HOME » おすすめの保険相談サービス » 一番かんたん!マンガでわかる保険のこと » 保険会社一覧~さ行 » 生命保険 » ソニー生命の変額保険の評判と運用実績をFPが解説!
※この記事は約4分で読めます。


ソニー生命の変額保険の評判と運用実績

入っている人は意外に多い?
ソニー生命の変額保険とは?

ソニー生命の変額保険に入っている人は意外に多いですよね。特に運用に興味はあるけれど高リスクは望まない方、貯蓄に興味のある方がこの保険に入っていることが多いという印象ですが、実際の評判や運用実績は一体どうなっているのでしょうか?ここではソニー生命の変額保険を紹介していきます。

1.変額保険とは?

「変額保険」とはどんな保険なのか知ろう!!


「変額保険」という言葉に耳慣れない方もいらっしゃるかもしれませんので、まずは「変額保険」とはどんな保険なのかというところからお話ししていきましょう。
「変額」とありますが、その名の通り保険金額が変動する生命保険のことを「変額保険」といいます。何故変動するのでしょうか。保険会社は保険料として預かった資産を株式や債券を中心に運用するため、その運用実績によって保険金や解約返戻金が決まります。そのため、うまく運用できれば保険金額は増え、思うような運用成果が得られなければ受け取ることができる保険金が減ることになります。
変額保険には大きく2つのタイプがあり、「有期型」と「終身型」に分けられます。死亡時に受け取れる死亡保険金の金額は「基本保険金」に「変動保険金」を合計した金額です。「基本保険金」とは保証されている最低金額があるため、どんなに運用実績が悪化してもその金額を下回ることはありません。もし「変動保険金」がマイナスになったとしても「基本保険金」に関しては必ず受け取れるということになります。普通、個別で株などに投資をする場合「最低保障」をされることはありません。保険ならではのメリットと言えますね。

変額保険での大きな選択肢、それは有期型を選ぶか、終身型を選ぶか


ただし有期型の場合、保険期間が満期を迎えれば「満期保険金」という形で受け取ることになります。この満期保険金には最低保証がないため、基本保険金額を下回ることがありますので、注意が必要です。死亡保険金についてはもちろん最低金額が保証されています。
また解約時に受け取る解約返戻金についても最低保証はありません。そのときの運用実績による金額となるためです。ですから今現在の運用がどの程度利益を生んでいるのかを定期的にチェックしたされることをお勧めいたします。元本割れしないように、解約を考えている際には、そのタイミングに気を付けていただければと思います。
保証があるのか、それともないのかを文字で見るとなかなかわかりづらいと思いますので、表にまとめてみました。

保険金 内訳 保証の有無
死亡保険金 基本保険金 最低保証あり
変動保険金 最低保証なし
解約返戻金 ――――――――――――― 最低保証なし
満期保険金 ――――――――――――― 最低保証なし

これを見ていただければ、死亡保険金のみが最低保証されていることがわかります。つまり死亡した場合は受け取れる金額があらかじめ決まっており、その金額に運用成果を上乗せした金額が支払われることになります。この場合は運用でマイナスになっていても、最低保証されているため安心です。
解約返戻金は最低保証はありませんが、運用がプラスの時に解約すればその分だけお得になります。ただしこの場合はご自身の運用を定期的にチャックしておく必要がありますし、株や投資信託ほどではありませんが、市場の動向にも目を向けておくことでうまく運用できるのではないでしょうか。
最後に満期保険金ですが、実はこれが一番厄介かもしれません。なぜなら、5年後が満期だとして、5年後の相場予想することは大変困難だからです。解約返戻金であればタイミングをみてうまく解約できれば、損を回避することができるかもしれませんが、満期を迎えるにあたってはまさに流れに身を任せるしかありません。変動保険のメリットとしては、株や投資信託ほど景気動向に敏感になる必要がないことですので、大げさに考える必要じゃありませんが、頭の隅に入れておくといいと思います。
「変額保険」の大まかな説明をさせていただきました。保険金額が変動する理由、メリット、デメリット等お分かりいただけましたでしょうか。次からが本題です。「ソニー生命の変額保険」についてお話ししていきましょう。

ソニー生命の変額保険も合わせて、他者と一括比較できる保険相談はコチラ


保険マンモス相談予約窓口

2.ソニー生命の変額保険「バリアブル ライフ」

変額保険の契約例を見て特徴を調べよう!!


主だった特長については上記で説明した通りですが、ソニー生命の変額保険ならではの特徴もありますので、あわせて見ていきましょう。
①終身型(無配当)
主な特徴
・一生涯保障
・運用実績により死亡・高度障害保険金額は変動(最低保証金額は下回らない)
・解約返戻金も運用実績により変動
・運用対象は8つの特別勘定から選択可能(株式型・日本成長株式型・世界コア株式型・世界株式型・債券型・世界債券型・総合型・短期金融市場型の8つから1つ、もしくは複数を選択できる)
・積立機能重視の「オプションA」と保障機能重視の「オプションB」の2つから選択可能
・身体障害の状態になったときは、それ以降の保険料払込が免除

契約例
・被保険者・・・35歳男性
・基本保険金額・・・1,000万円
・保険料払込期間・・・60歳まで
・月払保険料・・・20,860円(年齢・保険金額により異なります)



〇積立機能重視or保障機能重視? 契約時に積立機能重視のオプションAか保障機能重視のオプションBかを選べるわけですが、契約後は変更ができません。契約前にしっかり特長を確認しておくことが大切になります。それぞれの特徴を見ていきましょう。
A. 積立機能重視
・積立機能を重視しているプランです。もし特別勘定資産の運用実績が「3.5%」を超えた場合、保障機能重視のオプションBよりも積立金が大きくなります。
・変動保険金額が運用によりプラスになった場合、年2回まで変動保険金額を減額することができます。(プラス分を引き出すことができる、ということです。その分積立金は減ります。)
・変動保険金額は毎日変動します。

B. 保障機能重視
・保障機能を重視しているプランです。もし特別勘定資産の運用実績が同じ場合には、積立機能重視のオプションAよりも変動保険金額が大きくなります。
・変動保険金額は毎月1日に変動し、月内は一定です。

このようにタイプが全く異なりますので、ご自身の考えに沿ったタイプを選択されることをおすすめします。

②有期型(無配当)
〇主な特徴
・満期時に満期保険金を受取。満期保険金は運用実績により変動。
・運用実績により死亡・高度障害保険金額は変動(最低保障金額以下にはならない)
・解約返戻金も運用実績により変動
・運用対象は8つの特別勘定から選択可能(株式型・日本成長株式型・世界コア株式型・世界株式型・債券型・世界債券型・総合型・短期金融市場型の8つから1つ、もしくは複数を選択できる)
・積立機能重視の「オプションA」と保障機能重視の「オプションB」の2つから選択可能
・身体障害の状態になったときは、それ以降の保険料払込が免除

〇契約例
・被保険者・・・35歳男性
・基本保険金額・・・1,000万円
・保険期間・保険料払込期間・・・30年
・月払保険料・・・22,390円(年齢・保険金額により異なります)



終身型と違い、有期型は満期に満期保険金を受け取らなければなりません。その金額は運用実績によって増減しますので基本保険金額を下回ることがあるということに注意しましょう。

3.ソニー生命の変額保険、運用実績

8つの特別勘定の過去3年間の実績を検証しましょう!


変動保険の保険金額は特別勘定の運用動向で額が変わってきます。8つの特別勘定である
株式型・日本成長株式型・世界コア株式型・世界株式型・債券型・世界債券型・総合型・短期金融市場型から選んで各自運用できるので、選び方によって増え方、減り方が当然異なります。ここではそれぞれのタイプ別にここ数年の騰落率を見ていきたいと思います。データは2015年10月現在のものです。
(※「ベンチマーク」とは運用の目安としている指数のことをいいます。)

①株式型・・・
日本の株式を中心に投資しており、日経平均株価をベンチマークとしています。

  前月末比 1年 2年 3年 設定来
騰落率 +9.49% +18.74% +38.28% +124.36% +93.38%
年換算 +18.74% +17.59% +30.91% +2.30%

ベンチマーク騰落率は前月末比+9.75%となっています。(ベンチマークより運用が上回っているというのは運用が上手だということになります。)

②日本成長株式型・・・
日本の株式に投資をする投資信託「フィディリティ・日本成長株・ファンドVA3(適格機関投資家専用)」に投資しており、TOPIXがベンチマークとなっています。

  前月末比 1年 2年 3年 設定来
騰落率 +11.34% +16.60% +31.32% +111.16% +106.98%
年換算 +16.60% +14.59% +28.29% +5.64%

ベンチマーク騰落率は前月比+10.42%です。

③世界コア株式型・・・
日本を含む世界の株式に投資をする投資信託「ワールドエクイティ・ファンドVL(適格機関投資家専用)」に投資しており、MSCIワールド・インデックス(配当込・円ベース)がベンチマークとなっています。

  前月末比 1年 2年 3年 設定来
騰落率 +10.41% +13.65% +35.88% +111.96% +113.32%
年換算 +13.65% +16.57% +28.45% +5.88%

ベンチマーク騰落率は前月比+10.94%です。

④世界株式型・・・
日本を含む世界各国の株式に投資をしており、MSCIワールド・インデックス(配当込・円ベース)をベンチマークとしています。

  前月末比 1年 2年 3年 設定来
騰落率 +13.03% +25.94% +46.94% +112.78% +588.22%
年換算 +25.94% +21.22% +28.62% +12.40%

ベンチマーク騰落率は前月比+10.94%です。

⑤債券型・・・
日本の公社債中心に分散投資しています。ベンチマークの設定はありません。

  前月末比 1年 2年 3年 設定来
騰落率 +0.22% +2.08% +4.17% +6.23% +246.03%
年換算 +2.08% +2.06% +2.04% +4.37%

⑥世界債券型・・・
日本を含む世界各国の債券に投資をしており、シティ世界国債インデックス(ヘッジなし・円ベース)をベンチマークとしています。

  前月末比 1年 2年 3年 設定来
騰落率 +0.22% +2.08% +4.17% +6.23% +246.03%
年換算 +2.08% +2.06% +2.04% +4.37%

ベンチマーク騰落率は前月比+0.14%です。

⑦総合型・・・
株式・公社債・短期金融商品にバランスよく投資し、安定的な資産の増加を目指しています。ベンチマークの設定はありません。

  前月末比 1年 2年 3年 設定来
騰落率 +3.50% +7.82% +15.66% +40.04% +188.03%
年換算 +7.82% +7.55% +11.88% +3.72%

⑧短期金融市場型・・・
短期金利程度の運用利回りの確保を目標に運用しており、短期金利(無担保コール翌日物など)をベンチマークとしています。

  前月末比 1年 2年 3年 設定来
騰落率 +0.00% +0.03% +0.10% +0.14% +2.40%
年換算 +0.03% +0.05% +0.05% +0.16%

最近の経済状況からすると債券型よりは株式型に投資をしていた方が増加率は高いことがわかりますね。もしどのように運用したらいいか分からないという方は、まずは総合型でスタートして様子を見て決めてもいいかもしれませんね。投資先については後々変更可能です。運用報告書が毎月発表されますので、それを見て勉強していくと傾向が分かるのではないでしょうか。
ここで一点注意事項があります。保険に限らずグラフやチャートというのは「いいように見える」作りになっています。(もちろんすべてがそういうわけではありませんが) 今回のここでのデータは、2015年までの「3年間」の実績になります。つまり、2012年からの3年間ですね。
さて、2012年はどんな年だったか覚えていらっしゃいますでしょうか。そうアベノミクスが本格始動し始めたころです。リーマンショックが起きて、日経平均株価は2011年には8455円でした。現在(2017年5月17日時点)の日経平均株価は19814円です。リーマンショック以前の株価水準はだいたい16000~17000円くらいです。つまり、この場合は一番低い株価を基準にしているということになります。
つまり、一番低いところから「3年間で○○%上がった」からといってこれからの3年間で同じだけの成長が見込めると容易に考えるのは危険かもしれません。
大切なことは、それぞれの特徴をしっかりと把握して、あなたに合ったリスクとリターンを考えることだと思います。ですから、ここからはそれぞれの投資資産の長所と短所を考えていきましょう。
①株式
(ア) 日本株式:日本株式の推移を見てみましょう。2000年に入ってからの日経平均株価は、2000年に20434.68円をつけ、リーマンショック後の2009年には7173.10円まで下落しました。その後、2015年に20724.56円まで回復しました。このように日経平均株価は長期的な目線で見ると一定の範囲内で上昇と下落を繰り返しています。上記の例のように安いタイミングで購入できれば問題はありませんが、「いつでも」いいと言えるかは微妙なところです。ただ、知っている企業に投資できるのは魅力かもしれません。情報も海外のものよりも豊富でかつすぐに手に入ります。
〇メリット:情報の多さやすぐに手に入る点で安心できる。
〇デメリット:上昇と下落を繰り返しているためタイミングが重要。

(イ) 世界株式:では世界株式はどうでしょうか。そもそも世界株式をいう株式はありません。ここでいう世界株式とは、「世界中の株式からいくつか選んで投資する」ということになり、何を選ぶかは、運用責任者の腕の見せ所となります。この保険の場合のベンチマークはMSCIワールド・インデックスですので、こちらの動きを見ていきましょう。(「MSCI」は、モルガンスタンレーキャピタルインターナショナルの略で、さまざまな株価指数を算出しています)。MSCIワールド・インデックスの推移を見てみると、基本的に右肩上がりを示しています。2008年から2009年にかけてはリーマンショックの影響で大きく下落していますが、言い換えれば金融危機が起こらない限りは安定した運用ができているということになります。もちろん株式ですからリスクはありますが、長期的な運用を前提にするのであれば、安定的に上昇しているものに投資するのがいいのではないでしょうか。
〇メリット:安定的に右肩上がりの上昇としている
〇デメリット:MSCIなど聞きなれないものが多く、日本株s期に比べると情報がとりづらく、難しく聞こえる。

②債券
債券は、金融商品の中では比較的リスクの低い部類の投資先になります。リスクが低いということはリターンも少ないため、ローリスクローリターンの安定した運用を目指すことになります。
(ア) 国内債券:日本国内の債券の運用状況はどうのようになっているのでしょうか。日本では、ご存知の通りマイナス金利政策が始まっています。マイナス金利が導入されたのは、2016年の2月ですので、上記の表には反映されていません。マイナス金利が導入されたことで、国内債券の運用はかなり厳しい状況となっています。2017年5月21日時点の10年の日本国債の利回りは0.0039%となっています。社債であればもう少しは利回りがありますが、それでも大きなリターンは見込みにくいと言えます。
〇メリット:安定かつ堅実な運用ができる
〇デメリット:ほかの運用ほどのリターンが見込めない。

(イ) 世界債券:ここでベンチマークとなっているシティ国債インデックスは、世界の先進国の国債を中心に組み込まれた指数です。一部メキシコや、南アフリカ、マレーシアなどの新興国も含まれています。日本よりは高い金利水準のところが多いですから、国内だけの運用よりはいいパフォーマンスが見込めると思われます。
〇メリット:国内債券よりはリターンを見込むことができる
〇デメリット:為替の変動があり、複雑になる。

③短期金融資産:短期金融資産とは、1年以内に償還が来る有価証券や金融商品を指します。金融機関や法人向けに短期に資金を融通するための金融商品となります。償還までの期間が短い分、利回りも低くなるのが一般的です。
〇メリット:金融商品の中でも特に期間が短いため、信用リスクが少ない。
〇デメリット:利回りはあまり期待できない。

ソニー生命の変額保険も合わせて、他者と一括比較できる保険相談はコチラ


保険マンモス相談予約窓口

4.ソニー生命の変額保険、評判は?

保険を専門とするファイナンシャルプランナーに人気がある?


バリアブルライフとは?
かなり人気の終身保険?

今回紹介させていただいたソニー生命の変額保険「バリアブル ライフ」の「終身型」については保険を専門とするファイナンシャルプランナーの中では、かなり人気の終身保険です。なぜ人気かといいますと理由は次の通りです。
・一般的な定額保険よりも保険料が割安
・運用が悪くても、死亡・高度障害保険金については最低保障があること
・運用が良かったとき、プラスになった分を途中で引き出せること
・定額保険と違い、物価上昇に対応できる

等々が挙げられます。ただ途中解約をしてしまうと、解約返戻金が運用実績によって金額が異なるため元本割れすることもあります。有期型の満期保険金についても同様ですね。ですから長期で保有するという気持ちでなければ損をしてしまうことになりかねません。その点には注意が必要です。
生命保険として、運用商品として使えることを考えるとなかなかいい商品なのではないでしょうか。興味のある方はぜひ資料を取り寄せていただければと思います。

ソニー生命の変額保険に入っている人は意外に多いですよね。特に運用に興味はあるけれど高リスクは望まない方、貯蓄に興味のある方がこの保険に入っていることが多いですが、実際の評判や運用実績も好評です。ソニー生命の変額保険「バリアブル ライフ」の「終身型」については保険を専門とするファイナンシャルプランナーの中では、かなり人気の終身保険になります。

 

このページでわからない点があれば教えて下さい、保険牧場のFPが確認後回答致します。
1. ハンドルネームを入力してください。
2. メールアドレスを入力してください。
3. お住まいのエリアを選択してください。
4. このページ内容でわからない点、
質問などを入力して下さい。


ファイナンシャルプランナーの記事をライター別に見る

あわせて読みたい人気記事
保険のビュッフェの無料相談が口コミで人気?FPが分析!

保険のビュッフェの無料相談が口コミで人気?FPが分析!

医療保険や生命保険、がん保険、学資保険、個人年金などなどあらゆるジャンルの保険の相談ができる保険のビュッフェが...

第一生命の個人年金保険の内容と他社との貯蓄率比較について

第一生命の個人年金保険の内容と他社との貯蓄率比較について

第一生命の個人年金保険の内容と他社との貯蓄率比較について 第一生命の個人年金を含め、複数の保険会社から一番お得な保険...
81,026 views

第一生命保険の評判をFPが分析!ブライトWay、メディカルエール、しあわせ物語、どれが人気?

第一生命保険の評判をFPが分析!ブライトWay、メディカルエール、しあわせ物語、どれが人気?

第一生命の保険商品に詳しく、第一生命と他者を緻密に比較するなら保険マンモスがオススメ。 保険マンモス相談予約...
49,344 views

チューリッヒのがん保険、終身ガン治療保険プレミアムの評判

チューリッヒのがん保険、終身ガン治療保険プレミアムの評判

チューリッヒのがん保険、終身ガン治療保険プレミアムの評判 がん保険の中でも人気なのがチューリッヒの「終身ガン治療保険プレミア...
19,597 views

順風ライフの特約内容や解約返戻金をFPが解説!口コミでは人気?

順風ライフの特約内容や解約返戻金をFPが解説!口コミでは人気?

順風ライフの特約内容や解約返戻金をFPが解説!口コミでは人気? 第一生命保険株式会社の「順風ライフ」。発売当初に、ゴルフプレイヤーの石川遼選...
8,220 views

第一生命は解約時にしつこい?タイミングや相談窓口など紹介

第一生命は解約時にしつこい?タイミングや相談窓口など紹介

第一生命は解約時にしつこい?タイミングや相談窓口など紹介 1902年に日本初めての相互保険会社として創立した第一生命。2010年4月に株式会...
7,946 views

太陽生命が取り扱う保険商品、どんなものが人気?口コミと評判

太陽生命が取り扱う保険商品、どんなものが人気?口コミと評判

太陽生命が取り扱う保険商品、どんなものが人気?口コミと評判 今回は太陽生命の商品について紹介していきます。どんな商品が皆さん...
7,936 views

第一生命学資保険をシミュレーション、評判のポイント、メリットデメリット

第一生命学資保険をシミュレーション、評判のポイント、メリットデメリット

第一生命学資保険をシミュレーション、評判のポイント、メリットデメリット なぜ、学資保険が必要? 最初に、学資保険がなぜ...
7,189 views

第一生命終身保険の解約返戻金、解約タイミングなどをFPが解説

第一生命終身保険の解約返戻金、解約タイミングなどをFPが解説

第一生命終身保険の解約返戻金、解約タイミングなどをFPが解説 国内大手の第一生命が手掛ける終身保険について。第一生命の終身保険は、4つの商品...
5,808 views

第一フロンティア生命のプレミアレシーブは円建?豪ドル?評判や口コミをFPが分析!

第一フロンティア生命のプレミアレシーブは円建?豪ドル?評判や口コミをFPが分析!

第一フロンティア生命のプレミアレシーブは円建?豪ドル?評判や口コミをFPが分析! 資産運用をしたいけど、株や投資信託は不安、でも馴染みのある...
5,638 views

東京海上あんしん生命のがん保険、がん治療支援NEOとがん診断保険R

東京海上あんしん生命のがん保険、がん治療支援NEOとがん診断保険R

東京海上あんしん生命のがん保険、がん治療支援NEOとがん診断保険R 東京海上日動あんしん生命には2つのがん保険があります。がん治療支援NEO...
3,264 views


人気記事 人気記事
新着記事 新着記事



相談方法を選択


来店型 (ショッピングモールや駅近くに店舗を構えているところが多いです。)

お住まいの都道府県を選択


相談したい保険の種類


条件を入力して検索ボタンを押して下さい。


あなたにピッタリの保険相談窓口を探そう!