HOME » 都道府県民共済 » 県民共済の加入、見直し、保険のビュッフェで無料相談?
※この記事は約3分で読めます。

保険のビュッフェ県民共済見直し専門ページ
公式サイト⇒http://hoken-buffet.jp/

県民共済の加入、見直し、保険のビュッフェなら無料相談?

 民間の保険に入るよりも割安と言われる「県民共済」ですが、実は加入の仕方によってはデメリットもあり、向いている人・向いていない人に分かれます。今回は県民共済に加入する上でのポイントを解説します。

県民共済に入っているけど、お得かどうか分からない、これから加入したい方に読んでもらいたいページです


県民共済のメリットとデメリット

これまで保険に入っていなかった方にとって、県民共済は有力な選択肢の一つになることが多いでしょう。県民共済は保険料が安く保障もある程度手厚くなっていると言われているからです。県民共済とは昭和48年から誕生した、消費生活協同組合が運営する共済制度です。全国で2000万件以上加入されています。県民共済には以下のようなメリットがあります。

メリット①保険料が安い
一般的に民間の保険と同じ保障ならば、県民共済の方が保険料が安くなると言われています。医療費の保障(入院保障)だけでなく死亡保障もついているため、トータルでみて割安なのです。入院保障、死亡保障それぞれを単品で見た場合は民間の保険の方が割安ではありますが、総合的にバランスよく保障されるのが県民共済のメリットです。

メリット②保険料が年齢で変わらない
県民共済の大きな特徴は年齢に関わらず保険料が変わらないという点です。通常の保険ならば高齢になるほど高くなっていくため、県民共済は高齢になるほど割安になります。

メリット③割戻金が還元される
共済の決済期末には、生じた余剰金が保険料に応じて割戻金として還元されます。そのためその分だけ保険料が実質安くなります。戻ってくるお金の金額はその年によって変動しますが、平均的には支払った3割程度が返ってきます。

 しかし共済への加入を考えていることを保険会社の人に相談して、共済はやめた方が良いと言われたことがある人も多いのではないでしょうか?県民共済は実はメリットばかりではなく、以下のようなデメリットもあるのです。

デメリット①保障額は少ない
県民共済は死亡保障が最大で800万円になっています。通常の民間の保険で死亡保障をつければ、定期型ならば1000万円〜3000万円程度が一般的です。800万円という額は少し物足りないですね。

デメリット②終身型がない
県民共済は掛け捨て・定期型しかなく、終身型がありません。そのため高齢になって保障がなくなるというデメリットがあります。

県民共済に加入するならば、メリットデメリットを知った上で検討したいものです


デメリット③保険料が一定のため若者には割高になることがある
保険料が年齢に関わらず一定であることは、高齢になるほど割安になりますが、逆に若者にとっては割高になります。
このようなデメリットがあるため、保険会社の人などは県民共済を勧めないことが多いです。しかしもっとも大きなデメリットは、高齢になったときに保障が先細りしてしまう点です。県民共済は65歳から保障が少なくなっていき、85歳以降は更新することができなくなります。もっとも保障を必要とする高齢時に保障が少ない。もしくは完全になくなってしまうというのは大きなデメリットです。民間の保険には終身型で高齢になっても保障が続く商品が多くあるため、この点では県民共済よりも民間の保険の方が魅力的です。

自分で保険選びをしてみると知らない事だらけ?
保険アンケート回答と無料相談で高級ギフトが貰えます★


無料保険相談サービス最大手、保険のビュッフェのアンケートキャンペーンの案内ページはこちら

知ってるようで知らない保険の事、アンケートに回答すると見えてくるかも?

県民共済の活用例

県民共済にはこのようにメリットもデメリットもありますので、加入の仕方を工夫する必要があります。活用する上でのポイントは「割安な保険料でバランスのいい保障が受けられる」という点と「65歳以降は保障が少なくなっていく」という点です。加入するのは65歳までで、民間の保険と組み合わせて加入すれば、県民共済のメリットを活かしたプランニングを行なうことができます。

 県民共済にはいくつかのタイプがありますが、65歳までの方が加入できるのは以下のタイプです。

・総合保障型
・入院保障型
・総合保障型+入院保障型
 

 この中でももっとも加入者が多いのが「総合保障型+入院保障型」のものです。東京都の都民共済での保険料と保障内容を見てみましょう。

・保険タイプ:総合保障1型+入院保障2型
・入院保障:1日あたり1万5000円(入院184日目まで)
・通院保障:1日あたり3000円
・死亡保障:交通事故1010万円、病気410万円
・保険料(月掛金):4000円
 

 入院保障は手厚いですが、死亡保障は病気の場合410万円と少ないです。民間の保険ならば同じ保険料でももっと手厚くなります。例えばメットライフ生命の医療保険ならば、以下のようになります。

・被保険者:30歳男性健康体
・保険タイプ:10年定期生命保険+終身医療保険
・入院保障:1日あたり1万円
・死亡保障:500万円
・保険料:生命保険695円+医療保険2940円=3635円
 

医療保険は終身でもこの程度の値段で加入することができますので、メインで加入するならば県民共済よりも民間の保険料の安い保険に加入した方がお得になります。そのため民間の保険をメインとして契約し、それに足らない分の保障を65歳までの間、県民共済でカバーするという加入方法が、無駄のないプランニングになります。

また県民共済には割戻金がありますので、支払った保険料のうち約30%が戻ってくるとして計算すると1年間で支払う保険料の総額は「4万8000円」から「3万3600円」に少なくなります。1ヶ月あたりは「2800円」まで少なくなります。例えば医療費をカバーする目的で、入院保障2型のみに加入した場合、保険料はもっと安くなります。そのため入院保障型のみを、他の民間の生命保険などと組み合わせて加入するという加入方法でもいいですね。

県民共済のみに加入している人は見直しを!

本当に必要な保証を県民共済で手に入れられていますか?一度考えてみましょう!


県民共済の魅力は、少ない保険料でバランスのいい保障を受けることができるという点です。しかしだからといって県民共済のみに加入していると、あとから自分の首をしめることになります。
その理由の1つは、先ほど説明したように県民共済の保障は65歳以降に少なくなっていき、85歳以降は更新することができなくなるからです。

理由の2つめは、民間の保険会社の保険も、年をとるほど保険料が高くなってしまうからです。特に終身型の保険の場合は一生涯の保障が得られるかわりに、ある程度年をとってから加入すると保険料がかなり高くなります。そのためできるだけ保険料の安い若いうちに加入することがおすすめです。

 現在県民共済のみに加入しているという人は、見直しをして、民間の保険に変更するか県民共済+民間の保険にするようにしてはいかがでしょうか。

見直し時はプロに相談

やっぱりここでもプロのコンサルタントが重要。知識がある人のアドバイスは重要です


県民共済のみにしか加入していない方、県民共済への加入を考えていた方は、保険のプロに相談することがおすすめです。自分の場合で考えて、どっちの方が自分に合っているのか、どのようにプランニングすればいいのかなどを考えるためには専門的な知識が必要です。自分で考えるのも大事ですが、現在は無料でプロに相談できるサービスがありますので、利用しない手はありません。無料保険相談サービスの中でも注目されているのが「保険のビュッフェ」です。

 保険のビュッフェから相談の予約をすると、近くのファイナンシャルプランナーが自宅まで訪問して、保険の相談をすることができます。保険の加入時にはさまざまな不安や疑問があると思いますが、専門的な視点からそれらの質問に答えてくれます。保険会社のサイトやパフレットを見ただけでは分からないことも、直接相談することで解決されるでしょう。もちろん県民共済からの見直しを含んだ相談も行なうことができます。相談は無料であり納得できなければ保険に契約する必要もありません。まずは一度相談してみてはいかがでしょうか。

保険のビュッフェ県民共済見直し専門ページ
公式サイト⇒http://hoken-buffet.jp/

加入したい保険が決まっていてもFPサービス利用をオススメする3つのメリット

このページでわからない点があれば教えて下さい、保険牧場のFPが確認後回答致します。
1. ハンドルネームを入力してください。
2. メールアドレスを入力してください。
3. お住まいのエリアを選択してください。
4. このページ内容でわからない点、
質問などを入力して下さい。

相談方法を選択

来店型 (ショッピングモールや駅近くに店舗を構えているところが多いです。)

お住まいの都道府県を選択


相談したい保険の種類


条件を入力して検索ボタンを押して下さい。

PR


ファイナンシャルプランナーの記事をライター別に見る

あわせて読みたい人気記事
保険のビュッフェの無料相談が口コミで人気?FPが分析!

保険のビュッフェの無料相談が口コミで人気?FPが分析!

医療保険や生命保険、がん保険、学資保険、個人年金などなどあらゆるジャンルの保険の相談ができる保険のビュッフェが...

第一生命の個人年金保険の内容と他社との貯蓄率比較について

第一生命の個人年金保険の内容と他社との貯蓄率比較について

第一生命の個人年金保険の内容と他社との貯蓄率比較について 第一生命の個人年金を含め、複数の保険会社から一番お得な保険...
81,026 views

第一生命保険の評判をFPが分析!ブライトWay、メディカルエール、しあわせ物語、どれが人気?

第一生命保険の評判をFPが分析!ブライトWay、メディカルエール、しあわせ物語、どれが人気?

第一生命の保険商品に詳しく、第一生命と他者を緻密に比較するなら保険マンモスがオススメ。 保険マンモス相談予約...
49,344 views

チューリッヒのがん保険、終身ガン治療保険プレミアムの評判

チューリッヒのがん保険、終身ガン治療保険プレミアムの評判

チューリッヒのがん保険、終身ガン治療保険プレミアムの評判 がん保険の中でも人気なのがチューリッヒの「終身ガン治療保険プレミア...
19,598 views

順風ライフの特約内容や解約返戻金をFPが解説!口コミでは人気?

順風ライフの特約内容や解約返戻金をFPが解説!口コミでは人気?

順風ライフの特約内容や解約返戻金をFPが解説!口コミでは人気? 第一生命保険株式会社の「順風ライフ」。発売当初に、ゴルフプレイヤーの石川遼選...
8,220 views

第一生命は解約時にしつこい?タイミングや相談窓口など紹介

第一生命は解約時にしつこい?タイミングや相談窓口など紹介

第一生命は解約時にしつこい?タイミングや相談窓口など紹介 1902年に日本初めての相互保険会社として創立した第一生命。2010年4月に株式会...
7,947 views

太陽生命が取り扱う保険商品、どんなものが人気?口コミと評判

太陽生命が取り扱う保険商品、どんなものが人気?口コミと評判

太陽生命が取り扱う保険商品、どんなものが人気?口コミと評判 今回は太陽生命の商品について紹介していきます。どんな商品が皆さん...
7,936 views

第一生命学資保険をシミュレーション、評判のポイント、メリットデメリット

第一生命学資保険をシミュレーション、評判のポイント、メリットデメリット

第一生命学資保険をシミュレーション、評判のポイント、メリットデメリット なぜ、学資保険が必要? 最初に、学資保険がなぜ...
7,189 views

第一生命終身保険の解約返戻金、解約タイミングなどをFPが解説

第一生命終身保険の解約返戻金、解約タイミングなどをFPが解説

第一生命終身保険の解約返戻金、解約タイミングなどをFPが解説 国内大手の第一生命が手掛ける終身保険について。第一生命の終身保険は、4つの商品...
5,808 views

第一フロンティア生命のプレミアレシーブは円建?豪ドル?評判や口コミをFPが分析!

第一フロンティア生命のプレミアレシーブは円建?豪ドル?評判や口コミをFPが分析!

第一フロンティア生命のプレミアレシーブは円建?豪ドル?評判や口コミをFPが分析! 資産運用をしたいけど、株や投資信託は不安、でも馴染みのある...
5,638 views

東京海上あんしん生命のがん保険、がん治療支援NEOとがん診断保険R

東京海上あんしん生命のがん保険、がん治療支援NEOとがん診断保険R

東京海上あんしん生命のがん保険、がん治療支援NEOとがん診断保険R 東京海上日動あんしん生命には2つのがん保険があります。がん治療支援NEO...
3,264 views


人気記事 人気記事
新着記事 新着記事



相談方法を選択


来店型 (ショッピングモールや駅近くに店舗を構えているところが多いです。)

お住まいの都道府県を選択


相談したい保険の種類


条件を入力して検索ボタンを押して下さい。


あなたにピッタリの保険相談窓口を探そう!