56363
52730
HOME»住宅ローンの商品レビュー » 借り入れ属性別 » 返済方法について » 30代住宅ローンの平均と完済するための考え方とは?FPが解説!
※この記事は約3分で読めます。

30代住宅ローンの平均と完済するための考え方とは?FPが解説!

30代住宅ローンの平均と完済するための考え方とは?FPが解説!
突然ですが、「30代住宅ローンの平均」といったフレーズから皆さまは何をイメージされますか?
たとえば、借入金額、返済金額、金利、返済期間など、様々な項目がありますが、住宅購入の際にほとんどの方が利用する住宅ローンにおいて「このような平均を知ることは全く無意味」です。
なぜならば、自分たちの理想のマイホームというものは、周りの平均値で図るべきものではないからです。本当に重要なことは、住宅ローンを完済するまでに大きな負担がかからない計画を立てるほか、余裕を持った返済と毎日の生活を豊かに過ごしていくことなのではないでしょうか?
とはいえ、どうしても住宅ローンの平均値が気になる方もおられることを踏まえまして本記事では、「フラット35利用者調査 2015年度」を下に個別に重要な考え方について専門家FPが解説していきます。

1.30代住宅ローンの申し込み状況と完済を考える

個人差はあるものの、30代は結婚して何人かの子どもを育てている最中である世帯が多いと予測でき、さらに収入も安定してくる世代であることが伺えます。


以下は、2015年度(平成27年)にフラット35を利用して住宅ローンを組んだ年代と住宅の種類を表したものになりますが、全体的に見て30代が最も多い結果となっていることが分かります。

図1
出典 住宅金融支援機構 2015年度 フラット35利用者調査より

これは、住宅ローンを組む年代としてはちょうど良い適齢と考えることもできますが、何よりも「住宅ローンの完済」を考えた時に負担が大き過ぎることが無くなる年代と考えることもできます。
たとえば、通常、住宅ローンにおける返済期間の最長期間は「35年」ですが、「定年退職」や「年金支給開始年齢」といったライフイベントや収入の安定具合が正にマッチングしている世代が30代であり、このような理由から住宅ローンの申し込みをする「適齢」と考えることができると思われます。

図2
出典 住宅金融支援機構 2015年度 フラット35利用者調査より

上記グラフは、フラット35を利用した年代別の推移を表したものになります。
2015年度は、平均年齢が「39.8歳」となっていることが確認できるほか、30代が最も多い世代であることが分かります。
フラット35は、完済までの金利がずっと変わらない固定金利である特徴がありますが、住宅ローンを返済しながら将来かかる子どもにかかる教育資金や自分たちの老後資金を確保しなければならない世代でもあることから、安定かつ確実に住宅ローンが減少するフラット35を選びたいと感じる30代も多いと考えることもできるでしょう。

なんとなく選んだ住宅ローンで損をしていませんか?
支払い総額では数百万の差が出ます。金利が安い銀行を比較しましょう↓

見直しで残債が480万円も減額?プロが客観的にあなたの住宅ローンを無料で診断!


ネット銀行住宅ローンで金利が一番低いのがどこ?人気の3社を比較!
ネット銀行住宅ローンの低金利3社を比較したページはコチラ

2.世代に関係なく住宅ローンで大切なこと「返済可能額」

住宅ローンの借入を考える上で30代が適齢とお伝えしましたが、世代に関係なく住宅ローンで大切なことは、「毎月いくらなら余裕を持って住宅ローンを返していくことができるのか?」といった「返済可能額」を把握するところにあります。


似たようなものに「借入可能額」といったものがありますが、年収をベースとしていくらまでならば住宅ローンを借りることができるのか?といった目安を知ることは大変危険です。
金融機関や不動産業者のように住宅ローンを融資する側、住宅を販売する側からすると借入可能額は「都合の良い数字」である一方、私たち住宅ローンの融資を受ける側、住宅購入する側からすると「住宅ローンの返済が滞ってしまう要因になり兼ねない数字」となります。
おそらく、住宅ローンの申し込みをする方々は、世代に関係なく「余裕を持った住宅ローンの返済と完済」を求めているはずです。
必ず「返済可能額」を中心とした住宅ローンの返済計画を立てるように心掛けるようにして下さい。

3.30代の平均年収とフラット35の利用を比べて考える

世代に関係なく幅広く対応されやすい見方も少なからずできそうです。


国税庁が公開している「平成27年度民間給与実態統計調査」によると、会社員や公務員といった給料の支給を受けている方の平均給与年収は「30歳から34歳の男性で451万円、女性で397万円」「35歳から39歳までの男性で510万円、女性で432万円」という結果になっています。
図3
出典 国税庁 平成27年度民間給与実態統計調査より

これらの統計を踏まえまして、以下、フラット35を申し込む世帯合算の統計を見ていきます。
図4
出典 住宅金融支援機構 2015年度 フラット35利用者調査より

年収が400万円から599万円(水色部分)の割合が最も高いことが確認でき、国税庁が公開している30代の平均給与年収と金額が近いことが確認できます。
フラット35は、民間の金融機関が融資する住宅ローンよりも審査に通りやすい特徴があり、年収が低くても融資が受けやすい住宅ローンです。
全体的な割合が低くなってきているとはいえ、年収399万円以下でも約2割がフラット35で住宅ローンの融資を受けられていることが確認でき、こちらは世代に関係なく幅広く対応されやすい見方も少なからずできそうです。

4.30代からの住宅ローンと完済するための「返済期間」の考え方

住宅ローンの返済期間を検討するにあたり、あらかじめ細心の注意を払っておかなければならないことがあります。


それは、「住宅ローンの返済期間は原則として延ばすことはできない」といったことです。
たとえば、住宅ローンの申し込みにあたり返済期間を30年で申し込んでいたものを返済途中で5年延長して35年にすることはできないといった意味になります。
仮に突然の病気やリストラなどで住宅ローンの返済が苦しくなった場合は、融資を申し込んだ金融機関などに相談することにより一定の措置(リスケジュールと言います)が取られることがありますが、信用問題に傷が付いてしまうことから、後のローンの申し込みに大きな弊害が生じてしまう可能性が極めて高くなります。
そのため、このようなことをあらかじめ防止する意味でも「返済期間」はできる限り長くしておくことをおすすめします。
一般に返済期間を長くするということは、元金と支払利息を合わせた総返済金額が多くなってしまうため、一見、私たち債務者側からすると不利になってしまうと思われがちですが、返済期間が長いということは、1ヶ月に返済するべき金額が少なく抑えられるだけでなく、多く支払わなければならない利息は「繰り上げ返済」を賢く計画的に利用することで十分に元が取れることに繋がります。
このような理由から、早めに住宅ローンを終わらせたいなどといった理由で無理に返済期間を短く設定することは大変危険です。
ただし、確実に早く完済できる「あて」があるのであれば、返済期間は短くとも問題がないと考えることはできます。
子どもたちや自分たちの将来のライフイベントを考えながら返済期間を設定することが大切です。

5.最後に

本記事では、「フラット35利用者調査 2015年度」を下に住宅ローンを完済するための個別に重要な考え方について専門家FPが解説させていただきました。
住宅ローンの完済を考える上で重要なことは山ほどあるのは確かですが、本記事で解説した以下、2点をしっかりと把握するだけでも余裕を持った返済ができると思われます。

・返済可能額(1ヶ月いくらまでなら返済できるのか)を
 しっかりと把握すること
・返済期間は「最長(ほぼ35年)」で申し込んでおくこと


30代は、将来のライフイベントがたくさんあります。

平均値ではなく自分たちの懐具合を中心に余裕を持った住宅ローンの申し込みを心掛けたいものです。

低金利が期待できるネットバンク。フラット35も含め、一覧で比較しました↓


なんとなく選んだ住宅ローンで損をしていませんか?
支払い総額では数百万の差が出ます。金利が安い銀行を比較しましょう↓

ネット銀行住宅ローンで金利が一番低いのがどこ?人気の3社を比較!
ネット銀行住宅ローンの低金利3社を比較したページはコチラ

このページでわからない点があれば教えて下さい、住宅ローン牧場のFPが確認後回答致します。








  • ネット銀行の住宅ローンランキング、FPが金利で比較! ネット銀行の住宅ローンランキング、FPが金利で比較!
    更新日:2018/5/17 ネットバンクの中でも金利が低いものを集めました 借換え/新規共に複数社の申込みを併... 113,912 views
  • ろうきん住宅ローンを申し込むメリット。評判と口コミをFPが分析! ろうきん住宅ローンを申し込むメリット。評判と口コミをFPが分析!
    ろうきん住宅ローンを申し込むメリット。評判もいいです。 みなさんは「労働金庫(以下:ろうきん)」という金融機関をご存知でしょうか... 83,787 views
  • 楽天銀行住宅ローンのメリットデメリット&口コミ~FPが解説! 楽天銀行住宅ローンのメリットデメリット&口コミ~FPが解説!
    ネット銀行住宅ローンで金利が一番低いのがどこ?人気の3社を比較! ネット銀行住宅ローンの低金利3社を比較したページはコチラ ... 66,819 views
  • ソニー銀行の住宅ローンの金利シミュレーションや審査などFPが解説 ソニー銀行の住宅ローンの金利シミュレーションや審査などFPが解説
    ソニー銀行も含めて一括審査でベストな選択!モゲチェックが便利 モゲチェック公式サイト 借り換え相談窓口 http... 46,633 views
  • ゆうちょ銀行の住宅ローン金利、事前審査の期間をFPが解説! ゆうちょ銀行の住宅ローン金利、事前審査の期間をFPが解説!
    ゆうちょ銀行の住宅ローン金利、事前審査の期間をFPが解説! 住宅ローンの金利は、長期固定金利は若干上昇し始めているものの... 40,169 views
  • 人気記事
  • 住宅ローン仮審査と本審査の違い。日数はどのぐらい?FPが解説! 住宅ローン仮審査と本審査の違い。日数はどのぐらい?FPが解説!
    更新日:2017/5/15 ネット銀行住宅ローンで金利が一... 247,982 views
  • ネット銀行の住宅ローンランキング、FPが金利で比較! ネット銀行の住宅ローンランキング、FPが金利で比較!
    更新日:2018/5/17 ネットバンクの中でも金利が... 113,912 views
  • ろうきん住宅ローンを申し込むメリット。評判と口コミをFPが分析! ろうきん住宅ローンを申し込むメリット。評判と口コミをFPが分析!
    ろうきん住宅ローンを申し込むメリット。評判もいいです。 み... 83,787 views
  • 楽天銀行住宅ローンのメリットデメリット&口コミ~FPが解説! 楽天銀行住宅ローンのメリットデメリット&口コミ~FPが解説!
    ネット銀行住宅ローンで金利が一番低いのがどこ?人気の3社を比... 66,819 views
  • 住宅ローン控除のシミュレーション、計算方法をFPが解説 住宅ローン控除のシミュレーション、計算方法をFPが解説
    住宅ローン控除のシミュレーション、計算方法について教えます ... 61,602 views
  • 最新記事
  • 住宅ローンの借り換えで損をするケース?FPが注意点を喚起!~ネットバンク編
    住宅ローンの借り換えで損をするケース?FPが注意点を喚起!~ネットバンク編 住宅...
  • リフォームローンと住宅ローンの違いを解説!金利や審査は異なる?FPが解説!
    リフォームローンと住宅ローンの違いを解説!金利や審査は異なる?FPが解説! 多く...
  • 固定資産税のシミュレーションとは?新築建売やマンションではどうなる?FPが解説!
    固定資産税のシミュレーションとは?新築建売やマンションではどうなる?FPが解説!...
  • 信託銀行と銀行の違いをわかりやすくFPが解説!
    信託銀行と銀行の違いをわかりやすくFPが解説! 一般社団法人信託協会によると、信...
  • 住宅ローンの審査で健康状態はどう影響する?健康診断書は必要?FPが解説!
    住宅ローンの審査で健康状態はどう影響する?健康診断書は必要?FPが解説! 住宅購...
  • 全記事