マンガで学ぶ住宅ローン

住宅ローンの一括審査はゆるい?金融のプロが行う比較サービスが便利です。

HOME»マンガで学ぶ住宅ローン » 一括審査や住宅ローン比較サービス » 審査について » 住宅ローンの一括審査はゆるい?金融のプロが行う比較サービスが便利です。
※この記事は約5分で読めます。

住宅ローンの一括審査申し込み。今回紹介するのは、一番人気のモゲチェック!


  モゲチェック
公式
サイト
モゲチェック公式サイト(借り換え相談窓口)

モゲチェック公式サイト(新規借り入れ相談窓口)
対象 新規・借り換え
特徴 申し込み者の特性ごとにページが異なる
金利以外の点も重要視
料金 申し込みは無料

当サイトオススメの借り換えネットバンクはコチラ!


住信SBIネット銀行住宅ローン公式サイト
http://www.sbi-moneyplaza.co.jp/

住宅ローンの一括審査はゆるい?金融のプロが行う比較サービスが便利です。

あこがれのマイホーム購入時、物件価格を比較検討しながら間取りや立地について悩むのは楽しい時間です。でも、住宅ローンの選定となるとそうはいきません。何をどう選んでいいのか迷う…よく分からないから紹介されたもの以外検討しない…という人も多いです。しかしそれは果たして正しいのでしょうか?そこで今日は住宅ローンを選定する理由やメリットについてお伝えしながら、住宅ローンの一括審査をしてくれるサービスについてご紹介したいと思います。審査がゆるい銀行があれば厳しい銀行もあります。一括で比較しれくれればこれほど便利な事はありません。


  モゲチェック
公式
サイト
モゲチェック公式サイト(借り換え相談窓口)

モゲチェック公式サイト(新規借り入れ相談窓口)
対象 新規・借り換え
特徴 申し込み者の特性ごとにページが異なる
金利以外の点も重要視
料金 申し込みは無料
アンケート集計中
有効回答数:215 最終更新日:2018-11-12

皆さんのレビューからより良いページ作りに反映させていただきます


アンケートにご協力いただければ幸いです
借入区分 
金利満足度 
利用したサービス 

人気の住宅ローン一括審査、一括比較サービスのご紹介

住宅ローンを比較検討するメリット・理由・利用の流れについてご理解いただけたと思いますので、既に実績のある2つのサイトを個別にご紹介します。ひとつは「住宅本舗」新規・借り換え双方に対応しているサービス。もう一方は「モゲチェック」です。後者は借り換え専用サービスです。
既に基本的な事はお伝え済みですので、両者の特徴を挙げていきます。

住宅本舗(新規/借り換え)の一括審査

住宅本舗公式サイト

間口が広いのが特徴のひとつで、申し込みは申込者の特性に合わせて3種類となっています。
1.通常の新規借り入れ用
2.借り入れがやや難しい人用(金機関が短い・自営業・契約社員・派遣社員の人)要するにゆるい審査を求める方向け
3.借り換え用

借入の属性別に相談できるのが良いポイント。タイプに応じて審査を通す姿勢が◎


…と利用者を3種類に分け、利用者の特性ごとに申し込みページがわかれています。特性ごとに「一括サービスはどうしていいのか?」という理由を明確に示してあり、各自どんなメリットがあるのか納得して申し込めます。またこちらの会社ではISO27001を取得するなど個人情報の管理にも重点を置いています。インターネットという匿名性の高いサービスだからこそ、こういったきめ細かいサービス・配慮がうれしいです。

残念ながら、2の「借り入れがやや難しい人用」では金融機関が限られています。しかし、借入が難しい人が多くの金融機関に一括申し込みをしても断られる可能性が高いです。その場合、最初から通りやすいい金融機関に絞って申し込むというほうが合理的とも言えます。

その他の強みとして、金利第一主義ではないという点も。保証料や諸経費なども含めた総額での判断や、団体信用生命保険の内容など総合的な視点での住宅相談サービスも行っています。

モゲチェック(借り換え)の一括審査

モゲチェック公式サイト
借り換え相談窓口
https://mogecheck.jp/

新規借り入れ相談窓口
https://mogecheck.jp/

一般にはあまり知られていないのですが借入金利はその人ごとに異なります。例えば自己資金の有無や返済年数で金利は異なりますが、更に交渉によって金利を下げる、というのがこちらの強みです。
新規購入の場合は保険内容や返済計画など金利以外の部分も重要ですが、借り換えはより現実的に毎月返済額を減らすことが求められます。ニーズに応えて金利に重きを置いているということでしょう。
もちろん、安くなればそれでいいというわけではありません。こちらも住宅ローンの仕組みや返済方法について相談することができます。

【モゲチェックはリフォームローンも対応可能】

家が老朽化する前にリフォームをする事が生涯支払いを減らすコツなんです。


更に大きな特色として、同時にリフォームローンの交渉もしてくれます。
リフォームローンを同時に組むことは家計の改善にもつながる可能性があります。例えばローンを削減したお金で太陽光発電を設置するなどすれば、電気代の削減にもなるのです。
リフォームはローンが返し終ってからという考え方も多いですが、最近では会社に退職金制度がなかったり、年金受給の先行きが不透明です。老後資金の不足が懸念されるため、早い時期からのリフォーム計画が求められます。そのため住宅ローン返済とリフォームローンを一体化するのは非常に合理的です。

また、住宅の耐久性能という点からも利点があります。老朽化が進んでからリフォームするより早め早めにメンテナンスリフォームしておいた方が住宅寿命を延ばすことになるからです。
借り換え時にリフォームというのは個人では考え付かないですし、考えたとしても実行は難しいのでおおいに頼りたいサービスですね。

ご紹介した2つのサイトのまとめは以下のとおり

  住宅本舗 モゲチェック
公式
サイト
住宅本舗
公式サイト(※クリック)
モゲチェック公式サイト(借り換え相談窓口)

モゲチェック公式サイト(新規借り入れ相談窓口)
対象 新規・借り換え 新規・借り換え
特徴 申し込み者の特性ごとにページが異なる
金利以外の点も重要視
アプリや、電話で相談サポート、来店相談が人気!
料金 申し込みは無料
アンケート集計中
有効回答数:215 最終更新日:2018-11-12

皆さんのレビューからより良いページ作りに反映させていただきます


アンケートにご協力いただければ幸いです
借入区分 
金利満足度 
利用したサービス 

どちらも単純に「一括で審査をしますよ」というサービスではなく、どんな人にどんなメリットを与えるかを明確に打ち出しています。どちらがあなたにあったサービスなのかは実際にご覧になってお確かめください。

最後に

住宅ローンは返済期間が長い上に返済額が大きいです。終身雇用制や潤沢な退職金、手厚い年金が保障されていた時代は終わりを迎えました。漫然と借りるだけではなく、しっかりした返済計画を持ち、それに合った住宅ローンを選ぶことが必須です。個人でも優良な住宅ローンを選択することは可能ですが、十分な知識の取得と手間がかかります。専門家を活用することで、多くの住宅ローン商品の中から、時間と手間を省いて最適の住宅ローンに巡り合うことができる。それが一括審査サービスの本領です。

よい住宅ローンを選ぶこともマイホーム購入の一環です。例え理想の家を建てたとしても、住宅ローン返済が滞ったり、返済に追われて新居を楽しめなかったら魅力は半減です。
専門家の知恵を利用し完済まで視野にいれた素敵なマイホームを手に入れましょう。

なんとなく選んだ住宅ローンで損をしていませんか?
支払い総額では数百万の差が出ます。金利が安い銀行を比較しましょう↓

見直しで残債が480万円も減額?プロが客観的にあなたの住宅ローンを無料で診断!


ネット銀行住宅ローンで金利が一番低いのがどこ?人気の3社を比較!
ネット銀行住宅ローンの低金利3社を比較したページはコチラ

住宅ローンの一括審査ってどんなサービス?無料なの?

住宅ローンの一括サービスとは幅広い住宅ローンの中から最適の住宅ローンを選ぶことができるサービスです。これから住宅を購入する方だけでなく、借り換えをお考えの方も利用することができます。

より安い金利、より良い条件で借りたい。一括比較サービスってどんなもの?無料?


現状では新規購入の場合、殆どの人が不動産会社に勧められた住宅ローンを選択しています。その際に「もっとお得な住宅ローンがあるのではないか?」と疑問に思ったとしても、自分で最適の住宅ローンを選ぶのは難しいです。それは金利以外にも保証料や事務手数料などいった諸経費まで考慮しなければならないからです。自分で選んだ結果、逆に支払い額が増えてしまう可能性もあるのがローンの恐い所。多くの人は「このローンはベストではないかもしれない」と思ったとしても、勧められた住宅ローンを受け入れてしまうのです。
しかし、もし金融のプロが最適の住宅ローンを探してくれるとしたらどうでしょうか?それが住宅ローンの一括審査サービスです。ゆるい銀行、厳しい銀行、全て一回で審査が完了します。

一括比較で一番条件の良い住宅ローンを借りれるのは良い。しかし、他にもメリットが。


住宅ローンの一括審査を利用するメリット

あまり一般的ではないかもしれませんが、住宅ローンの相談に乗ってくれるというサービスは複数あります。独立ファイナンシャル・プランナーや住宅コンサルタントの行う個別面談もしくは相談会のほか、インターネット上のサービスも存在します。その中から今日はインターネットで一括して審査できるサービスについてご紹介します。
インターネットによる住宅ローンの一括審査のメリットはこんなに多くあります。
ご自身にとってゆるい銀行がどれかを判断するだけではありません。

家族にとっても非常に大きな買い物。できる限り損をしない選択をしたいところです。


1.面倒な申し込みが一回で済む
これは当たり前のように聞こえますが実は大きな利点です。もし自分で複数の金融機関へ審査を申し込もうと考えた場合多くの個人情報を別途申し込みしなければなりません。(入力内容については後述)
比較的簡易なインターネットの入力フォームですら、全て入力するのは20?30分程度かかるのが普通です。それを考えると、一回の入力で一括申し込みが出来るのは時間的にも大きな魅力です。

複数の金融機関を歩き回って一番安い住宅ローンを選ぶ。そんな時間があるかどうか。


なお、住宅ローンの審査は時間がかかります。審査内容がゆるい銀行は早いですが、厳密であればあるほど時間がかかります。しかし、審査が厳しい分、金利が安いという面も。ひとつの金融機関に審査をしていて通らなかったから次に……という場合は余分な時間がかかります。その間に金利変動で損をしてしまう可能性もあります。更に中古マンションなど売り主が個人の場合は、審査に時間がかかることは敬遠されがちです。例えば売り主が早く現金を欲しがっている場合などはそれが顕著に表れます。そうでなくとも「審査が通らなかったのでもう1ヵ月待ってください」とは言いにくいです。通常の取引でも契約が1ヵ月遅れるというのは申し訳ないもの。こういった理由から、効率・時間的なメリットは大きいです。

2.複数の金融機関を同時に比べることができる
もし個別に複数の金融機関へ申し込む場合、時間的な制約から申請に時間差が生まれることでしょう。
仮にほぼ同時に申請したとしても、返答は一括ではありません。早く来るところもあればなかなか来ない所もあります。金利は日々変化します。同じ時期に比べないと本当の意味での比較にはなりません。一括申し込みなら本当の意味で複数の金融機関を比較することが可能です。

一括比較なので用意する書類も一通、入力も一回でOK!


3.金利以外の点も相談できる
冒頭でも触れたように、住宅ローンの適正は金利だけでは判断できません。一括審査を利用することで諸経費も含めた総額での判断。また、独自の特色などについても深く知ることができます。
また、多くの一括審査サービスではサービス利用後専門家に相談ができます。それによって金利選択やボーナス払いの有無、返済期間など、個々のライフプランに合ったローンを見つけられるでしょう。

4.来店不要
「顔を見て相談したい」という人にはデメリットですが、本審査ならともかくその前段階でそこまで求めないという人が多いことと思います。特に『審査がゆるくて貸してくれればどこでも良い』と考える方であれば更に。
現実問題として住宅購入をお考えの人はほとんどの場合働いているでしょうし、小さい子供がいることも多いです。それらを考えると来店不要のインターネットはかなりポイントが高いといえるでしょう。

来店すら必要ない?こんなに楽に家を買ってしまっていいんですか?


5.申し込みは無料!
そうなのです。基本的に申し込みは無料です。独立ファイナンシャル・プランナーや住宅コンサルタントの行う個別面談もしくは相談会は多くの場合有料ですが、インターネット上の一括審査はほとんどが無料となっています。
「とりあえずどのくらい安くなるのか見てみたい」「勧められた以外の住宅ローンにも興味がある」といった利用者には特にうれしい特色といえます。

当サイトオススメの借り換えネットバンクはコチラ!


住信SBIネット銀行住宅ローン公式サイト
http://www.sbi-moneyplaza.co.jp/

あとがき

住宅ローンの一括審査、金額的メリットはどの程度か

一括審査で比較する事によってどの程度金額のメリットがあるのか知りたい


『でも、提携ローンでもいいんじゃない?』という声もあるかと思います。
確かに、不動産会社の勧める提携ローンが悪いローンというわけではありません。
ですが、他のローンと比較することは非常に良いことです。なぜなら、住宅ローンというものは金額が大きい上に返済期間が長いので、少しの差異が大きな結果の違いを生み出すからです。

例えば、金利が1%違うだけで総支払い額はどのくらい異なるのか知っていますか?実際に例を挙げて解説します。
【例:新規借り入れの場合】
・3,000万円借り入れ、固定金利35年で返済するとする
・「0.800%」と「1.80%」の金利で返済額を比較

金利 0.800% 1.80%
毎月返済額 81,918円 96,327円
総利息額 440万円 1,045万円
総返済額 3,440万円 4,045円

※諸経費・保証料等は考慮せず

この試算だと、毎月返済額が14,409円、総支払い額では605万円もの差額が生じます。
次に借り換えの場合についても見ていきましょう。こちらも返済額が大きく減る可能性があります。

【例:借り換えの場合】
・残金2,000万円を、残りの返済期間25年の時点での借り換えとする
・「固定金利3%」から「固定金利1%」へ借り換えたケースを比較

金利 3.00% 1.00%
毎月返済額 94,842円 75,374円
総利息額 845万円 261万円
総返済額 2,845万円 2,261万円

※諸経費・登記費用等は考慮せず

借り換えの試算では、毎月支払い額が19,468円、総支払額が584万円の差額となりました。
借り換えの場合抵当権の抹消・新たな設定登記が必要ですが、それらを差し引いてもなお数百万の削減となります。

これでもあなたは「提携ローンでいい」と言い切れますか?結果的に提携ローンになるとしても、比較してみるのは非常に大切だと考えられます。

では、どうやって利用する?
いくら「比較することは大事だ」と分かっていても、何だかよく分からないものを利用するのは怖いですよね。そこで利用の流れついてもご説明します。

利用の方法はとてもシンプルです。入力フォームや専用アプリで情報を入力し送信するだけです。
入力内容は、名前や住所などの基本項目の他、借入に関する情報が必要です。内容は新規の場合と借り換えの場合で異なります。主な入力項目は以下の通り。

住宅ローンの一括審査、一括比較、手続きは面倒?簡単?

住宅ローンの一括審査、どんな手続きで入力する申請内容はどういったもの?


【新規借り入れの場合】
1.本人の情報
生年月日や国籍の他、年収の詳細(給与・事業・不動産など所得の種類等)について
勤め先・勤務年数についても
2.資金計画
借り入れ希望額の他、他に自動車ローンやキャッシング利用がないかなど
自身の貯蓄額・親族からの援助の金額も
3.借り入れ希望と返済計画
ボーナス払いの利用について、元利均等返済と元金均等返済の選択など
4.期間情報
いつごろ借り入れを希望し、いつまでに返済を終えたいのか
5.物件情報
マンションの場合は新築か中古か
一戸建ての場合は土地からの購入、建て売り、中古住宅購入、建て替えなど
6.物件状況
物件の所在地・借地権でないかどうか
契約状況も(契約完了・契約予定・物件未定など)
7.その他
収入合算・ペアローン・共有物件かどうかの有無など

【借り換えの場合】
基本項目は新規借り入れの場合と同じですが、既にローンの返済を行っている為ローン返済の現状について入力する必要があります。
8.ローン返済の現状
残高・金利・残年数・毎月返済額・ボーナス払いなど
滞納の有無、有の場合はその回数
(返済金の詳細は『ローン償還予定表(返済計画表)』を見れば記入できます)

これだけ多くの情報を入力するのは大変とお思いかもしれませんが、逆にいうと大変な入力を1回すれば複数の金融機関の比較をしてくれるのです。

所在地や収入合算情報などはまだ具体的に決まっていないという人もいるでしょう。しかし、土地によって地価に差があるため、出来るだけ具体的に入力しましょう。
収入合算についても、夫婦年収の総額を合算してくるところからメインの返済者の半分まで、といった制約のあるところまで様々です。つまり収入合算をするかどうかは住宅ローンを選択する前に決めなければならない事ですので、夫婦でしっかり話し合って項目を埋めましょう。

もちろん、金融機関によっては借入要件が厳しく事前審査に至らず比較する金融機関の数が減ってしまうこともあります。(金利上昇中なので審査はゆるくなる傾向はありますが)ですがその場合でもその金融機関での借り入れは不可であるということ、借り入れできる金融機関の数が少ないということは分かりますので決して無意味ではありません。せっかく利用するならば前向きに利用しましょう。

これから銀行などで住宅ローンを申請しようとしている人にとって、一括審査は面倒な申請を省いた上で、一番安価な金利のものを調べる事ができる便利なサービスと言えるでしょう。

 

このページでわからない点があれば教えて下さい、住宅ローン牧場のFPが確認後回答致します。






  • 住宅ローン仮審査と本審査の違い。日数はどのぐらい?FPが解説! 住宅ローン仮審査と本審査の違い。日数はどのぐらい?FPが解説!
    更新日:2017/5/15 ネット銀行住宅ローンで金利が一番低いのがどこ?人気の3社を比較! ネット銀行住宅ローンの低金利3社... 255,685 views
  • ネット銀行の住宅ローンランキング、FPが金利で比較! ネット銀行の住宅ローンランキング、FPが金利で比較!
    更新日:2018/11/08 ネットバンクの中でも金利が低いものを集めました 借換え/新規共に複数社の申込みを... 118,639 views
  • ろうきん住宅ローンを申し込むメリット。評判と口コミをFPが分析! ろうきん住宅ローンを申し込むメリット。評判と口コミをFPが分析!
    ろうきん住宅ローンを申し込むメリット。評判もいいです。 みなさんは「労働金庫(以下:ろうきん)」という金融機関をご存知でしょうか... 88,240 views
  • 楽天銀行住宅ローンのメリットデメリット&口コミ~FPが解説! 楽天銀行住宅ローンのメリットデメリット&口コミ~FPが解説!
    ネット銀行住宅ローンで金利が一番低いのがどこ?人気の3社を比較! ネット銀行住宅ローンの低金利3社を比較したページはコチラ ... 69,095 views
  • 住宅ローン控除のシミュレーション、計算方法をFPが解説 住宅ローン控除のシミュレーション、計算方法をFPが解説
    住宅ローン控除のシミュレーション、計算方法について教えます 住宅ローン控除についてあなたはどれだけ知っていますか?マイホーム購入... 63,888 views