HOME » 生命保険 » 生命保険を比較する時に注目すべき見積もりのポイントとは?
※この記事は約4分で読めます。

生命保険を比較する時に注目すべき見積もりのポイントとは?

多くの保険会社が販売している生命保険ですが、どの保険にどのような特徴があり、どれが自分にあっているのか、なかなか調べてもよく分かりません。そのような保険初心者の場合、それぞれの生命保険を比較するときには保険の見積もりを出すのが一番です。そこで今回は、生命保険の見積もりを出して比較する時の、見積もりのポイントをご紹介しましょう。

生命保険は一括で見積もりを取れる。しかし、どう比較するか?ポイントが重要


生命保険の見積もりは一括で行なえる

生命保険を選ぶときには、できるだけ多くの保険会社の商品から資料を取り寄せて、比較検討するのがおすすめです。少ない保険会社・保険商品の中から選ぶと、よりよい保険を見逃す場合があるからです。そのような時に便利なのが、複数の保険会社の資料を一括で取り寄せることができるサイトです。一括で取り寄せ、それぞれをよく吟味した上で、自分にあった保険に加入することができます。

しかしせっかくたくさんの資料を取り寄せても、どのようなポイントで比較すればいいかを知らなければ判断を誤ってしまう可能性があります。生命保険を比較する上での、見積もりのポイントは以下の3つです。

・ポイント①必要な保障があるものだけをピックアップ
・ポイント②保障内容を具体化
・ポイント③具体的にシュミレーションしてみる

この3つのポイントを利用して複数の保険から適切なものを絞り込んでいけば、自ずと自分にもっともあった保険プランを作成することができます。それでは、実際にやってみましょう。

自分で保険選びをしてみると知らない事だらけ?
保険アンケート回答と無料相談で高級ギフトが貰えます★


無料保険相談サービス最大手、保険のビュッフェのアンケートキャンペーンの案内ページはこちら

知ってるようで知らない保険の事、アンケートに回答すると見えてくるかも?

4つの生命保険タイプから必要な保障でピックアップ

大きく分けると生命保険は4種類。基本を知っておこう。


生命保険にはさまざまな種類のものがあります。まず保障期間について「定期保険」と「終身保険」があり、多くの定期保険は保険料の戻って来ない掛け捨て型であり、終身保険は積立型です。さらに保険金を年金形式で受け取る「収入保障保険」や満期になったときに保険金が受け取れる「養老保険」もあります。以下のような4つの種類の中から、どのタイプの生命保険が自分にあっているのかをまずは検討してみましょう。

・定期保険
定期保険とは保険期間が5年や10年など一定期間に設定されている保険です。終身保険に比べて保険料が安く、一定期間ごとに見直しがしやすくなっています。保険料は戻って来ない掛け捨て型であり、解約返戻金もほとんどないことが多いです。しかし安い保険料で手厚い保障を受けることができます。終身保険と組み合わせて使うこともできます。

・終身保険
終身保険とは、保険期間が一生涯の保険です。定期保険に比べて保険料は割高ですが、保険料は積み立てられ、保険金を必ず受け取ることができます。また保険料は加入後一生涯変化しないため、若いうちに加入すればそれだけお得になります。保険料の払い込みを引退前に設定しておけば、引退後は保険料の払い込み負担から解放されて保障のみを受けることができます。

・収入保障保険
収入保障保険とは、保険期間の間に被保険者に万が一のことがあった場合に保険金が支払われる、という点では定期保険と変わりません。しかし保険金が毎月、もしくは毎年一定額に分割されて支払われるという点が定期保険と異なります。例えば保険期間を10年間、毎月10万円の保険金が受け取れるプランで加入すれば、被保険者が死亡後保険期間満了まで毎月10万円の保険金を受け取ることができます。

・養老保険
主に貯蓄を目的として加入するのが養老保険です。契約から満期までは死亡保障があり、満期まで生存していれば満期保険金が受け取れます。65歳満期で保険金を1000万円に設定していれば、65歳まで生存していれば1000万円を受け取ることができ、それを老後資金として使うことができます。銀行での預金よりも利回りがいいため、貯蓄用として人気です。

生命保険保障の具体的な内容を決める

必要保障内容を決めるとどの保険が必要かが見えてきます。


自分に必要な保険タイプを選んだら、次に保障内容を具体化します。保障内容は以下の3つの点から選びます。

・保険金額
・保険期間
・保険料払込期間

保障内容を具体化するには、保障が①誰に②何のために③どれだけの期間必要なものなのかを明らかにする必要があります。例えば①子どもと妻の②生活費のために③子どもが独立するまでの10年間の保障、などです。この3点を検討すれば、保険金額、保険期間、保険料払込期間はすぐに決めることができます。

ここでは保険タイプとして「終身保険」を選び、保険金額は「300万」、保険期間は「終身」、被保険者は「35歳男性」と仮定してみます。複数の保険会社のプランから一括で見積もりを調べることができるサイトで検索すると、この条件ではたくさんの商品が出てきます。ここから具体的にシミュレーションしながら、自分にあったものを絞り込んでいきます。

生命保険プランをシミュレーション

最後に保険の見積もりを出しシミュレーションしつつ、それぞれを比較して加入しますが、このときに重要なのが「保険料の安さだけで比べない」ことです。これが見積もりを比較するときのもっとも大切なポイントになります。保険料の安さはもちろん大事です。しかしそれだけでなく、解約返戻金はあるのか、自分に適切な保障を選ぶことができるのかなども検討する必要があります。

①マニュライフ生命「こだわり終身保険v2」

保険見積もりサイトで条件を入力すると、保険料の安い順番で複数の商品が出てきます。もっとも安いものは、マニュライフ生命の「こだわり終身保険v2」で、毎月の保険料は「4139円」となります。この保険の特徴は「低解約返戻金型」であるため保険料が安いかわりに途中解約すると損することがある点です。また非喫煙者は保険料が安くなります。こちらの保険では以下の中から保険料払込期間を選ぶことができます

・20年
・30年
・終身払い
・一定の年齢(60歳、65歳など)

②オリックス生命「終身保険RISE」

次に安いのはオリックス生命の「終身保険RISE」です。毎月の保険料は「4254円」とマニュライフ生命とほとんど変わりません。またこちらも低解約返戻金型であるため、一定期間内は解約返戻金が低く抑えられています。早いうちに解約すると損してしまいますが、保険料払込満了後は返戻金が支払った保険料の総額よりも多くなっていきます。そのため貯蓄を目的として利用することもできます。

また保険料払込期間も以下のように多くのパターンが準備されています。

・50歳払済
・55歳払済
・60歳払済
・65歳払済
・70歳払済
・75歳払済
・80歳払済
・終身払済

保険金は200万円〜5000万円の間で100万円単位で設定できます。このように「終身保険RISE」はマニュライフ生命の保険よりも保険料は若干高くなりますが、保険料払込期間、保険金が多くのパターンから選べるというメリットがあるのです。そのため、より自分のライフプランにあった保険プランを作成することができます。

③アクサダイレクト生命「カチッと終身保険」

これらと同じ条件では、アクサダイレクトの「カチッと終身保険」も人気です。保険料は「4323円」となっています。カチッと終身保険の特徴は、定期保険、収入保障保険と組み合わせてプランを作成するのが容易であるという点です。例えば今後10年間は子どもを養う必要があるため、手厚い保障(が必要だが、それ以降はそこまで必要なく500万円程度でいい。そして保険料もできるだけ抑えたい、という人は「終身保険+定期保険or収入保障保険」という組み合わせで、ライフプランにあった保険プランを組み合わせて作成することができるのです。

この保険も低解約返戻金型という点は同じです。また保険金は100万円〜4000万円の間から選ぶことができます。保険料の払込期間は以下です。

・15年払い
・55歳払済
・60歳払済
・65歳払済
・終身払済

定期保険、収入保障保険との組み合わせがしやすいという点はメリットですが、保険料払込期間のパターンの少なさという点では、オリックス生命の保険に劣っています。

生命保険を比較するときの流れ

今回は3つの終身型の生命保険を例にして、保険見積もりの比較の仕方をシュミレーションしてみました。このように保険にはそれぞれに特徴やメリットがあり、保険料の安さという1つの側面から比較すると、長期的に見て損してしまうことがあります。詳しい保障・契約内容までよく読んだ上で、それぞれを比較して自分にあった保険を選ぶようにしましょう。

加入したい保険が決まっていてもFPサービス利用をオススメする3つのメリット

このページでわからない点があれば教えて下さい、保険牧場のFPが確認後回答致します。
1. ハンドルネームを入力してください。
2. メールアドレスを入力してください。
3. お住まいのエリアを選択してください。
4. このページ内容でわからない点、
質問などを入力して下さい。

相談方法を選択

来店型 (ショッピングモールや駅近くに店舗を構えているところが多いです。)

お住まいの都道府県を選択


相談したい保険の種類


条件を入力して検索ボタンを押して下さい。

PR


ファイナンシャルプランナーの記事をライター別に見る

あわせて読みたい人気記事
保険のビュッフェの無料相談が口コミで人気?FPが分析!

保険のビュッフェの無料相談が口コミで人気?FPが分析!

医療保険や生命保険、がん保険、学資保険、個人年金などなどあらゆるジャンルの保険の相談ができる保険のビュッフェが...

第一生命の個人年金保険の内容と他社との貯蓄率比較について

第一生命の個人年金保険の内容と他社との貯蓄率比較について

第一生命の個人年金保険の内容と他社との貯蓄率比較について 第一生命の個人年金を含め、複数の保険会社から一番お得な保険...
81,027 views

第一生命保険の評判をFPが分析!ブライトWay、メディカルエール、しあわせ物語、どれが人気?

第一生命保険の評判をFPが分析!ブライトWay、メディカルエール、しあわせ物語、どれが人気?

第一生命の保険商品に詳しく、第一生命と他者を緻密に比較するなら保険マンモスがオススメ。 保険マンモス相談予約...
49,344 views

チューリッヒのがん保険、終身ガン治療保険プレミアムの評判

チューリッヒのがん保険、終身ガン治療保険プレミアムの評判

チューリッヒのがん保険、終身ガン治療保険プレミアムの評判 がん保険の中でも人気なのがチューリッヒの「終身ガン治療保険プレミア...
19,598 views

順風ライフの特約内容や解約返戻金をFPが解説!口コミでは人気?

順風ライフの特約内容や解約返戻金をFPが解説!口コミでは人気?

順風ライフの特約内容や解約返戻金をFPが解説!口コミでは人気? 第一生命保険株式会社の「順風ライフ」。発売当初に、ゴルフプレイヤーの石川遼選...
8,221 views

第一生命は解約時にしつこい?タイミングや相談窓口など紹介

第一生命は解約時にしつこい?タイミングや相談窓口など紹介

第一生命は解約時にしつこい?タイミングや相談窓口など紹介 1902年に日本初めての相互保険会社として創立した第一生命。2010年4月に株式会...
7,947 views

太陽生命が取り扱う保険商品、どんなものが人気?口コミと評判

太陽生命が取り扱う保険商品、どんなものが人気?口コミと評判

太陽生命が取り扱う保険商品、どんなものが人気?口コミと評判 今回は太陽生命の商品について紹介していきます。どんな商品が皆さん...
7,936 views

第一生命学資保険をシミュレーション、評判のポイント、メリットデメリット

第一生命学資保険をシミュレーション、評判のポイント、メリットデメリット

第一生命学資保険をシミュレーション、評判のポイント、メリットデメリット なぜ、学資保険が必要? 最初に、学資保険がなぜ...
7,189 views

第一生命終身保険の解約返戻金、解約タイミングなどをFPが解説

第一生命終身保険の解約返戻金、解約タイミングなどをFPが解説

第一生命終身保険の解約返戻金、解約タイミングなどをFPが解説 国内大手の第一生命が手掛ける終身保険について。第一生命の終身保険は、4つの商品...
5,808 views

第一フロンティア生命のプレミアレシーブは円建?豪ドル?評判や口コミをFPが分析!

第一フロンティア生命のプレミアレシーブは円建?豪ドル?評判や口コミをFPが分析!

第一フロンティア生命のプレミアレシーブは円建?豪ドル?評判や口コミをFPが分析! 資産運用をしたいけど、株や投資信託は不安、でも馴染みのある...
5,638 views

東京海上あんしん生命のがん保険、がん治療支援NEOとがん診断保険R

東京海上あんしん生命のがん保険、がん治療支援NEOとがん診断保険R

東京海上あんしん生命のがん保険、がん治療支援NEOとがん診断保険R 東京海上日動あんしん生命には2つのがん保険があります。がん治療支援NEO...
3,265 views


人気記事 人気記事
新着記事 新着記事



相談方法を選択


来店型 (ショッピングモールや駅近くに店舗を構えているところが多いです。)

お住まいの都道府県を選択


相談したい保険の種類


条件を入力して検索ボタンを押して下さい。


あなたにピッタリの保険相談窓口を探そう!