166872
142777

加入したい保険が決まっていてもFPサービス利用をオススメする3つのメリット

相談方法を選択

来店型 (ショッピングモールや駅近です。)

お住まい   相談したい保険の種類 

条件を入力して検索ボタンを押して下さい。

生命保険見直し選び方~自宅で相談できるFPサービスがオススメです

生命保険見直し選び方
昨今、生命保険を新規で加入する場合や見直し加入する場合において、FPへ相談する機会が増えています。結論から申し上げると、確かに生命保険の相談はFPにするべきだと言い切れますが、そもそもなぜFPへ保険相談をすることが良いのか具体的に解説されていないものが多いのも現状です。どこを見ても「FP推し」が進んでおりますが、ただ流されて「FPに保険相談したから間違いない」といった考えを持つことは大変危険です。そこで、本記事では、FPの資格や選び方について解説する他、生命保険の加入や見直しにおいて効果的なFPサービスについて解説していきます。

1.FP(ファイナンシャルプランナー)とは

そもそもFPっていうのは何なんだろう??


FP(ファイナンシャルプランナー)は、「お金の専門家」とも呼ばれ、人生において必要なさまざまなお金の知識を有している人のことを言います。FPは、コンサルタントと異なり誰でも名乗れる訳ではなく、国家資格試験もしくは民間資格試験を合格しなければなりません。具体的には、社会保険や年金関係、金融資産、不動産、保険全般、税金、相続関係といった6分野についての知識が問われ、これらの知識をバランスよく兼ね備えている専門家がFPです。以下にFP資格の関係をまとめて紹介します。

内容 上級 中級 初級
国家資格 1級FP技能士 2級FP技能士 3級FP技能士
民間資格 CFP AFP ?

FP資格には、国家資格と民間資格の2種類がありますが、知識レベルにつきましては大差がありません。たとえば、2級FP技能士の国家資格試験は、日本FP協会が認定しているAFP資格試験も兼ね備えているため、2級FP技能士試験に合格することでAFP資格も付与されることになります。ただし、AFP資格は、日本FP協会への会員登録をする他、AFPの認定を受けるための簡易な講座(通信教育等)を受講してレポートを提出する必要があります。同様に1級FP技能士とCFPも知識レベルは同等ですが、より専門的な知識を有しているため、可能であれば上級資格を保有しているFPへ保険相談をする方が望ましいと考えることができます。

加入したい保険が決まっていてもFPサービス利用をオススメする3つのメリット


2.生命保険を相談するFPに最低限求められること

前項では、上級資格を保有しているFPへ相談することが望ましい旨を解説しましたが、2級FP技能士やAFPであればだめといったことではありませんので、そこは解釈を間違えないようにしなければなりません。生命保険の相談は、FP資格を保有している人へ相談することは言うまでもありませんが、本項では生命保険を相談するFPに最低限求められることを述べていきたいと思います。なお、本項の内容は、個人の主観が強い内容となりますので、あくまでも参考程度でお役立ていただければと思います。

FPなら誰でも良いっていう訳ではない、求めたいポイント


2-1.誠実であること
生命保険相談をするFPは、誠実でなければなりません。ここでいう誠実とは、自分の利益よりもお客様の利益を当然に優先することを言います。生命保険の相談が「無料」で行える理由は、お客様から保険契約をいただくことで、保険会社からバックマージン(報酬)が得られる仕組みになっているからこそ成り立っています。そして、保険会社をはじめ、保険の種類や契約する保険金額等によって受け取る報酬が異なります。ざっくり説明すると同じ保険でもA社とB社の報酬は異なるため、報酬の高い方を勧める場合や偏った保険会社の商品を勧められる可能性も否めません。

これは、保険会社のキャンペーンなどが影響している理由もあります。相談する側としては、担当のFPに対してなぜその保険を勧めたのかなど、疑問や質問をぶつけることで、明確な理由が返ってくるか確認します。いくつか質問していくと自ずとそのFPが良いか悪いか、知識が豊富か否かについて自然と感じ取れるようになることでしょう。違和感を持った場合は、無理に相談せず、違うFPへ相談(セカンドオピニオン)することを強くおすすめします。

公的保険への知識を踏まえた上で民間の保険の保障範囲を考えるべき


2-2.公的保険制度や公的年金制度と合わせた保険設計ができること
生命保険を考える上で、公的保険制度や公的年金制度を加味した保険設計ができないFPは残念ながらプロとは言えません。この理由は、これらの制度を加味した生命保険と制度を加味しない生命保険には、「お金のロス」と「過大な保障」といった問題が生じてしまうためです。この影響を受けるのは、相談者であるお客様自身でありますから、お金の専門家であるFPは、生命保険だけに特化するのではなく、総合的にお客様の状況を考慮した上で最適な保険設計をする必要があります。良い生命保険に加入することは、将来の安心を確保するだけでなく、将来の無駄なお金が節約できる結果にもつながるのです。

2-3.生命保険料控除の説明ができること
現在、何かしらの生命保険に加入している人はすでにご存じだと思いますが、1年間に支払った生命保険料は、生命保険料控除として所得税および住民税を軽減させる効果があります。ただし、この生命保険料控除は、お客様1人ひとりの契約や状況によって効果が異なる他、すべての人が良い効果を受けるとは言い切れません。仮に生命保険を見直すことでどの程度の効果が認められるのか、しっかりと説明できる必要があります。節税効果が大きい小さいに関わらず、こちらにつきましても将来に渡って節税効果が持続することを踏まえますと決してあいまいにしておくことができない知識であると思います。

3.FPであれば誰でも良い訳ではない

FPサービス会社は均整という意味ではハズレが少ないです


FPは、6分野の知識が問われ、バランスよく知識を備えた専門家でありますが、医者と同じように得意としている専門分野があります。したがいまして、仮に1級FP技能士であったとしても、保険全般が得意ではないFPへ相談することは、かえって逆効果になります。保険業界に長く携わって、かつ、保険会社の販売している保険商品の特徴を活かしながら提案してくれるFPであれば、最高の生命保険を提案してもらうことができると思います。専門家選びが1つの大きな分かれ目となると言っても決して過言ではありません。

4.FPサービスのメリット

生命保険についてFPへ相談する方法はいくつか存在しますが、以下の図のようにFPサービスを利用する他、生命保険会社へ相談する場合、保険ショップを利用する場合などが主な選択肢として考えられます。


出典 保険のビュッフェより引用

先に「3.FPであれば誰でも良い訳ではない」で懸念した内容をすべて払拭できているのが、上記図からFPサービスであることがわかります。良い保険に加入するためには、保険設計を担当する「人(FP)」ですべて決まると言ってしまっても良いでしょう。将来に渡って大きなお金が動くだけに、担当者のあたりが悪かったでは決して済まされないのです。もちろんFPサービスを選んだからといって良い担当者にあたるとも言い切れません。あくまでも本記事で解説した内容を参考にしながらご自身で判断しなければならないのです。

本記事では、FPの資格や選び方、FPサービスについて解説しました。生命保険の良し悪しは、ご自身が保険金請求をした後に気付く人が大半です。

きっと、当たり前にもらえるはずの保険金がもらえないといったことがあるからこそ慎重になるのだと思います。あくまでも参考ではありますが、セカンドオピニオンを上手に活用しながら、何人かのFPへ相談してみるのも失敗しないための生命保険選びの1つなのかもしれません。

 

このページでわからない点があれば教えて下さい、保険牧場のFPが確認後回答致します。






相談方法を選択

来店型 (ショッピングモールや駅近くに店舗を構えているところが多いです。)

お住まいの都道府県を選択


相談したい保険の種類


条件を入力して検索ボタンを押して下さい。

166872
142777

加入したい保険が決まっていてもFPサービス利用をオススメする3つのメリット


ファイナンシャルプランナーの記事をライター別に見る




人気記事
  • 一時払い終身保険、年齢の上限と利回り、比較すべきポイント、FPが教えます! 一時払い終身保険、年齢の上限と利回り、比較すべきポイント、FPが教えます!
    一時払い終身保険、年齢の上限と利回り、比較すべきポイント ... 87,158 views
  • 個人型確定拠出年金ランキング。比較するポイントやおすすめをFPが解説! 個人型確定拠出年金ランキング。比較するポイントやおすすめをFPが解説!
    複雑な判断が必要になる確定拠出年金。一度、専門家に無料相談するのも一つの手段です... 65,277 views
  • ソニー生命の変額保険の評判と運用実績をFPが解説! ソニー生命の変額保険の評判と運用実績をFPが解説!
    ソニー生命の変額保険の評判と運用実績 ソニー生命の変額保険に入っている人は意... 44,821 views
  • 低解約返戻金型終身保険。ランキングに惑わされない選び方をFPが解説! 低解約返戻金型終身保険。ランキングに惑わされない選び方をFPが解説!
    低解約返戻金型終身保険。ランキングに惑わされない選び方  ... 35,273 views
  • 貯蓄型生命保険の選び方~一括払いや一時払いの活用方法。かんぽは人気? 貯蓄型生命保険の選び方~一括払いや一時払いの活用方法。かんぽは人気?
    貯蓄型生命保険の選び方~一括払いや一時払いの活用方法。かんぽ... 30,644 views
  • 新ながいきくん(おたのしみ型)の評判、デメリットはある? 新ながいきくん(おたのしみ型)の評判、デメリットはある?
    新ながいきくん(おたのしみ型)の評判、デメリットはある? ... 21,753 views
  • アクサダイレクト生命保険の口コミと評判をFPが解説! アクサダイレクト生命保険の口コミと評判をFPが解説!
    アクサダイレクト生命保険の口コミと評判 生命保険を販売... 17,156 views
  • 明治安田生命保険の評判、どんな種類が人気?エブリバディ10? 明治安田生命保険の評判、どんな種類が人気?エブリバディ10?
    明治安田生命保険の評判、どんな種類が人気?エブリバディ10? ... 10,780 views
  • 楽天生命ピンポイントのココが良い!メリットデメリット 楽天生命ピンポイントのココが良い!メリットデメリット
    楽天生命ピンポイントのココが良い!メリットデメリット ■はじめ... 9,401 views
  • 定年退職後の生命保険の見直し、注意すべきポイントとは? 定年退職後の生命保険の見直し、注意すべきポイントとは?
    定年退職後の生命保険の見直し、注意すべきポイントとは? 退職を... 8,472 views
  • 生存祝い金特約とは?必要?不必要?特約の不思議 生存祝い金特約とは?必要?不必要?特約の不思議
    生存祝い金特約とは?必要?不必要?特約の不思議 生命保険に入っ... 8,370 views
  • 生命保険の相続税、非課税枠とは?死亡保険金について学ぶ 生命保険の相続税、非課税枠とは?死亡保険金について学ぶ
    生命保険の相続税、非課税枠とは?死亡保険金について学ぶ 生命保... 7,924 views
  • しあわせずっとの評判と口コミをFPが分析!~三井住友海上プライマリー生命 しあわせずっとの評判と口コミをFPが分析!~三井住友海上プライマリー生命
    しあわせずっとの評判と口コミ~三井住友海上プライマリー生命 ... 7,149 views
  • 収入保障保険のおすすめ。ソニーやチューリッヒが人気?選び方解説 収入保障保険のおすすめ。ソニーやチューリッヒが人気?選び方解説
    収入保障保険のおすすめ。ソニーやチューリッヒが人気?選び方解説 生命保険を準備... 5,613 views
  • 喫煙者と非喫煙者、生命保険料の違いは? 喫煙者と非喫煙者、生命保険料の違いは?
    喫煙者と非喫煙者、保険料はどれくらい変わる? 保険を考える上で... 5,335 views
  • 相談方法を選択


    来店型 (ショッピングモールや駅近くに店舗を構えているところが多いです。)

    お住まいの都道府県を選択


    相談したい保険の種類


    条件を入力して検索ボタンを押して下さい。


    最新記事
  • 長期平準定期保険の経理処理方法をFPが解説!定義は何?
    長期平準定期保険の経理処理方法をFPが解説!定義は何?長期平準定期保険の経理処理 2017/3/27
  • お宝保険とは?高利率の保険についてFPが教えます!
    お宝保険とは?高利率の保険についてFPが教えます!お宝保険とは?高利率の保険につ 2017/3/27
  • 生命保険の逆ランキング~ワースト1はどれ?FPが解説!
    生命保険の逆ランキング~ワースト1はどれ?FPが解説!生命保険の逆ランキング~ワ 2017/3/26
  • 生命保険の解約返戻金は確定申告が必要?税金についてFPが解説!
    生命保険の解約返戻金は確定申告が必要?税金についてFPが解説!生命保険の解約返戻 2017/3/10
  • 男を守る弁護士保険とは?痴漢冤罪需要が高い?FPが解説!
    男を守る弁護士保険とは?痴漢冤罪需要が高い?FPが解説!男を守る弁護士保険とは? 2017/3/6

  • 相談方法を選択


    来店型 (ショッピングモールや駅近くに店舗を構えているところが多いです。)

    お住まいの都道府県を選択


    相談したい保険の種類


    条件を入力して検索ボタンを押して下さい。