56380
52744
HOME»保証会社、保証人、保障料について » 借り入れ属性別 » 返済方法について » ペアローンと連帯債務の違い、デメリットについてFPが解説!
※この記事は約5分で読めます。

ペアローンと連帯債務の違い、デメリットについてFPが解説!

ペアローンと連帯債務の違い、デメリットについてFPが解説!
マイホームの取得に際して、ご主人の名義で住宅ローンを組むケースが多いと思いますが、奥さんもお勤めをされていて、それなりの収入が有る場合は、いわゆる「ペアローン」として、ご夫婦の各々で住宅ローンを申し込むことができます。こうすることで、住宅ローン減税の恩恵をより多く受けることができます。

上記以外に、金融機関は住宅ローン利用に際して返済保証を条件にしますが、この返済保証を外部の保証会社に求める場合は保証料が発生します。金融機関によっては住宅ローン申し込み者の配偶者が連帯保証人として「連帯債務」を負い、保証料が発生しない場合も認めているケースがあります。

この「ペアローン」と「連帯債務」の違いとは何でしょうか。使い分けはどのようにすればいいのでしょうか。気になりましたので調べてみました。

1.ペアローンとは

共稼ぎ、いわゆるダブルインカムのご夫婦の場合、住宅ローンの利用において様々な選択肢があります。基本的には次の2つが考えられます。


①:夫婦で別々に住宅ローンに申し込む方法を選択する。
  それぞれの収入に応じた借り入れを行うことができる。
②:夫婦の収入を合算し、住宅ローンに申し込む方法を選択
  する。収入の合算により借り入れ金額を増やす目的で行
  い、住宅ローンの契約は夫婦のいずれか一方が行う。

①の場合が「ペアローン」とよばれる住宅ローンの利用方法となり、②の場合が「収入合算」とよばれる住宅ローンの利用方法になります。②の方法を用いる場合、住宅ローンの契約者と収入合算した人は、連帯保証人となることが殆どです。

なんとなく選んだ住宅ローンで損をしていませんか?
支払い総額では数百万の差が出ます。金利が安い銀行を比較しましょう↓

見直しで残債が480万円も減額?プロが客観的にあなたの住宅ローンを無料で診断!


ネット銀行住宅ローンで金利が一番低いのがどこ?人気の3社を比較!
ネット銀行住宅ローンの低金利3社を比較したページはコチラ

2.連帯債務とは

連帯債務とは、前述の②の場合に該当します。


つまり、連帯債務とは、1つの住宅ローンに対してご夫婦や、ご夫婦以外の場合だと親子関係にある、縁戚関係にあるといった方の収入を合わせて、住宅ローンの借り入れを行うことになります。具体的な例を挙げると、気に入った物件が見つかったが、価格が5,000万円だったとして、「夫の収入だけでは3,000万円までしか借りられないが、妻の収入と合算すれば5,000万円まで借りられる」といったケースなどになります。

3.メリットとデメリット

ペアローンのメリット、デメリットを挙げてみると、メリットは次の点になるでしょうか。


・収入に応じた借り入れを夫婦各自ですることで、トータル
 的に沢山のお金を借りることができる
・団体信用保険に夫婦各自が加入することで、リスクに対す
 る備えがより充実する
・住宅ローン控除を夫婦各自が受けることが出来、より多く
 の節税が可能になる

他方、次のようなことがデメリットとして考えられます。

・住宅ローンに関する手続きを夫婦各自でする必要があり、
 少し面倒かつ手数料が倍かかる
・夫婦各自が住宅ローン審査にパスする必要がある
・贈与税がかかる場合がある
・住宅ローンの借り換えの手続きが面倒、または借り換えが
 できない場合がある

連帯債務の場合、ペアローンとの比較においてメリットは次の点になるでしょうか。

・住宅ローンの手続きが1回で済み、トータル的に沢山の
 お金を借りることができ、ペアローンのように手数料が
 倍かかるということがない
・ペアローンのように夫婦各自が住宅ローン審査にパスする
 必要はない
・住宅ローン控除を夫婦各自が受けることが出来、より多く
 の節税が可能になる

ペアローンとの比較において次のようなことがデメリットとして考えられます。

・団体信用保険は住宅ローンを申し込んだ夫婦のいずれか
 一方のみに適用され、連帯債務者には適用されず、
 「リスクに対する備えがより充実する」というメリット
 は得られない

内容について、少し解説を加えてみたいと思います。

3-1. ペアローンのメリット1:
  トータル的に沢山のお金を借りることができる

ペアローンのメリットとして最も大きいのが、共働きであることを生かしてマイホーム資金をより多く調達できることです。単純に借り入れが「年収の5倍まで」とすると、夫の年収が400万円、妻が専業主婦で年収がないすると、借り入れられる金額は最大でも2,000万円となりますね。これに対して、妻が正社員として働いていて年収が300万円だったとすると、借りられる金額はさらに1,500万円増えて、合計で3,500万円の資金を調達することができます。

こうしたことで、購入希望の物件が3,500万円である場合に、妻が専業主婦だと諦めなければならないのですが、妻が正社員として働いている場合は手が届くことになります。このようにマイホームとしての物件選びの選択肢が増えるということになります。

3-2. ペアローンのメリット2:
  リスクに対する備えがより充実する

ペアローンではご夫婦の各々が団体信用生命保険に加入します。これによって、夫である方に万が一のことがあっても、妻である方に万が一のことがあっても保険によって各々の残りのローンが完済されることになります。これに対して連帯債務の場合は、夫が住宅ローンに申し込んだ場合は妻が連帯保証人になります。夫である方に万が一のことがあれば、保険によって残りのローンが完済されることになりますが、妻である方に万が一のことがあっても、保険によって残りのローンが完済されることにはなりません。

3-3. ペアローンのメリット3:
  より多くの節税が可能になる

ペアローンはご夫婦の各々が住宅ローン控除の対象となります。よって夫や妻だけの収入で住宅ローンを利用する場合より、節税できると考えられます。夫または妻の収入だけでは住宅ローン控除の減税枠が使い切れない場合、ペアローンにしておくといいでしょう。

3-4. ペアローンのデメリット1:
  手続きが面倒かつ手数料が倍かかる

デメリットとしてまず挙げられるのが、ご夫婦の各々がそれぞれ住宅ローンの申し込み手続きを行う必要があるということです。こうしたことは面倒ですし、手続きを二度することになると思いますので、保証料や事務手数料などが倍かかると考えられます。

3-5. ペアローンのデメリット2:
  各自が住宅ローン審査にパスする必要がある

ご夫婦の各々がそれぞれ住宅ローンの申し込み手続きを行う必要があることに加え、融資の審査についてご夫婦の各自がパスする必要があります。一方にクレジットの延滞があったり、健康状態に問題があったりということになると、ご夫婦で共に審査にパスすることが難しくなるでしょう。

3-6. ペアローンのデメリット3:
  贈与税がかかる場合がある

ペアローンを利用する場合、ローンの目的物であるマイホームは、それぞれが負担したお金に応じた持分を有する共有物と考えるのが普通です。しかし、ご夫婦のいずれか一方の単独名義にすると、税務署から贈与と見なされて贈与税が課せられる場合があります。

例えば3,500万円のマイホームを、夫が2,000万円、妻が1,500万円の住宅ローンでお金を工面して買ったとしましょう。夫がこのマイホームを自身の単独名義で登記してしまうと、夫は2,000万円しか出資していないのに、3,500万円のマイホームを手に入れたことになり、差額の1,500万円、つまり妻の出資分は「妻から夫への1,500万円の贈与」と見なされます。この贈与とみなされた分から基礎控除を除いた金額は、贈与税の課税対象となりますので注意が必要です。

特段の事情がない場合、ご夫婦それぞれの出資割合を持分にした「共有」として登記しておく方が無難でしょう。税務署は法務局から情報をマメにもらっていると考えられますので注意したほうがいいと思います。

3-7. ペアローンのデメリット4:
  借り換えができない場合がある

ペアローンのデメリットとして、ご夫婦の各自が住宅ローン審査にパスする必要があるということをご紹介しましたが、新規にペアローンを申し込む場合と同様、借り換えの場合にも同じことが言えます。ご夫婦のいずれか一方が審査にパスできなければ、ペアローンとしての借り換えができないことになります。

3-8. 連帯債務のメリット:
  手数料が倍かかるということがない

連帯債務の場合、ペアローンと違って住宅ローンの契約は1つなので、保証料や手数料が倍かかるということはありません。また、ご夫婦が共に住宅ローン融資の審査にパスしなければならないということもないでしょう。

3-9. 連帯債務のデメリット:
  団体信用保険は連帯債務者には適用されない

連帯債務の場合は、ペアローンと違って夫婦の一方が住宅ローンに申し込んだ場合、もう一方が連帯保証人になります。申し込んだ方に万が一のことがあれば保険によって残りのローンが完済されることになりますが、連帯保証人である方に万が一のことがあっても保険によって残りのローンが完済されることにはなりません。

4. ペアローンと連帯債務の違い

ペアローンと連帯債務の違いを一覧表で示すと、次のようになります。


ペアローン連帯債務
住宅ローンの契約ご夫婦の各自で契約ご夫婦の一方で契約
収入の合算可能可能
団体信用生命保険の加入ご夫婦の各自で加入契約した一方の方が加入
住宅ローン控除 ご夫婦の各自に適用
される
負担した住宅ローン
金額に応じてご夫婦
の各自に適用される
住宅ローンの借り換えご夫婦の各自が審査
にパスする必要が
ある
ご夫婦の一方で住宅
ローン契約した人が
審査にパスすればよい

ペアローンと連帯債務はそれぞれ一長一短があり、どちらがお勧めかはご夫婦の事情によるのではないかと思います。

5.関連する情報

ペアローンや連帯債務は、夫婦それぞれが住宅ローン返済の義務を負うことで、より沢山のお金を借りるという仕組みですが、夫婦円満の場合ならともかく、離婚の危機に直面した場合はどうなるのでしょうか。ペアローンの夫婦について、次の点について解説します。

・ペアローンの夫婦が離婚した場合
・離婚した後に夫婦の一方が返済ができない場合
・トラブルにならないためにしておくこと

5-1. ペアローンの夫婦が離婚した場合
マイホームの取得資金の調達に住宅ローンを、ペアローンの形で契約しているご夫婦が離婚するということになっても、契約自体は何ら影響を受けることはなく、返済義務はそのまま継続します。お金の貸し手としては、貸したお金が契約で定めた利子を加えた形で期日までに回収できればいいだけで、離婚はあくまでご夫婦のプライベートな問題ですから、当然ですね。

離婚後に財産分与でマイホーム自体はご夫婦のいずれか一方の所有になるとして、所有できなかった元夫、又は元妻には返済義務はそのまま残るということになります。所有できなかった側は気の毒な気がしますが、そうした場合もあるでしょう。また、離婚を機会にマイホームを売却して、その代金を住宅ローンの返済に充当するということも考えられます。

5-2. 離婚した後に元夫婦の一方が返済ができない場合
離婚すればお互いに「アカの他人」、「元夫の住宅ローンなど私には関係ない」、「元妻の住宅ローンなど俺には関係ない」と心情的にはそのようになるかもしれません。「ペアローンは夫婦それぞれで申し込んだ」という点ではそうかもしれませんが、現実的にそのような論理がまかり通ってしまうと、離婚した元ご夫婦の都合によって、関係のない第三者である貸し手が損をしてしまいます。

ペアローンの契約に離婚時の特約があれば、その特約に従う形になると思いますが、そうした特約などがない場合、離婚した後に元夫婦の一方が返済ができない時には、返済している元妻もしくは元夫に督促や請求が行くことになるでしょう。

そもそもペアローンの審査にパスした前提として、夫婦関係があったと思われます。その前提を崩す原因が、ご夫婦の離婚と関係のない第三者である貸し手にある訳ではないので、夫婦関係の破綻の原因であるご夫婦が関係のない第三者に迷惑をかけないように、元妻もしくは元夫の残りのローンを立て替える責任はあるのではないでしょうか。

それでも、ペアローンを申し込んだ金融機関からの書面などによる督促に「アカの他人」、「元夫の住宅ローンなど私には関係ない」、「元妻の住宅ローンなど俺には関係ない」と応じない場合、マイホームは差し押さえられ、競売にかけられることになります。

5-3. トラブルにならないためにしておくこと
ペアローンでは、家の名義をどのようにしておくかを、ご夫婦でよく話し合ってお互いに納得した上で申し込むことが、トラブルを避ける上で重要になります。住宅ローンの対象である家の、名義の設定は次のようなパターンが考えられます。

・ご夫婦のいずれか一方が名義人になるパターン
・ご夫婦のいずれか一方が名義人になり、
 もう一人が連帯保証人になるパターン
・ご夫婦各々が名義人になるパターン

ペアローンを利用してお金を借りている場合、家の名義で紛争になることが多いと思われます。よって、離婚の危機に直面しなくても、あらかじめ財産の帰属について、よく話し合っておくほうがいいのではないかと思います。また話し合いは口約束でなく、きちんと書面で残しておくほうがいいでしょう。ご夫婦の仲がよろしければ、なかなか難しい面がありますが、後で気まずい思いをしないようにしてあげるのも、長い目でみた場合に人生の伴侶に対する優しさではないかと思います。


「ペアローン」と「連帯債務」の違いについて調べてみると、そんなに大きな違いはないということがわかりました。

ご夫婦の各々がお仕事をされ一定の年収があれば、いずれの方法でも、より高額であっても気に入った物件を住宅ローンを利用して購入できる可能性は高まります。その反面、ご夫婦で協働して住宅ローンの返済をしていくことが必要となります。ご夫婦で協働して人生のライフステージであるマイホームを手に入れるということが前提となりますので、ご夫婦が互いを思いやり、いつまでも仲睦まじいことが重要ということですね。

低金利が期待できるネットバンク。フラット35も含め、一覧で比較しました↓


なんとなく選んだ住宅ローンで損をしていませんか?
支払い総額では数百万の差が出ます。金利が安い銀行を比較しましょう↓

ネット銀行住宅ローンで金利が一番低いのがどこ?人気の3社を比較!
ネット銀行住宅ローンの低金利3社を比較したページはコチラ

PR

このページでわからない点があれば教えて下さい、住宅ローン牧場のFPが確認後回答致します。








  • 住宅ローン保証人、配偶者や親などベストなのは誰?FPが解説! 住宅ローン保証人、配偶者や親などベストなのは誰?FPが解説!
    住宅ローンの保証人、配偶者は厳しい?親はどう? 何千万円という額の借入れを行う住宅ローンは保証人が必要なような気もします。保障人が要... 12,638 views
  • 住宅ローンの保証料、一括を選ぶか分割を選ぶか 住宅ローンの保証料、一括を選ぶか分割を選ぶか
    住宅ローンの保証料、一括を選ぶか分割を選ぶか 住宅ローンの諸経費は税金・ローン手続費用・保険料など多岐にわたります。その中でも特に内... 9,357 views
  • ワイド団信の取扱い銀行はどこ?ソニー銀行を例にFPが解説! ワイド団信の取扱い銀行はどこ?ソニー銀行を例にFPが解説!
    ワイド団信の取扱い銀行はどこ?ソニー銀行を例にFPが解説! 住宅ローンには団体信用生命保険の加入が必須です。団体信用生命... 7,400 views
  • 住宅ローンの保証会社の審査内容とは?重用なポイントをFPが解説! 住宅ローンの保証会社の審査内容とは?重用なポイントをFPが解説!
    住宅ローンの保証会社の審査内容とは?重用なポイントをFPが解説! 住宅ローンに申し込んだ後に、審査に通るかどうか気になりますね。 この... 7,244 views
  • 親子リレーローンの条件とは?デメリットは贈与税にあり?FPが解説! 親子リレーローンの条件とは?デメリットは贈与税にあり?FPが解説!
    親子リレーローンの条件とは?デメリットは贈与税にあり?FPが解説! 住宅ローンには親子リレーローンという借り方が存在しま... 3,669 views
  • 人気記事
  • 住宅ローン仮審査と本審査の違い。日数はどのぐらい?FPが解説! 住宅ローン仮審査と本審査の違い。日数はどのぐらい?FPが解説!
    更新日:2017/5/15 ネット銀行住宅ローンで金利が一... 252,453 views
  • ネット銀行の住宅ローンランキング、FPが金利で比較! ネット銀行の住宅ローンランキング、FPが金利で比較!
    更新日:2018/7/5 ネットバンクの中でも金利が低... 116,819 views
  • ろうきん住宅ローンを申し込むメリット。評判と口コミをFPが分析! ろうきん住宅ローンを申し込むメリット。評判と口コミをFPが分析!
    ろうきん住宅ローンを申し込むメリット。評判もいいです。 み... 86,263 views
  • 楽天銀行住宅ローンのメリットデメリット&口コミ~FPが解説! 楽天銀行住宅ローンのメリットデメリット&口コミ~FPが解説!
    ネット銀行住宅ローンで金利が一番低いのがどこ?人気の3社を比... 68,398 views
  • 住宅ローン控除のシミュレーション、計算方法をFPが解説 住宅ローン控除のシミュレーション、計算方法をFPが解説
    住宅ローン控除のシミュレーション、計算方法について教えます ... 62,703 views
  • 最新記事
  • 住宅ローンの借り換えで損をするケース?FPが注意点を喚起!~ネットバンク編
    住宅ローンの借り換えで損をするケース?FPが注意点を喚起!~ネットバンク編 住宅...
  • リフォームローンと住宅ローンの違いを解説!金利や審査は異なる?FPが解説!
    リフォームローンと住宅ローンの違いを解説!金利や審査は異なる?FPが解説! 多く...
  • 固定資産税のシミュレーションとは?新築建売やマンションではどうなる?FPが解説!
    固定資産税のシミュレーションとは?新築建売やマンションではどうなる?FPが解説!...
  • 信託銀行と銀行の違いをわかりやすくFPが解説!
    信託銀行と銀行の違いをわかりやすくFPが解説! 一般社団法人信託協会によると、信...
  • 住宅ローンの審査で健康状態はどう影響する?健康診断書は必要?FPが解説!
    住宅ローンの審査で健康状態はどう影響する?健康診断書は必要?FPが解説! 住宅購...
  • 全記事