HOME » がん保険 » 女性の為の保険選び » がん保険、女性のための選び方
※この記事は約4分で読めます。

がん保険、女性のための選び方

日本人の約2人に1人はがんにかかると言われる時代です。今やがんに対する備えはだれもが検討すべきテーマであると言えるでしょう。
それではたくさんあるがん保険のなかから、自分にピッタリな商品をどのように選べばよいのでしょうか。

そもそも女性と男性とでは、平均寿命も違えばかかりやすい病気も異なります。かかりやすいがんの部位を比較しても、男性では胃がんがもっとも多く、次いで肺、大腸、前立腺、肝臓の順になっているのに対し、女性では乳がんが最多で、大腸、胃、肺、子宮の順になっています。つまり、女性特有の身体や病気を考慮し、がん保険は女性ならではの視点で選ぶとよいと言えそうです。

女性のがん保険に入るタイミング

いつか入った方が良いとはわかっていても、いつ入れば良いかわからない・・・


一般的にがんの罹患率は加齢に伴って上昇しますが、上昇し始める年代も男性と女性とでは差があります。女性特有の乳がんや子宮がんは比較的若い年代から罹患リスクが高いとされているのです。乳がんの罹患率は30歳代で上昇し、子宮頚がんにいたっては20歳代から上昇するというデータも。すなわち、女性は男性よりも早い時期からがんに対するリスクについて考えておかなければならないのです。

「もし自分ががんになったら……」と心配が頭をよぎったのであれば、今が加入のタイミング。早すぎることはないでしょう。がん保険は若いほど保険料が極端に割安ですし、もしもがんになってしまってからでは遅きに失するというものです。

もし、若い段階でがん保険に加入するのであれば、保険料を60歳や65歳など一定の年齢までに払い終える有期払いより、一生涯払い続ける終身払いの方をおすすめします。終身払いの方が月々の保険料を安く済ますことができるうえ、将来の保険の見直しにも柔軟に対応しやすくするためです。がんの治療に対する技術は日々進化しています。若ければ若いほど、将来、今の保障内容が現実とずれてくる可能性があります。また、治療費を十分に賄える資産が築け、がん保険が不要となっているかもしれません。そんなときに乗り換えや解約をしやすいのも終身払いの保険なのです。

女性の保険には何が必要?
保険アンケート回答と無料相談で高級ギフトが貰えます★


無料保険相談サービス最大手、保険のビュッフェのアンケートキャンペーンの案内ページはこちら

知ってるようで知らない女性の為の保険、アンケートに回答すると見えてくるかも?

女性にとってそもそもがん保険は本当に必要?

入っておくと困らないがん保険、しかしどの程度必要かを知りたい


「すでに医療保険に入っているので、がん保険までは必要ない」と考えている人もいるかもしれません。もちろん、医療保険に加入していれば、がんにかかった際も給付対象となります。ではなぜ、がんに特化したがん保険があるのでしょう。それは、がんという病気の性質と治療の仕方が関係しています。

がんはほかの病気に比べ、入院や退院を繰り返しながら長期にわたる治療が必要となるケースが多くあります。その性質に対応するように、がん保険では入院支払日数が無制限となっているものがほとんどです。一般的な医療保険のように、入院支払日数に制限があるものでは、カバーしきれなくなってしまうのです。
また、「放射線治療」「抗がん剤治療」といったがんの主な治療法は、医療技術の進歩に伴い、通院による治療が一般的となってきました。がん保険のなかには、入院だけでなく通院給付金を受けられるプランもあります。通院には交通費もかかるので、備えておけばより安心です。

さらに、がんの治療には健康保険制度が適用されない陽子線治療や重粒子線治療など、先進医療を受ける場合もあります。これらの治療にかかる費用は300万円前後からそれ以上になることも。それらを全額自己負担するのは容易ではありません。わずかな掛け金で先進医療特約を付加できるなど、先進医療を念頭においたプランを立てやすいのもがん保険の特徴のひとつです。

このようにがんの治療にはとても費用がかかるのです。幅広い病気をカバーする医療保険と違い、がんに照準を絞ることで、割安な保険料ながら手厚い保障を備えられるというのががん保険のメリットなのです。

女性のがん保険選び、いちばんのポイントは?

女性のためのがん保険、選ぶ時のポイントを教えます!


女性の場合20歳代からがんのリスクを考慮しておかなければならないということをお伝えしましたが、この年代というのは結婚、出産のライフイベントをはじめ、住宅ローンを組んだり、教育費を工面したり、何かとお金のかかる時期と重なってしまいます。がんにかかってしまったばかりに、マイホームや子どもの進学をあきらめたり、逆に治療の選択肢を狭めたりすることはだれだってしたくありません。そんなリスクを回避するためのがん保険ですから、基本的内容がしっかりとしたものを選ぶといいでしょう。

がん保険で注目したいのは、診断給付金です。これは初めてがんと診断されたときに受け取れる給付金のことです。この給付金があれば、がんの治療に専念するために仕事を休んだり、入院のための身の回りの日用品を用意したり、差額ベッド代を支払ったり治療以外のところで発生するお金の心配をせずにいられます。小さな子どものいる家庭であれば、夫に仕事を休んでもらう、遠方から親を呼び寄せる、シッターを頼むなど、心配をちょっとでも減らすための費用にあてることも可能です。

この診断給付金には、支給が1回限りのものや一定の年月が過ぎれば何度でも受け取れるもの、支給額は数十万円のものもあれば300万円のものもありさまざまです。契約の仕方は主契約に組み込まれているものが主流ですが、なかには特約としてつけるものもあります。
がん保険が入院や手術の費用をカバーしてくれるのはもちろんですが、がんにかかった際にいちばん頼れるのはこの診断給付金かもしれません。最初に100万円でも受け取っていればとりあえずはしのぐことができ、がんを宣告されたことによる動揺を少しでも抑えることができるのではないでしょうか。

会社員であれば加入している健康保険組合などから疾病手当金を受給できる場合がありますが、自営業者や専業主婦の場合そのような制度はありません。自営業者や専業主婦の人はとくにがん保険の診断給付金に着目し、給付の条件や給付額について細かくチェックしておくといいでしょう。

女性ならではのがん保険プラン

がん保険のなかには、乳がんや子宮がんなど女性特有のがんに保障をプラスしたプランもあります。乳房の切除や再建手術、子宮・卵巣の摘出手術を受けた際に給付金が支払われるというものです。女性特有のがんがとくに心配という人は、こういったがん保険も検討してみるといいでしょう。

しかし、女性特有のがんに特化したプランはそう多くはありません。そこに固執してほかの内容をおろそかにするのであれば、上で紹介した診断給付金の額をアップさせておくのもひとつの方法です。女性の場合、医療行為ではない美容形成などの出費が必要になることもあり、診断給付金として受け取っておけばさまざまな場合でフレキシブルに対応できます。治療の影響で容姿に変化があった際にも、ウィッグや洋服・下着などの購入が気兼ねなくできれば心強いものです。

下の表は、主契約、特約、種々給付金など、これまで挙がったがん保険についての内容をまとめたものです。保険会社によって使用している語句に多少の違いはありますが、保険選びの際の参考にしてみてください。

  特  徴
主契約 保険のベースとなる部分で、主契約のみの契約も可能
特約 保障内容を充実させるためのオプションのようなもの。特約のみの契約はできない
診断給付金 初めてがんと診断されたときに支払われる一時金
入院保障 がん治療のため所定の入院をしたときに、〇〇円×〇日(入院日数)の形で支払われる
通院保障 がん治療を目的とした通院の際、〇〇円×〇日(通院日数)の形で支払われる
手術保障 がんの治療を目的として所定の手術を受けた際に支払われる
女性特定 乳がんや子宮がん、卵巣がんなど、女性特有のがんに対し、所定の手術を受けた際に支払われる。乳房再建手術をカバーしている場合も多い
先進医療 特約の形で付加するケースがほとんど。月々100円前後の保険料で自己負担額と同額(上限2000万円)など、しっかりした保障を得ることができる

どの保障を主契約または特約に据えているかは保険商品によってさまざまです。がん保険を選ぶ際には、何が主契約で何が特約なのかについても留意して検討するとよいでしょう。

加入したい保険が決まっていてもFPサービス利用をオススメする3つのメリット

このページでわからない点があれば教えて下さい、保険牧場のFPが確認後回答致します。
1. ハンドルネームを入力してください。
2. メールアドレスを入力してください。
3. お住まいのエリアを選択してください。
4. このページ内容でわからない点、
質問などを入力して下さい。

相談方法を選択

来店型 (ショッピングモールや駅近くに店舗を構えているところが多いです。)

お住まいの都道府県を選択


相談したい保険の種類


条件を入力して検索ボタンを押して下さい。

PR


ファイナンシャルプランナーの記事をライター別に見る

あわせて読みたい人気記事
保険のビュッフェの無料相談が口コミで人気?FPが分析!

保険のビュッフェの無料相談が口コミで人気?FPが分析!

医療保険や生命保険、がん保険、学資保険、個人年金などなどあらゆるジャンルの保険の相談ができる保険のビュッフェが...

第一生命の個人年金保険の内容と他社との貯蓄率比較について

第一生命の個人年金保険の内容と他社との貯蓄率比較について

第一生命の個人年金保険の内容と他社との貯蓄率比較について 第一生命の個人年金を含め、複数の保険会社から一番お得な保険...
81,026 views

第一生命保険の評判をFPが分析!ブライトWay、メディカルエール、しあわせ物語、どれが人気?

第一生命保険の評判をFPが分析!ブライトWay、メディカルエール、しあわせ物語、どれが人気?

第一生命の保険商品に詳しく、第一生命と他者を緻密に比較するなら保険マンモスがオススメ。 保険マンモス相談予約...
49,344 views

チューリッヒのがん保険、終身ガン治療保険プレミアムの評判

チューリッヒのがん保険、終身ガン治療保険プレミアムの評判

チューリッヒのがん保険、終身ガン治療保険プレミアムの評判 がん保険の中でも人気なのがチューリッヒの「終身ガン治療保険プレミア...
19,598 views

順風ライフの特約内容や解約返戻金をFPが解説!口コミでは人気?

順風ライフの特約内容や解約返戻金をFPが解説!口コミでは人気?

順風ライフの特約内容や解約返戻金をFPが解説!口コミでは人気? 第一生命保険株式会社の「順風ライフ」。発売当初に、ゴルフプレイヤーの石川遼選...
8,221 views

第一生命は解約時にしつこい?タイミングや相談窓口など紹介

第一生命は解約時にしつこい?タイミングや相談窓口など紹介

第一生命は解約時にしつこい?タイミングや相談窓口など紹介 1902年に日本初めての相互保険会社として創立した第一生命。2010年4月に株式会...
7,947 views

太陽生命が取り扱う保険商品、どんなものが人気?口コミと評判

太陽生命が取り扱う保険商品、どんなものが人気?口コミと評判

太陽生命が取り扱う保険商品、どんなものが人気?口コミと評判 今回は太陽生命の商品について紹介していきます。どんな商品が皆さん...
7,936 views

第一生命学資保険をシミュレーション、評判のポイント、メリットデメリット

第一生命学資保険をシミュレーション、評判のポイント、メリットデメリット

第一生命学資保険をシミュレーション、評判のポイント、メリットデメリット なぜ、学資保険が必要? 最初に、学資保険がなぜ...
7,189 views

第一生命終身保険の解約返戻金、解約タイミングなどをFPが解説

第一生命終身保険の解約返戻金、解約タイミングなどをFPが解説

第一生命終身保険の解約返戻金、解約タイミングなどをFPが解説 国内大手の第一生命が手掛ける終身保険について。第一生命の終身保険は、4つの商品...
5,808 views

第一フロンティア生命のプレミアレシーブは円建?豪ドル?評判や口コミをFPが分析!

第一フロンティア生命のプレミアレシーブは円建?豪ドル?評判や口コミをFPが分析!

第一フロンティア生命のプレミアレシーブは円建?豪ドル?評判や口コミをFPが分析! 資産運用をしたいけど、株や投資信託は不安、でも馴染みのある...
5,638 views

東京海上あんしん生命のがん保険、がん治療支援NEOとがん診断保険R

東京海上あんしん生命のがん保険、がん治療支援NEOとがん診断保険R

東京海上あんしん生命のがん保険、がん治療支援NEOとがん診断保険R 東京海上日動あんしん生命には2つのがん保険があります。がん治療支援NEO...
3,264 views


人気記事 人気記事
新着記事 新着記事



相談方法を選択


来店型 (ショッピングモールや駅近くに店舗を構えているところが多いです。)

お住まいの都道府県を選択


相談したい保険の種類


条件を入力して検索ボタンを押して下さい。


あなたにピッタリの保険相談窓口を探そう!