HOME » 個人年金 » 公的保険 » 精神障害1,2,3級における年金金額や必要要件をFPが解説!
※この記事は約3分で読めます。

精神障害1,2,3級における年金金額や必要要件をFPが解説!

精神障害1,2,3級における年金金額や必要要件をFPが解説!
国民年金や厚生年金といった公的年金は、おもに3つの年金にわけられ、老後の生活資金である「老齢年金」、障害を患ったときに支給される「障害年金」、亡くなったときに遺族に対して支給される「遺族年金」があります。
さらに、それぞれの年金金額には、個々によって支給金額が異なるだけでなく、年金が支給されるための必要な要件を満たしていなければならないこともあります。
本記事では、これら3つの年金のうち、障害年金について幅広く紹介していきますが、結論から申し上げて精神障害が1級・2級・3級にあてはまっていたとしても障害年金の支給が受けられるかは「別問題」になります。その理由についてできる限りわかりやすく紹介していきます。

1.障害年金とは

障害年金とはそもそもどういったものなのでしょうか?


障害年金とは、病気やけがを問わず、障害年金が支給されるための必要な要件を満たしていれば受け取ることができるお金で、大きく「障害基礎年金」と「障害厚生年金」の2つにわけられます。障害基礎年金は、国民年金から支給され、障害厚生年金は厚生年金から支給される特徴があるほか、どちらの障害年金も受け取ることができる要件を満たしていれば両方の障害年金の支給が受けられます。
ただし、障害年金の支給を受けるためには、年金法で定められている「障害等級」に該当している必要があり、障害基礎年金は、障害等級が「1級」「2級」、障害厚生年金は、障害等級が「1級」「2級」「3級」である必要があります。ここで確実に注意しなければならないことは、身体障害者手帳が交付されている人の障害等級と年金法上の障害等級は、必ずしも一致しません。

したがいまして、たとえば、身体障害者手帳には、2級障害と認定されていたとしても年金法上の障害等級2級になるとは限らないため、障害年金の障害等級を知るためには、専門家である社会保険労務士へ相談したり「精神の障害に係る等級判定ガイドライン(※1)」や年金法上の障害等級と障害の状態を自分自身で調べる必要があることになります。

年金不安の現代、確実な備えはできていますか?
個人年金アンケート回答と無料相談で高級ギフトが貰えます★


無料保険相談サービス最大手、保険のビュッフェのアンケートキャンペーンの案内ページはこちら

知ってるようで知らない個人年金の事、アンケートに回答すると見えてくるかも?

2.精神障害の場合における等級判定はどのようにするのか?

年金における等級判定を知っておくことが重要


健康診断などにおいて採血して血液検査をすることで、さまざまな数値がわかり、その数値から健康なのか不健康なのかなどがわかりますが、精神障害の場合は、その重症具合を数値で表すことができません。そのため、精神障害の場合における等級判定は、「日常生活の支障」がどの程度なのかについて「医師」が以下の項目について確認する流れとなります。
・自分で食事をすることができるのか
・自分で身の回りの整理をすることができるのか
・自分でお金を管理し買い物をすることができるのか
・自分で病院へ通院し薬を飲むことができるのか
・他の人とコミュニケーションを図ることができるのか
・自分で身の回りの安全や危険について感じることができるのか
・社会全体で考えた時に補助が必要なのか 

など

これらの項目は、医師が直接確認し判断することになるのですが、障害年金を受けるためには、障害基礎年金の場合、障害等級が「1級」「2級」、障害厚生年金の場合、障害等級が「1級」「2級」「3級」にあてはまっていなければなりません。このように考えますと、上記の項目について「医師から重い障害等級にあてはまるような判定」を受けなければ、そもそも障害年金の支給を受けることが難しくなると考えることができます。

医師の判断によって結果が変わってくるので注意です


実際のところ、医師に対して日常生活の支障を「自分から医師へしっかりと伝える」ことがとても重要になるのですが、これが医師に対してうまく伝わらなかったり、医師が独自の判断で判定してしまうといった問題も少なからずあります。また、日常生活の支障について、「とにかく辛い・苦しい」と医師の情に訴えかけることをしたところで「まったく意味がない」ため、なぜ、このような日常生活に支障が生じることになったのかについて個別具体的に合理的に説明していく必要があります。これらの状況や項目結果を踏まえて医師は、患者の状況を4つのランクにわけることになりますが、ランクの内容は以下の通りです。
・日常生活が問題なくできる
・日常生活について自分で行うことはできるが、助言や指導を必要とする場合がある
・日常生活について自分で行うことはできないが、助言や指導があれば行うことができる
・日常生活について自分で行うことはできない、もしくは、行うことができない

精神の障害に係る等級判定ガイドライン
出典 精神の障害に係る等級判定ガイドライン(※1)

医師の判断の結果、上記の精神障害に係る等級判定ガイドラインのいずれかに該当することになり、その結果、支給要件を満たしていることで障害等級が「1級」「2級」に該当した場合は、障害基礎年金と障害厚生年金が両方支給され、「3級」の場合は、障害厚生年金のみ支給、4級以下の場合は、障害年金が支給されないといった流れになります。

3.精神障害1級・2級・3級の年金はいくらになるのか

年金はいくらになるのか、おおまかな計測


ここまで障害年金の障害等級の判定について見ていただけた読者の皆さまは、すでにお気付きのように、精神障害1級・2級・3級の認定を受けてあったとしても、障害等級の判定は、医師の日常生活の支障についての判断によって決められることがあることから、結果として一概に「○万円もらえます」と断言してお伝えすることは残念ながらできません。ここでは余談として、平成28年度に支給が受けられる「障害基礎年金の年金額」「障害厚生年金の年金額」を以下へご紹介していきます。

3-1.障害基礎年金の金額(平成28年度)
障害等級1級 年間975,125円(定額)
障害等級2級 年間780,100円(定額)

3-2.障害厚生年金の金額(平成28年度)
障害厚生年金の年金額は、個々人によって異なる特徴があり、ざっくり言ってしまいますといままでもらってきた給料の金額が大きく関係することから、前述した障害基礎年金のように○万円いった定額ではありません。以下、日本年金機構のホームページに掲載している障害厚生年金の計算式を紹介していきます。
障害等級1級 (報酬比例の年金額)×1.25+(配偶者の加給年金額)
障害等級2級 (報酬比例の年金額)+(配偶者の加給年金額)対象者のみ
障害等級3級 (報酬比例の年金額)最低保障額 585,100円

4.障害年金の支給を受けるための必要要件とは

障害年金の支給を受けるための必要要件はおもに3つあり、それぞれを簡単に紹介していきます。詳しくは、専門家である社会保険労務士や日本年金機構へ相談・問い合わせてみることをおすすめ致します。
1.「初診日(初めて病院へかかった日)」があること
2.一定の障害状態にある(障害基礎年金は1級・2級、障害厚生年金は1級・2級・3級)
3.保険料納付要件(年金を納めている期間が一定期間あること)

5.まとめ

本記事の説明で障害年金の障害等級と精神障害の等級は、必ずしも一致しないことがご理解できたと思います。とても下世話な話なのかもしれませんが、筆者も社会保険労務士事務所に勤務した経験を踏まえてあえていわせていただけるとするならば、障害年金の相談や請求は、専門家である社会保険労務士へ依頼するのが無難です。

本記事で紹介することができなかったさらに専門的な内容が深く関係する問題があるだけでなく、障害年金の支給を受けるためのいわば「結果」を求める方が多いからこその記述であると捉えていただければ幸いです。

 

(※1)http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-12512000-Nenkinkyoku-Jigyoukanrika/0000130045.pdf

このページでわからない点があれば教えて下さい、保険牧場のFPが確認後回答致します。
1. ハンドルネームを入力してください。
2. メールアドレスを入力してください。
3. お住まいのエリアを選択してください。
4. このページ内容でわからない点、
質問などを入力して下さい。

相談方法を選択

来店型 (ショッピングモールや駅近くに店舗を構えているところが多いです。)

お住まいの都道府県を選択


相談したい保険の種類


条件を入力して検索ボタンを押して下さい。

PR


ファイナンシャルプランナーの記事をライター別に見る

あわせて読みたい人気記事
保険のビュッフェの無料相談が口コミで人気?FPが分析!

保険のビュッフェの無料相談が口コミで人気?FPが分析!

医療保険や生命保険、がん保険、学資保険、個人年金などなどあらゆるジャンルの保険の相談ができる保険のビュッフェが...

第一生命の個人年金保険の内容と他社との貯蓄率比較について

第一生命の個人年金保険の内容と他社との貯蓄率比較について

第一生命の個人年金保険の内容と他社との貯蓄率比較について 第一生命の個人年金を含め、複数の保険会社から一番お得な保険...
80,953 views

第一生命保険の評判をFPが分析!ブライトWay、メディカルエール、しあわせ物語、どれが人気?

第一生命保険の評判をFPが分析!ブライトWay、メディカルエール、しあわせ物語、どれが人気?

第一生命の保険商品に詳しく、第一生命と他者を緻密に比較するなら保険マンモスがオススメ。 保険マンモス相談予約...
49,290 views

チューリッヒのがん保険、終身ガン治療保険プレミアムの評判

チューリッヒのがん保険、終身ガン治療保険プレミアムの評判

チューリッヒのがん保険、終身ガン治療保険プレミアムの評判 がん保険の中でも人気なのがチューリッヒの「終身ガン治療保険プレミア...
19,579 views

順風ライフの特約内容や解約返戻金をFPが解説!口コミでは人気?

順風ライフの特約内容や解約返戻金をFPが解説!口コミでは人気?

順風ライフの特約内容や解約返戻金をFPが解説!口コミでは人気? 第一生命保険株式会社の「順風ライフ」。発売当初に、ゴルフプレイヤーの石川遼選...
8,168 views

太陽生命が取り扱う保険商品、どんなものが人気?口コミと評判

太陽生命が取り扱う保険商品、どんなものが人気?口コミと評判

太陽生命が取り扱う保険商品、どんなものが人気?口コミと評判 今回は太陽生命の商品について紹介していきます。どんな商品が皆さん...
7,915 views

第一生命は解約時にしつこい?タイミングや相談窓口など紹介

第一生命は解約時にしつこい?タイミングや相談窓口など紹介

第一生命は解約時にしつこい?タイミングや相談窓口など紹介 1902年に日本初めての相互保険会社として創立した第一生命。2010年4月に株式会...
7,898 views

第一生命学資保険をシミュレーション、評判のポイント、メリットデメリット

第一生命学資保険をシミュレーション、評判のポイント、メリットデメリット

第一生命学資保険をシミュレーション、評判のポイント、メリットデメリット なぜ、学資保険が必要? 最初に、学資保険がなぜ...
7,179 views

第一生命終身保険の解約返戻金、解約タイミングなどをFPが解説

第一生命終身保険の解約返戻金、解約タイミングなどをFPが解説

第一生命終身保険の解約返戻金、解約タイミングなどをFPが解説 国内大手の第一生命が手掛ける終身保険について。第一生命の終身保険は、4つの商品...
5,780 views

第一フロンティア生命のプレミアレシーブは円建?豪ドル?評判や口コミをFPが分析!

第一フロンティア生命のプレミアレシーブは円建?豪ドル?評判や口コミをFPが分析!

第一フロンティア生命のプレミアレシーブは円建?豪ドル?評判や口コミをFPが分析! 資産運用をしたいけど、株や投資信託は不安、でも馴染みのある...
5,593 views

東京海上あんしん生命のがん保険、がん治療支援NEOとがん診断保険R

東京海上あんしん生命のがん保険、がん治療支援NEOとがん診断保険R

東京海上あんしん生命のがん保険、がん治療支援NEOとがん診断保険R 東京海上日動あんしん生命には2つのがん保険があります。がん治療支援NEO...
3,260 views


人気記事 人気記事
新着記事 新着記事



相談方法を選択


来店型 (ショッピングモールや駅近くに店舗を構えているところが多いです。)

お住まいの都道府県を選択


相談したい保険の種類


条件を入力して検索ボタンを押して下さい。


あなたにピッタリの保険相談窓口を探そう!