFPが解説!口コミでは人気?

順風ライフの特約内容や解約返戻金をFPが解説!口コミでは人気?

順風ライフの特約内容や解約返戻金をFPが解説!口コミでは人気? 第一生命保険株式会社の「順風ライフ」。発売当初に、ゴルフプレイヤーの石川遼選...
8,221 views

第一生命は解約時にしつこい?タイミングや相談窓口など紹介

第一生命は解約時にしつこい?タイミングや相談窓口など紹介

第一生命は解約時にしつこい?タイミングや相談窓口など紹介 1902年に日本初めての相互保険会社として創立した第一生命。2010年4月に株式会...
7,947 views

太陽生命が取り扱う保険商品、どんなものが人気?口コミと評判

太陽生命が取り扱う保険商品、どんなものが人気?口コミと評判

太陽生命が取り扱う保険商品、どんなものが人気?口コミと評判 今回は太陽生命の商品について紹介していきます。どんな商品が皆さん...
7,936 views

第一生命学資保険をシミュレーション、評判のポイント、メリットデメリット

第一生命学資保険をシミュレーション、評判のポイント、メリットデメリット

第一生命学資保険をシミュレーション、評判のポイント、メリットデメリット なぜ、学資保険が必要? 最初に、学資保険がなぜ...
7,189 views

第一生命終身保険の解約返戻金、解約タイミングなどをFPが解説

第一生命終身保険の解約返戻金、解約タイミングなどをFPが解説

第一生命終身保険の解約返戻金、解約タイミングなどをFPが解説 国内大手の第一生命が手掛ける終身保険について。第一生命の終身保険は、4つの商品...
5,808 views

第一フロンティア生命のプレミアレシーブは円建?豪ドル?評判や口コミをFPが分析!

第一フロンティア生命のプレミアレシーブは円建?豪ドル?評判や口コミをFPが分析!

第一フロンティア生命のプレミアレシーブは円建?豪ドル?評判や口コミをFPが分析! 資産運用をしたいけど、株や投資信託は不安、でも馴染みのある...
5,638 views

東京海上あんしん生命のがん保険、がん治療支援NEOとがん診断保険R

東京海上あんしん生命のがん保険、がん治療支援NEOとがん診断保険R

東京海上あんしん生命のがん保険、がん治療支援NEOとがん診断保険R 東京海上日動あんしん生命には2つのがん保険があります。がん治療支援NEO...
3,265 views


人気記事 人気記事
新着記事 新着記事



相談方法を選択


来店型 (ショッピングモールや駅近くに店舗を構えているところが多いです。)

お住まいの都道府県を選択


相談したい保険の種類


条件を入力して検索ボタンを押して下さい。


あなたにピッタリの保険相談窓口を探そう!