HOME » 保険会社一覧~な行 » 日本生命保険の「生きるチカラ」解約時の返礼金など商品内容と評判は?
※この記事は約4分で読めます。

日本生命保険の「生きるチカラ」解約時の返礼金など商品内容と評判は?

日本生命の主力商品!
みらいのカタチを検証!

1.日本でもっとも契約数の多い日本生命とは?

生保レディを生んだ日本生命の代表商品!!


皆さんは生命保険会社と言えばどこが挙げられますか?おそらく、もっとも多い回答は「日本生命」でしょう。それもそのはず、日本生命は現在、日本でもっとも契約数が多い生命保険会社で、名実ともに日本で一番の生命保険会社です。一時は第2位の第一生命に負けた時期もありましたが、数年後にはやはり日本生命が第1位を奪還しました。今は郵政が民営化したため、かんぽ生命が業界第1位となっており、日本生命は第2位に落ち着いています。

2016年時点で新規契約件数463万件、保有契約では2,664万件もあります。
日本生命は1,889年に創立してから約130年の歴史
があります。日本生命のこの長い歴史の中で、ここまで大きく業績を伸ばした理由の一つに、「生保レディ」と呼ばれる女性による保険販売員による営業開拓を行ってきたというものがあります。生保レディとは、戦争などで一家の大黒柱である夫を亡くした未亡人の奥様方が、家族を養うために生命保険販売の職に就いた方々の総称です。生保レディ達が明日を生き抜くために販売してきた歴史があり、現在の業界第2位の地位が築き上げられたのです。

その生保レディ達が主力で販売していた保険商品に、「生きるチカラ」と呼ばれる生命保険があります。皆さまも一度はテレビCMなどでこの商品名を聞いたことがあるのではないでしょうか。日本生命と言えば生きるチカラというほど、これまでの生命保険業界の歴史の中でこれほど販売された商品はないのではないかというくらい、日本生命の代表格の商品です。今回はこの「生きるチカラ」という商品について見ていきたいと思います。

自分で保険選びをしてみると知らない事だらけ?
保険アンケート回答と無料相談で高級ギフトが貰えます★


無料保険相談サービス最大手、保険のビュッフェのアンケートキャンペーンの案内ページはこちら

知ってるようで知らない保険の事、アンケートに回答すると見えてくるかも?

2.「生きるチカラ」の商品内容とは?

生きるチカラはもうない?みらいのカタチにチェンジ!


残念ながら、現在は「生きるチカラ」という商品名では販売されておらず、現在の商品名は「みらいのカタチ」というものとなります。 生きるチカラという商品の正式名称は「定期付終身保険」というものとなります。また別名で「アカウント型保険」とも呼ばれています。 定期付終身保険とは、商品の主軸となる部分は終身保険となっており、オプション契約である特約に様々な定期保険が付いているものとなります。 分かりづらいと思いますので、まずは商品内容を図にしてご紹介したいと思います。



終身保険とは、万が一亡くなった場合に遺された家族に死亡保険金が受け取れる死亡保険の一つです。「終身」というのは、保障期間の定めがなく、一生涯を保障してくれるというものです。
この終身保険の上に定期保険がありますが、定期保険も終身保険と同様に、万が一亡くなった場合に遺された家族に死亡保険金が受け取れる死亡保険の一つです。「定期」というのは、保障期間が決められており、保障期間が過ぎると、「更新」を行わなければ保険の効力は消滅してしまいます。保障期間は10年間と決められていることが多く、また更新する際は、新たに定期保険を組み直しますので、これまでよりも保険料は上がってしまいます。例えば、40歳から50歳までの10年間よりも50歳から60歳までの10年間の方が死亡する確率が高くなるため、保険料もその確率に合わせて上がってしまうのです。
最近では、この定期保険の保障の内容を「万が一亡くなった場合」だけでなく、「万が一病気やケガで入院した場合」「万が一ガンを患ってしまった場合」など、様々な保障を提供しており、この日本生命の生きるチカラも、特約として付いている定期保険部分には、死亡保障だけでなく、入院の保障、ガンの保障など様々な保障が付けられています

また、終身保険の部分には「解約返戻金」と呼ばれる、解約した際に戻ってくるお金が積み立てられます。この部分が「アカウント型」と呼ばれている由縁であり、生命保険会社運用のもと、一定の割合で年々解約返戻金の金額が上がっていきます。
これまでご紹介した日本生命の定期付終身保険「生きるチカラ」の保障内容の特徴をまとめると以下のようになります。

主契約は終身保険となっており、死亡保障を一生涯持つことができる
終身保険は生命保険会社運用のもと、一定割合で解約した時に戻ってくるお金が年々増えていく
特約として定期保険が付いており、定期保険の保障期間は一般的に10年間
定期保険は保障期間が過ぎると更新する事で契約を継続できるが保険料は上がる
定期保険の中には死亡保障だけでなく、入院の保障、ガンの保障など様々な保障が付いている
定期保険は80歳まで契約・更新可能

このような特徴を持つ日本生命の定期付終身保険「生きるチカラ」ですが、次はそのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

3.「生きるチカラ」のメリット・デメリットは?評判について

解約したときの解約返礼金はほとんどない?詳しく知りたい!


デメリットが多い?!
アカウント型保険なの???

では、「生きるチカラ」のメリットについて見ていきましょう。
[メリット]
若い間は高額な保障を比較的安い保険料で持つことができる

[デメリット]
定期保険の更新の都度、保険料が上がる
高齢になるほど必要となる保障(入院の保障、ガンの保障など)が80歳以降加入できなくなる
終身保険部分は定期保険と比べて割合が少ないため、解約した時の解約返戻金はほとんどない

それぞれについて詳しく解説していきます。
まず、メリットに挙げられている「若い間は高額な保障を比較的安い保険料で持つことができる」ですが、日本生命の生きるチカラは終身保険の部分、定期保険の部分を合わせると、死亡保険金の保障額が非常に高額となります。毎月の保険料15,000円ほどで、3,000万から4,000万円ほどの死亡保障を持つことができます。また、死亡保障だけでなく、入院した時の保障やガンの保障など様々な保障が入って月15,000円ほどであれば、比較的安いと感じるかもしれません。
対して、デメリットとして挙げられていることの方が多いです。
一つ目にある「定期保険の更新の都度、保険料が上がる」ですが、定期保険の特性上、更新を迎える度にその年齢で定期保険を入り直すことと同じですので、保険料は更新の都度上がっていきます。30歳代の頃は毎月の保険料が数千円だったのに、40歳代で更新する時には保険料が1万円を超え、50歳、60歳で更新をすると保険料は2万円、3万円と大きく値上がりします。最終的には保険料が5万円を超えるという場合も少なくありません。しかし、定期保険は「掛け捨て保険」とも呼ばれており、途中で解約したり保障期間が満了したとしても、戻ってくるお金はありません。何も返ってこないものに月に数万円の保険料を払うことになります。
次に、デメリットの2つ目に挙げられている「高齢になるほど必要となる保障(入院の保障、ガンの保障など)が80歳以降加入できなくなる」ですが、これは非常に大きなデメリットになると思います。

一般的に、病気などは自分がいつ患うかは誰にも分かりません。しかし、一つ分かるのは、若い時よりも高齢の時の方が病気を患う確率は高いというです。では、このような病気で入院したときの保障やガンを患った時の保障は80歳まで持っていてれば安心でしょうか。80歳以降も生きた場合、80歳以降に入院したりガンを患っても、この保険は消滅していますので、使う事ができません。むしろ、このような病気の保障こそ一生涯持つべきではないでしょうか。80歳でこの保障が無くなってしまい、80歳から他の保険に加入しようと思っても高齢になっているため、加入する事がほぼ出来ません
最後のデメリットである「終身保険は定期保険と比べて割合が少ないため、解約したときの解約返礼金はほとんどない」ですが、この生きるチカラは、一生涯加入した場合に支払う保険料の総額は1,000万円以上と言われています。1,000万円以上の保険料のうち、終身保険に支払っている保険料はごく僅かなため、仮に80歳頃に解約した場合でも、解約返礼金として戻ってくるお金は100万円もありません。非常に高額な保険料を支払っていたにも関わらず、辞めた場合に返ってくるお金はごく僅かなのです。
このような特徴をしっかりと知った上で、生命保険を選ぶようにしましょう。

日本生命は現在、日本でもっとも契約数が多い生命保険会社で、名実ともに日本で一番の生命保険会社です。「生きるチカラ」という商品名では販売されておらず、現在の商品名は「みらいのカタチ」というものとなります。若い間は高額な保障を比較的安い保険料で持つことができますが、デメリットが多い保険になります

 

加入したい保険が決まっていてもFPサービス利用をオススメする3つのメリット

このページでわからない点があれば教えて下さい、保険牧場のFPが確認後回答致します。
1. ハンドルネームを入力してください。
2. メールアドレスを入力してください。
3. お住まいのエリアを選択してください。
4. このページ内容でわからない点、
質問などを入力して下さい。

相談方法を選択

来店型 (ショッピングモールや駅近くに店舗を構えているところが多いです。)

お住まいの都道府県を選択


相談したい保険の種類


条件を入力して検索ボタンを押して下さい。

PR


ファイナンシャルプランナーの記事をライター別に見る

あわせて読みたい人気記事
保険のビュッフェの無料相談が口コミで人気?FPが分析!

保険のビュッフェの無料相談が口コミで人気?FPが分析!

医療保険や生命保険、がん保険、学資保険、個人年金などなどあらゆるジャンルの保険の相談ができる保険のビュッフェが...

第一生命の個人年金保険の内容と他社との貯蓄率比較について

第一生命の個人年金保険の内容と他社との貯蓄率比較について

第一生命の個人年金保険の内容と他社との貯蓄率比較について 第一生命の個人年金を含め、複数の保険会社から一番お得な保険...
81,014 views

第一生命保険の評判をFPが分析!ブライトWay、メディカルエール、しあわせ物語、どれが人気?

第一生命保険の評判をFPが分析!ブライトWay、メディカルエール、しあわせ物語、どれが人気?

第一生命の保険商品に詳しく、第一生命と他者を緻密に比較するなら保険マンモスがオススメ。 保険マンモス相談予約...
49,339 views

チューリッヒのがん保険、終身ガン治療保険プレミアムの評判

チューリッヒのがん保険、終身ガン治療保険プレミアムの評判

チューリッヒのがん保険、終身ガン治療保険プレミアムの評判 がん保険の中でも人気なのがチューリッヒの「終身ガン治療保険プレミア...
19,597 views

順風ライフの特約内容や解約返戻金をFPが解説!口コミでは人気?

順風ライフの特約内容や解約返戻金をFPが解説!口コミでは人気?

順風ライフの特約内容や解約返戻金をFPが解説!口コミでは人気? 第一生命保険株式会社の「順風ライフ」。発売当初に、ゴルフプレイヤーの石川遼選...
8,215 views

第一生命は解約時にしつこい?タイミングや相談窓口など紹介

第一生命は解約時にしつこい?タイミングや相談窓口など紹介

第一生命は解約時にしつこい?タイミングや相談窓口など紹介 1902年に日本初めての相互保険会社として創立した第一生命。2010年4月に株式会...
7,939 views

太陽生命が取り扱う保険商品、どんなものが人気?口コミと評判

太陽生命が取り扱う保険商品、どんなものが人気?口コミと評判

太陽生命が取り扱う保険商品、どんなものが人気?口コミと評判 今回は太陽生命の商品について紹介していきます。どんな商品が皆さん...
7,932 views

第一生命学資保険をシミュレーション、評判のポイント、メリットデメリット

第一生命学資保険をシミュレーション、評判のポイント、メリットデメリット

第一生命学資保険をシミュレーション、評判のポイント、メリットデメリット なぜ、学資保険が必要? 最初に、学資保険がなぜ...
7,188 views

第一生命終身保険の解約返戻金、解約タイミングなどをFPが解説

第一生命終身保険の解約返戻金、解約タイミングなどをFPが解説

第一生命終身保険の解約返戻金、解約タイミングなどをFPが解説 国内大手の第一生命が手掛ける終身保険について。第一生命の終身保険は、4つの商品...
5,799 views

第一フロンティア生命のプレミアレシーブは円建?豪ドル?評判や口コミをFPが分析!

第一フロンティア生命のプレミアレシーブは円建?豪ドル?評判や口コミをFPが分析!

第一フロンティア生命のプレミアレシーブは円建?豪ドル?評判や口コミをFPが分析! 資産運用をしたいけど、株や投資信託は不安、でも馴染みのある...
5,635 views

東京海上あんしん生命のがん保険、がん治療支援NEOとがん診断保険R

東京海上あんしん生命のがん保険、がん治療支援NEOとがん診断保険R

東京海上あんしん生命のがん保険、がん治療支援NEOとがん診断保険R 東京海上日動あんしん生命には2つのがん保険があります。がん治療支援NEO...
3,264 views


人気記事 人気記事



相談方法を選択


来店型 (ショッピングモールや駅近くに店舗を構えているところが多いです。)

お住まいの都道府県を選択


相談したい保険の種類


条件を入力して検索ボタンを押して下さい。


あなたにピッタリの保険相談窓口を探そう!