HOME » 保険用語and知識 » 金融商品販売法とは?保険加入の際にも関係ある?FPが解説!
※この記事は約3分で読めます。

金融商品販売法とは?保険加入の際にも関係ある?FPが解説!

金融商品販売法とは?保険加入の際にも関係ある?FPが解説!
金融商品販売法は、投資信託、外貨預金、保険などといった金融商品を販売する業者が顧客に対して重要な説明を怠った場合、 それによって生じた損害について販売業者は、顧客に対して損害賠償をしなければならないといった法律です。 しかしながら、実際問題として私たちが販売業者から重要な説明をされていないといった事実を立証するのが実に難しく、 仮に裁判になったとしても長期化する傾向が高くなってしまっているのが現状です。そのため、 裁判にかかる費用面も含めて原告である私たちの負担が重くのしかかってしまっているのは紛れもない事実です。 このような事情を踏まえ本記事では、金融商品である保険に加入するといった前提の下、 私たちが注意しておかなければならないことについて幅広く解説していきます。

1.金融商品販売法が対象となる金融商品とは

注意点を良く把握しておきましょう。


図1
出典 金融庁 金融商品の販売等に関する法律について Q4より

金融商品は、「元本が保証されているもの」と「元本が保証されないもの」に分かれることは多くの皆さまがすでにご存知の通りですが、 保険も商品の内容によって大きく損失を被ってしまう場合がある点に注意が必要です。 特に、保障金額がファンド(投資信託)の運用結果によって変動するタイプのものやアカウント型と呼ばれる保険は要注意でしょう。

自分で保険選びをしてみると知らない事だらけ?
保険アンケート回答と無料相談で高級ギフトが貰えます★


無料保険相談サービス最大手、保険のビュッフェのアンケートキャンペーンの案内ページはこちら

知ってるようで知らない保険の事、アンケートに回答すると見えてくるかも?

2.多くの日本人が加入している保険だからこそ注意が必要

しかし、金融商品の中でも「保険」は、日本人全体の8割が加入しているというデータもあり、保険に対する需要の高さを確認することができます。


金融庁が公開している「金融商品の販売等に関する法律について」を一通り目通しすると、 投資信託、外貨預金、デリバティブといった言葉が並び、保険という言葉をあまり目にしないことに気が付けます。

参考 公益財団法人 生命保険文化センター 生命保険に加入している人はどれくらい?

投資信託、外貨預金、デリバティブといったものは、損得について定期的に知ることができるため、 私たちはその投じたお金の損得に比較的早く気が付くことができます。しかし、 保険の場合は、実際に保険事故が発生し保険金の請求をした後の受け取った保険金額で気が付くことになるパターンが圧倒的に多いのが現状です。 「こんなはずじゃなかった」といった後悔が先に立たない場合が時としてあるのが保険の大きな注意点といえます。

3.金融商品販売法における「意向確認書」の役割

金融商品販売法は、保険加入の際にも大きく関係する法律ですが、それを示すものとして「意向確認書」が1つの例としてあげられます。


意向確認書とは、契約しようとしている生命保険が自分の意向に沿ったものであるかを念のため確認するための書類であり、 これに署名・捺印することで私たちは保険の契約に納得して応じたという大きな証拠になります。したがいまして、 意向確認書に署名・捺印された書類を受け取った保険会社や保険代理店からすると、この書類が自分たちを守るための合理的な書類となるわけです。 さらに、意向確認書へ署名・捺印することは、生命保険に加入する上で必須であることから、避けて通ることはできません。このような理由があることから、 保険で損をしたことに気が付くのは、実際に保険事故が発生し保険金の請求をした後になるわけです。

4.定期的な保険の見直しで後悔は先に立たない

極端な例ではありますが、保険契約のトラブルを防止するには、ボイスレコーダーなどで契約完了までの音声を録音しておければ、 いざ、何かあった時に自分たちを守るための「最強の証拠」になることは間違いないでしょう。


とはいえ、中々そこまではやらないのが現状だと思います。そこで、自分たちを守る手段として効果的かつ簡単な方法は、 「定期的な保険の見直し」になります。筆者がいう「定期的な保険の見直し」とは、定期的に保険契約をするといった意味ではありませんので、 ここだけは確実に注意して下さい。生命保険は、年齢が上がれば上がる程、支払保険料が増加する仕組みになっておりますので、 定期的に保険を見直して保険契約をすることは、かえって家計にとって逆効果になってしまうことがあります。 筆者がいう「定期的な保険の見直し」とは、現在の状況に合わせて、 今加入している生命保険の保障がどのように活きていくのかといった確認をはじめ、常日頃から、 どのような場合に保険金が受け取れるのか自分自身が確実に把握しておくことをいいます。ただ、 生命保険に加入していれば安心、共済に入っているから安心といった楽観的に考えている方が多い印象を筆者が実務を通じて率直に感じているのが本音です。 あくまでも地域性や県民性などの関係も大きいことから、参考としていただければと思います。

5.保険契約は急がず、疑問に感じたら保留する余裕を持ちましょう

私たちは、何か物やサービスを選ぶ時、営業の人と様々な話をすると思います。


この時、営業の人によって異なりはあるものの「商品やサービスを売りたい気持ちが全面に表れている人」には、 細心の注意が必要です。生命保険の場合に置き換えて例えますと「何の根拠もなく、ただ良いです」といった説明をはじめ、 「契約を急かす」「不安を煽る」「明確かつ合理的な理由もなく他社を批判する」などの場合は、保険契約を急がず、 いったん契約を保留し他の保険会社や代理店をはじめ、専門家であるFPへセカンドオピニオンをしてみるのも良いでしょう。 おそらく多くの皆さまが体験したことがあると思いますが、「何だかあの営業の人、自分のことしか考えていないような気がする」や 「何か不安」などといったご自身の「直感」は素直に従うべきだと思います。

6.保険に加入する際、不利益事項を自分から確認しましょう

不利益事項とは、ざっくり解説しますと「損をしてしまう場合」です。保険募集人は、保険の販売にあたり、 当然、顧客に対して不利益事項を説明する義務があるものの、トラブルがあるのには、 この不利益事項が正確かつ確実に伝えられていない場合があるためです。 図2
出典 金融庁 金融商品の販売等に関する法律について Q5より

実際問題として、いくら金融商品販売法という法律があったとしても、その証拠が残らないからこそ、 私たち保険契約者がどうしても不利な立場に立たせられてしまう現状が残念ながらあります。 このようなトラブルを回避するために、あえて逆に自分の方から不利益事項について聞き、 説明をしっかりと受ける方が無難だとも考えられます。


法律があるから安心なのではなく、自分からトラブル回避をしていくための対策と知識が必要になってくるわけです。

金融商品販売法は、保険加入の際にも大きく関係のあることが本記事を通じて確認することができたと思います。残念ながら、生命保険の契約や特徴は多種多様であることから、一度、生命保険を加入契約すればそれで安心といったことは通常あり得ません。筆者自身も専門家という立場でありながらも1人の親としてライフイベントに合わせて定期的な生命保険の見直しをしておりますが、極めて重要な確認であることは間違いありません。生命保険は、「後悔先に立たず」ということわざがぴったりの金融商品であるからこそ、一専門家として本記事の内容が自己の資産防衛といった意味で活用されることを願います。

加入したい保険が決まっていてもFPサービス利用をオススメする3つのメリット

このページでわからない点があれば教えて下さい、保険牧場のFPが確認後回答致します。
1. ハンドルネームを入力してください。
2. メールアドレスを入力してください。
3. お住まいのエリアを選択してください。
4. このページ内容でわからない点、
質問などを入力して下さい。

相談方法を選択

来店型 (ショッピングモールや駅近くに店舗を構えているところが多いです。)

お住まいの都道府県を選択


相談したい保険の種類


条件を入力して検索ボタンを押して下さい。

PR


ファイナンシャルプランナーの記事をライター別に見る

あわせて読みたい人気記事
保険のビュッフェの無料相談が口コミで人気?FPが分析!

保険のビュッフェの無料相談が口コミで人気?FPが分析!

医療保険や生命保険、がん保険、学資保険、個人年金などなどあらゆるジャンルの保険の相談ができる保険のビュッフェが...

第一生命の個人年金保険の内容と他社との貯蓄率比較について

第一生命の個人年金保険の内容と他社との貯蓄率比較について

第一生命の個人年金保険の内容と他社との貯蓄率比較について 第一生命の個人年金を含め、複数の保険会社から一番お得な保険...
84,174 views

第一生命保険の評判をFPが分析!ブライトWay、メディカルエール、しあわせ物語、どれが人気?

第一生命保険の評判をFPが分析!ブライトWay、メディカルエール、しあわせ物語、どれが人気?

第一生命の保険商品に詳しく、第一生命と他者を緻密に比較するなら保険マンモスがオススメ。 保険マンモス相談予約...
51,483 views

チューリッヒのがん保険、終身ガン治療保険プレミアムの評判

チューリッヒのがん保険、終身ガン治療保険プレミアムの評判

チューリッヒのがん保険、終身ガン治療保険プレミアムの評判 がん保険の中でも人気なのがチューリッヒの「終身ガン治療保険プレミア...
20,434 views

順風ライフの特約内容や解約返戻金をFPが解説!口コミでは人気?

順風ライフの特約内容や解約返戻金をFPが解説!口コミでは人気?

順風ライフの特約内容や解約返戻金をFPが解説!口コミでは人気? 第一生命保険株式会社の「順風ライフ」。発売当初に、ゴルフプレイヤーの石川遼選...
9,938 views

第一生命は解約時にしつこい?タイミングや相談窓口など紹介

第一生命は解約時にしつこい?タイミングや相談窓口など紹介

第一生命は解約時にしつこい?タイミングや相談窓口など紹介 1902年に日本初めての相互保険会社として創立した第一生命。2010年4月に株式会...
9,582 views

太陽生命が取り扱う保険商品、どんなものが人気?口コミと評判

太陽生命が取り扱う保険商品、どんなものが人気?口コミと評判

太陽生命が取り扱う保険商品、どんなものが人気?口コミと評判 今回は太陽生命の商品について紹介していきます。どんな商品が皆さん...
8,567 views

第一フロンティア生命のプレミアレシーブは円建?豪ドル?評判や口コミをFPが分析!

第一フロンティア生命のプレミアレシーブは円建?豪ドル?評判や口コミをFPが分析!

第一フロンティア生命のプレミアレシーブは円建?豪ドル?評判や口コミをFPが分析! 資産運用をしたいけど、株や投資信託は不安、でも馴染みのある...
7,769 views

第一生命学資保険をシミュレーション、評判のポイント、メリットデメリット

第一生命学資保険をシミュレーション、評判のポイント、メリットデメリット

第一生命学資保険をシミュレーション、評判のポイント、メリットデメリット なぜ、学資保険が必要? 最初に、学資保険がなぜ...
7,616 views

第一生命終身保険の解約返戻金、解約タイミングなどをFPが解説

第一生命終身保険の解約返戻金、解約タイミングなどをFPが解説

第一生命終身保険の解約返戻金、解約タイミングなどをFPが解説 国内大手の第一生命が手掛ける終身保険について。第一生命の終身保険は、4つの商品...
6,887 views

第一フロンティア生命の評判、個人年金をFPが解説!

第一フロンティア生命の評判、個人年金をFPが解説!

第一フロンティア生命の評判、個人年金をFPが解説! 第一生命フロンティアは第一生命の子会社です。 提供している保険商品は、変額終身保険、変額年...
4,095 views


人気記事 人気記事
新着記事 新着記事



相談方法を選択


来店型 (ショッピングモールや駅近くに店舗を構えているところが多いです。)

お住まいの都道府県を選択


相談したい保険の種類


条件を入力して検索ボタンを押して下さい。


あなたにピッタリの保険相談窓口を探そう!